法人クレジットカード比較特集!おすすめの厳選6枚はこれ

経営者から飲食店のオーナー、個人事業主だけ利用できる特典つきの法人クレジットカードをおすすめランキングにしました

複数ある入会キャンペーンも徹底リサーチ!入会キャンペーンが多いところでの申込みがおすすめです。

当サイトは広告費を受け取っていないので、他サイトがひた隠しにするカードのデメリットについてもマジレスしていきます。

選ぶポイント!ここに注目

  • サービスと特典のコスパの良さ
  • ビジネスサービスの充実度
  • 年会費の元が取れるかどうか

法人カードはゴールドランク以上のものが多いですが、海外旅行保険や空港ラウンジ、ビジネスサービス等々、カードの内容はほとんど横並びです。

それならば、重視すべきは「年会費」もしくは、それぞれのカードのユニークな「オリジナルのサービス」部分です!

法人クレジットカード比較特集 おすすめ6選

私自身個人事業主なので、自分が使っているカードもあわせて紹介していきます!

1位:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

ポイントとマイルが同時に貯まる業界最強レベルの1.125%還元
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
20,000円(税抜) 20,000円(税抜) 1.125% 永久不滅ポイント+JALマイル
※年間200万円利用で年会費半額の1万円に割引
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
最短3営業日 ~1,000万円 無期限 無料
最大の入会キャンペーン金額
10,000円相当プレゼント

経費の利用が年間200万円を超える見込みがある場合、最高におすすめしたいコスパ抜群のカードです。

実質の年会費が10,000円(通常は20,000円)でプラチナカードの特典を利用できるので破格ですよ。

  • 利用で貯まるポイントの期限が無期限(ポイント失効なし)
  • 無料のセゾンマイルクラブ加入でJALマイル(1.125%還元)が貯められる
  • アメックスの提携カードなのでステータスもある
  • 海外キャッシングが可能

通常、プラチナカードは一般の方はもてませんが、こちらのカードは数あるカードの中でも超珍しい「申込ができるプラチナカード」です。もちろん、優待の内容もゴールドカード以上!

他のプラチナカード、ゴールドカードに比べても群を抜いて年会費が安いことがわかります。

カード名 年会費
三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナ 50,000円(税別)
JCBプラチナ法人カード 30,000円(税別)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド 31,000円(税別)
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 10,000円(税別)≪通常20,000円(税別)≫

また、注目のポイントとしてはポイントに期限がない「永久不滅ポイント」や、同時にJALマイルがモリモリ貯まる「セゾンマイルクラブ」に無料で登録ができます。

このセゾンAMEXは海外で現地通貨を引き出すことのできる海外キャッシングが可能です。

2位:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド

経費処理から出張・接待まで万能な1枚
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
31,000円(税抜) 31,000円(税抜) 0.33%~1% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
通常2~3週間 ~300万円 3年間 540円(税抜)
最大の入会キャンペーン金額
63,480円相当プレゼント
  • 圧倒的な知名度とステータスなので持っているだけで年会費30,000円以上の価値がある
  • 海外旅行に強いブランドなのでホテルや空港ラウンジ、旅行保険などのサービスが手厚い
  • 海外で現地通貨を引き出すことのできる海外キャッシングができない

アメックス!といえばやはり高級なイメージがありますが、事実ステータスが高いというイメージがもたれているのは間違いありません。

そして他のカードに比べて大きなメリットとして、海外での特典が非常に強いのは出張でも旅行でも使えるので重宝できます。しかし、海外で現地通貨を引き出すことのできる海外キャッシングができないという致命的な欠点があります。

やはり大きな理由としては、ステータス面での強さが目立ちます。

2018年12月15日時点
入会方法 特典の比較
公式経由のキャンペーン 初年度年会費が必要(-32,400円)。
カード利用で30,000円相当ポイント(ANAマイル交換時)
合計2,400円の損
友達紹介経由のキャンペーン 初年度年会費無料(+32,400円)、
カード利用で40,000相当ポイント(ANAマイル交換時)
(計10万円以上のご利用で10,000ポイント、さらに合計200万円以上のご利用で30,000ポイント)
合計72,400円のお得
公式経由のキャンペーン(2) 初年度年会費無料(+33480円)、
200万円利用で30,000ポイントプレゼント
合計63,480円のお得
公式経由のキャンペーン(3) 初年度年会費が無料(+33,480円)。
カード利用で48,000円相当ポイント(ANAマイル交換時)
合計81,480円の得
【停止中】Amazon経由のキャンペーン
コード:AMZN
初年度年会費無料(+33480円)、
Amazonギフト券10,000円、
10,000ポイントプレゼント、
200万円利用で30,000ポイントプレゼント
合計83,480円のお得

年会費が高い理由は派手な広告費をかけすぎだからとか。

広告費をかけないことで、性能は他社と同等のまま年会費を割引したのが1位のセゾンプラチナビジネスです。セゾンプラチナは広告費がしょぼいので他のサイトではあまり紹介されていません。

