あなたは何派?現金主義VSクレカ主義!みんなの意見を総まとめ!

…これ、どちらのほうが良いと思いますか?

「支払いは全部クレカ!現金で払うのは極力避ける」という、クレカ主義。

「クレジットカードは絶対に持たない!全て現金払い」という、現金主義。

…人によって価値観も違うので、”正解のない問題”ですよねー

でもちょっと気になったので、頭の体操ぐらいの軽い感じで考えてみました!

ネットの議論はどうなってる?

軽い感じで考えてみたところ、「どっちでも、好きにすればいいんじゃないかな?」と思いました。

でもそれじゃ軽すぎて、記事にならないので、とりあえず検索してみました。

「現金主義 クレジットカード」で検索、ぽちっとな。

すると…現金主義VSクレカ主義、いろいろな議論があるようです。

やっぱり、みんなちゃんと考えてるんだ…!

現金主義の意見

  • クレカに頼ると、金銭感覚が弱くなってしまいそう
  • ポイントや優待につられて、いらない買い物をしてしまう
  • 「お金を使っている」という実感を得て、使い過ぎを防ぐために、現金払いを優先する

クレカ主義の意見

  • クレカを使ったほうが、ポイントが貯まってお得になる
  • 会計もスムーズになる
  • クレカが無いと利用できないサービスも増えてきている
  • 盗難・紛失保証もあり、財布を失くしたり、盗まれた時にも損失にならない

なるほど…。どっちも頷ける気がします。

ありったけ見てみよう!クレカ派と現金派の意見

こうなったら、徹底的に調べるしかない。

クレカ主義VS現金主義、それぞれの主張や考え方を、ありったけ調べて整理してみました。

「クレジットカードは持たない!全て現金で払う!」意見

現金肯定論

⇒古典派:
現金の方が昔からあるし、慣れてるし、安心感があって信頼できる。

⇒実感派:
現金払いの方が、お金を使った実感があるので、節約しやすい。

⇒大好き派:
単に現金が好きで、現金を貯めたり使ったりしたい。

⇒現状維持派:
現金決済だけでも特に困ってないし、カードを作る必要性を感じない。

クレカ拒否論

⇒誘惑警戒派:
ポイント還元とか誘惑が多いから、つい買い過ぎてしまいまそう。

⇒金銭感覚派:
クレカ払いだと金銭感覚がなくなって、使い過ぎてしまいそう。

⇒面倒派:
申し込むのも面倒だし、ポイントとか優待とか気にするのも面倒だし、とにかくだいたい面倒。

⇒借金じゃないの?派:
クレカ払いって借金みたいなものでしょ?なんか怖い…

⇒購買情報派:
クレカだと、何を買ったか記録が残るし、その情報が何かに利用されてそうで、何となくイヤだ。

⇒宇宙人陰謀説:
クレジットカードは宇宙人と結託した秘密結社が大衆の消費行動をコントロールして世界を裏で支配するための云々…。

「支払いは全部クレカ!現金で払うのは極力避ける」意見

クレカ肯定論

⇒節約派:
クレカ払いだとポイント還元がついて節約になる!

⇒多少はお得だよ派:
ポイント還元をそれほど期待するわけじゃないけど、まったく還元の無い現金よりは良い。

⇒スマート派:
お会計がスマートに済む。レジ混雑時もスイスイいける。

⇒優待重視派:
空港ラウンジ優待、各種保険、デスクサービス…いろんな優待・特典があるよ!

⇒必然派:
クレカ払いしかできないサービスetcがあるから。

⇒利便性向上派:
ネットショッピング等、クレカ払いのほうが便利なサービスがあるから。

⇒万が一の安心派:
現金は失くすと戻ってこないけれど、クレカには紛失・盗難補償がある。

⇒ステータス派:
クレカ払い=信用取引なので、持っていると社会的信用度が高まる。

⇒クレヒス派:
クレカを使うとクレジットヒストリーが蓄積され、ローンを組む時に有利になる。

⇒ヴィジュアル系:
クレジットカードって、見た目カッコイイじゃん?

現金否定論

⇒お得じゃない派:
現金払いだとポイント還元がないので、お得じゃない。

⇒紛失・盗難こわいよ派:
現金は紛失・盗難補償がないので、失くしたり盗まれたりすると戻ってこない。

⇒もっさり派:
レジで小銭とかジャラジャラやるの、時間かかるし、待ってる人に迷惑じゃない?

⇒乗るしかない、このビッグウェーブ派:
現金オンリーはもう古い!今はクレジットカードが当たり前の時代!

 

ふう…
とりあえず、調べて見つけた各論を、ありったけ並べてみました。

「宇宙人陰謀説」とか「ヴィジュアル系」とか、箇所個所「ふざけてるの?」と怒られそうなのが混じってますが、本当にこういう意見もあったので自分でも笑いました。

こうして並べてみると、クレカ肯定論は多彩ですねー

いろいろなメリットがあるのがわかります!

一方、現金は肯定論も否定論も、それほどパンチがあるようには思えません。

良くも悪くも無難な選択…といったところでしょうか。

だからこそ、「誰にでも使える/どこでも使える」というのが、現金の強みなのかもしれません。

クレカでしか利用できないサービスがある

いろいろな意見を見た中で、私がとくに「説得力あるな」と思ったのは、「クレカ肯定論・必然派」と、「クレカ肯定論・利便性向上派」です。

「クレカ払いしかできないサービスetcがあるから」
「ネットショッピング等、クレカ払いのほうが便利なサービスがあるから」

というもの。

確かに、実はクレカ払いオンリーのサービスって、けっこうあるんですよね。

ETCカード

プリペイド方式のETCカード(ETCパーソナルカード)もありますが、数万円のデポジットが必要。

一方、クレジットカードの無料ETCカード追加発行サービスで手に入れれば、お金はかかりません。

ネット回線契約、Wifi、格安SIMなど

一部に口座引き落とし対応のサービスもありますが、実質ほとんどがクレジットカード払いのみです。

IP電話の契約

ほとんどの国内サービスが、クレカ払いのみ対応です。

ほかにも、ネット関連のサービスは、クレカ払いのみ、またはクレカ払い優先のものが多いですね。

ウェブマネー購入やアプリ課金も、クレカのほうが決済がスムーズです。

現金主義者の方も、“クレカしか使えないもの用”に、一枚ぐらい持っておいても良いんじゃないかーと思いますが、そもそもここ見てる人は何派なのか、私…気になります!

実際は、けっこうみんな柔軟に使っている…気がする

さて、ここまで長々とお読み頂きましたレディース&ジェントルメンの皆様には、大変申し訳ないのですが。

実際のところ、「現金決済しか絶対にしない」あるいは「クレカ払いできるものは、絶対に全部クレカで払う」という方は、そんなに多くないのでは…という気がします。

  • 「家賃とケータイ代と水道光熱費だけ、クレカでまとめてる」

  • 「使い過ぎが怖いから、月に5万だけクレカにしてる」

  • 「ネットショッピングとWEB決済専用にしてる」

  • 「○○でお買い物する時だけ、特典付きのクレカを使ってる」

  • 「電子マネーのチャージが面倒だから、電子マネー付きのクレカでオートチャージ」

使い道を決めて、計画的にクレジットカードを使っている人のほうが多い気がします。

クレジットカードを持ったからと言って、何でもクレカ払いにする必要も無いとも思います。

ただ、クレカを一枚も持っていないと、「クレジット決済しかできないもの」が利用できなかったり、不便になってしまう時もあるので、そこが難点ですね。

ちなみにクレコレの中の人は、“クレカ肯定論 多少はお得だよ派”です。