法人クレジットカードの法人審査とは?審査基準や通りやすくなるコツのまとめ

ビジネス向けカードの審査は普通のクレカと異なり厳しい

法人カードの審査には2種類のタイプがあります。

  1. 法人審査:会社を対象とする審査
  2. 個人審査:個人を対象とする審査(普通のクレジットカードと同じ審査)

ビジネスカードの法人審査はかなり通りにくいです。

というのも、実は法人向けクレジットカードというのはまだまだ浸透していないため、カード会社もお金を踏み倒されないか心配なので慎重になります。

なのでそれなりに実績があったり、大きな会社じゃないと審査が通らないのが普通。

カード会社の視点で考えると、起業してから年数の浅い会社ほど信用できないというわけです。

今後ビジネスカードが増えれば審査が通りやすくなるかもしれませんね

法人審査はどんなことを調べられる?

法人審査の場合、カードの入会時に会社の登記簿謄本の提出がもとめられます。※登記簿謄本とは…会社が存在するかどうかの証明書

  • 設立年数
  • 財務状況(収入証明)

その後、事業歴や経営状況を調べられます。

特に事業歴(設立年数)は最も重要視されるので、設立したばかりの法人や起業したばかりの会社だと審査落ちしやすいですね。

信用度は設立3年以上で徐々に上がっていきます!

また、利益が少なく業績の悪い会社も審査が通りにくいです。

この2点をクリアしていない場合、審査が通過することはありません。別の法人審査のカードに申し込みをしても審査に落ち続けます。

法人審査に通りやすくする方法

審査が通りにくい法人クレジットカードですが、少しでも審査に通りやすくするポイントがあります。

  • 会社に固定電話がある
  • 会社のホームページがある
  • 事務所がある

カード会社は審査の際に、固定電話やオフィスの有無を調べたりします。

固定電話回線を引いていると、カード会社に良い印象を与えることができます。携帯電話しかない法人の場合は、不利になる場合があります。

ホームページも同様の理由です。

また、営業実態の調査の際に事務所があるかどうかも判断材料になりますがバーチャルオフィスやレンタルスペースだった場合信用面で不利。

きちんとした住所にオフィスがあるだけで、審査に通りやすくなる信用を得られます。

普通のカードと同じ審査基準の法人カードもあります

個人審査のカードは審査対象が会社ではなくカードをもつ本人になります。なので、個人として支払い滞納をしていなければすぐにカードが発行されます。

審査が通りやすい法人クレジットカードはこちら

法人カード限定サービスの関連記事一覧

Pocket