3位:オリコ エグゼクティブ for biz

オリコ EX Gold for Biz S
個人事業主・法人用のオリコカード。年会費が安いのが特徴
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
2週間程度 ~300万円 2年間 無料
最大の入会キャンペーン金額
6,400円相当プレゼント
  • 圧倒的な年会費の安さ
  • 小規模法人、個人事業主向けのコンパクトなサービス内容

基本的なサービスである海外旅行保険や空港ラウンジサービスを押さえておきながらも年会費が2,000円という激安の法人カードです。

もちろん保険等の補償額は小額ですが、そこまで出張がないフリーランスの方や国内ビジネスをメインでやってる方におすすめできます。

クライアントの前で決済に利用すると、お金がない人なのかなと思われてしまうデメリットがあります。

オリコ EX Gold for Biz Sの入会キャンペーン比較
2019年1月8日の比較
公式サイト経由 通常の公式の4,000円相当のポイント 合計4,000円の得
getmoney getmoneyの24,000ポイント(2,400円相当)
+通常の公式の4,000円相当のポイント
合計6,400円の得
ちょびリッチ ちょびりっちの3,000ポイント(1,500円相当)と
+通常の公式の4,000円相当のポイント
合計5,500円の得
i2iポイント i2iの13,500ポイント(1,350円相当)と
+通常の公式の4,000円相当のポイント
合計5,350円の得

4位:三井住友ビジネスカード for Owners

クラシック ゴールド
年会費 年会費
税抜1,250円+税 税抜10,000円+税
限度額 限度額
10万円~80万円 原則50万円~200万円
ETCカード
500円+消費税(年間1回使えば無料)
  • 三井住友が発行しているので大手の安心感があるカード
  • クラシック、ゴールド、プラチナの3種から自分に合ったものを選べる
  • iDが使える

創業間もない法人代表者や個人事業主でも申し込めるカードです。登記簿謄本、決算書は不要なのも良いですね!

ちなみにクラシック・ゴールドは満20歳以上、プラチナは満30歳以上で申し込みできます。

その他、サービスは平均的なものを保持。貯まったポイントでANAマイルに移行することもできます。

ただしマイル還元率が低く(0.3%還元相当)、交換にはオススメできません。前述のセゾンプラチナビジネスなら1.125%のJALマイルと交換できます。これくらい差があるんです。

一番お得な入会キャンペーンはこちら

三井住友のベーシックな法人クレジットカード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
1,250円(税抜) 1,250円(税抜) 0.5% ワールドプレゼントポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
2~3週間 - 2年間 500円(税抜)
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
最高100万円 - - -
最大の入会キャンペーン金額
32,000円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2019年1月7日時点
入会方法 特典の比較
公式経由のキャンペーン 最大12,000円相当のポイントプレゼント 10,000円のお得
for Owners<クラシック>
A8セルフバック経由
A8の2万円以上のキャッシュバック
+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント
32,000円以上お得
for Owners<クラシック>
i2i経由
i2iの45,000ポイント(4,500円相当)
+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント
16,500円のお得
for Owners<クラシック>
げんだま経由
げんだまの30,000ポイント(3,000円相当)
+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント
15,000円のお得
for Owners<クラシック>
ECナビ経由
ECナビの80,000ポイント(8,000円相当)
+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント
20,000円のお得
for Owners<クラシック>
Getmoney経由
getmoneyの24,000ポイント(2,400円相当)
+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント
14,400円のお得
for Owners<クラシック>
お財布.com経由
お財布.comの8,500ポイント(8,500円相当)
+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント
20,500円のお得
個人事業主向けの三井住友のゴールドカード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 0.5% ワールドプレゼントポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
2~3週間 - 2年間 500円(税抜)
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
最高300万円 (自動付帯)最高1,000万円 (自動付帯)最高300万円 -
最大の入会キャンペーン金額
32,000円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2018年11月7日時点
入会方法 特典の比較
公式経由のキャンペーン 最大12,000円相当のポイントプレゼント 10,000円のお得
for Owners<ゴールド>
A8セルフバック経由
A8の2万円以上のキャッシュバック
+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント
32,000円以上お得
for Owners<ゴールド>
i2i経由
i2iの130,000ポイント(13,000円相当)
+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント
25,000円のお得
for Owners<ゴールド>
げんだま経由
げんだまの126,000ポイント(12,600円相当)
+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント
24,600円のお得

5位:JCB法人カード≪ポイント型≫

JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード
年会費 年会費
1,250円(税別) 10,000円(税別)
限度額 限度額
10万~100万円 50万~250万円
ETCカード
無料
  • 手堅い安定感があるビジネスカード
  • バランスの良い特典と優待
  • 優待店でポイントがお得に貯まる

JCBの法人カードの特長はポイントが貯まるカードと、キャッシュバック型のカード2種があることです。キャッシュバック型は後述

ガソリンスタンドやゴルフ場、レンタカーなど、ビジネスジャンルで使えるお店に優待店が多いので、ポイントがお得に貯まります。

また、貯まったポイントの交換先が豊富で「ディズニーリゾートチケット」などはJCBならではです。.

決済店舗に対する負担が大きいのがデメリット

飲食店などでよくある決済サービスの

  1. コイニー(https://coiney.com/)
  2. 楽天ペイ(https://smartpay.rakuten.co.jp/)

などを見ると分かりますがJCBは決済手数料が高額なことで有名です。

VISA MASTER AMEX JCB
3.24% 3.74%

この決済手数料を知らないまま決済すると、知らず知らずのうちに決済先の店舗に嫌われる原因にもなりかねないのがデメリットです。

店舗はお客様なので何も言わないと思いますが…

一番お得な入会キャンペーンはこちら

JCB一般法人カード

2019年1月21日時点の比較
入会方法 特典の比較
公式経由での入会 初年度年会費無料(+1,250円)、最大7,000円相当プレゼント 合計8,250円お得
ポイントインカムからの入会 初年度年会費無料(+1,250円)、 60,000pt (6,000円分) +通常の公式特典最大7,000円相当プレゼント 合計14,250円お得
げん玉での入会 初年度年会費無料(+1,250円)、40,000pt(4,000円相当)+通常の公式特典最大7,000円相当プレゼント 合計12,250円お得
ハピタスでの入会 初年度年会費無料(+1,250円)、 4,000pt (4,000円分) +通常の公式特典最大7,000円相当プレゼント
合計12,250円お得

JCBゴールド法人カード

2018年11月06日時点の比較
入会方法 特典の比較
公式経由での入会 初年度年会費無料(+10,000円)、最大12,000円相当プレゼント+Amazon Businessで使える4,000円引きクーポンプレゼント 合計26,000円お得
げん玉での入会 初年度年会費無料(+10,000円)、52,500pt(5,250円相当)+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント+Amazon Businessで使える4,000円引きクーポンプレゼント 合計31,250円お得

6位:JCB法人カード≪キャッシュバック型≫

JCBビジネスプラスカード≪キャッシュバック型≫ JCBビジネスプラスゴールド法人カード≪キャッシュバック型≫
年会費 年会費
1,250円(税別) 10,000円(税別)
限度額 限度額
10万~100万円 50万~250万円
ETCカード
無料
  • 手堅い安定感があるビジネスカード
  • バランスの良い特典と優待
  • ポイントはキャッシュバック型で面倒なポイント交換や手続きナシ
  • 小さい文字でお得にならない罠が満載

その名の通り、貯まったポイントを勝手に還元してくれるタイプでいちいちポイントを交換しなくていいのがメリットです。

ただし、毎月必ず5万円以上使う必要があります。それ以下だとキャッシュバックされないので、ポイント蓄積型のカードを検討してください。

ちなみにキャッシュバックの金額は利用料金によって変わってきます。

月60万以上の利用なら2%キャッシュバックでかなりお得なように見えますが、それ以下の方は微妙です。

注意点として、キャッシュバックは旅費・交通費にしか適用されません。その他の通常の利用では0%還元です。また、ポイントは貯まりません。

旅費・交通費の利用が少ない方は還元率が低く利用するメリットがありません。

よほどのことがない限りはポイント型がおすすめですが、結構複雑なポイントシステムになっているので計算が面倒な人は別のカードをおすすめします。

この使いにくい、注釈まみれの法人カードをどうして他のサイトはランキング上位にしているのでしょうか。どうやら広告費が高いかららしいです。当サイトは広告費をもらっていないのでどうでもいいですけど。

一番お得な入会キャンペーンはこちら

JCBビジネスプラスカード≪キャッシュバック型≫

2018年11月06日時点の比較
入会方法 特典の比較
公式経由での入会 初年度年会費無料(+1,250円)、最大12,000円相当プレゼント+Amazon Businessで使える4,000円引きクーポンプレゼント 合計17,250円お得
げん玉での入会 初年度年会費無料(+1,250円)、52,500pt(5,250円相当)+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント+Amazon Businessで使える4,000円引きクーポンプレゼント 合計22,500円お得

JCBビジネスプラスゴールド法人カード≪キャッシュバック型≫

2018年11月06日時点の比較
入会方法 特典の比較
公式経由での入会 初年度年会費無料(+10,000円)、最大12,000円相当プレゼント+Amazon Businessで使える4,000円引きクーポンプレゼント 合計26,000円お得
げん玉での入会 初年度年会費無料(+10,000円)、52,500pt(5,250円相当)+通常の公式特典最大12,000円相当プレゼント+Amazon Businessで使える4,000円引きクーポンプレゼント 合計31,250円お得

他の法人カードの比較特集をみてみる

Pocket