ANA VISA 一般カード

ANAマイルを効率よく貯められる一般カード!
マイルにこだわるアナタにオススメ!

国際
ブランド

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • American Express Card
  • Diners
  • Union Pay
年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目以降)
2000円+税 (※条件付きで1000円+税)
還元率 最高1.3% 発行期間 最短3営業日
ポイント ワールドプレゼント
  • 年会費無料
  • 初心者に
    オススメ
  • カード
    即日発行
  • ポイント
    高還元率
  • ステータス
    カード
  • マイルが
    貯まる
  • ラウンジ
    利用可能
  • ポイント
    無期限
  • 海外旅行に
    強い
  • 優待特典が
    充実
  • とにかくANAマイルを貯めるのに特化したカード!
  • ANA提携店でポイント+マイルの二重取りも!
  • 年会費+追加マイル移行料の元が取れるかがカギ
【期間限定】新規入会&利用で最大66,500マイル+2,000円相当のポイントプレゼント!

ANAのマイルを貯めるのに特化したカード!

更新

「ANA VISA一般カード」は、ANAマイルを貯められるカードのひとつで、他のカードに比べても、効率よくマイルを貯められるのが特徴です。

誰でも持ちやすい一般カードなのも、嬉しいところですね!

スポンサーリンク

ANAマイルが貯まるスタンダードカード!

ana-card-visa_image01

マイルと聞くと、

・飛行機に乗らないと貯まらない
・飛行機の座席アップグレードぐらいしか使い道がない

と思う方が多いかもしれません。私もそうでした!

ですが実は、

・提携クレジットカードの利用でもマイルが貯められる
・マイルは商品券や高級ギフトなどにも交換できる

お得で使いやすいポイントサービスになっているんですよ!

飛行機とまったく関係ないトコロで貯めて使えるので、利用者にとっては便利ですね。

そういったマイルの貯め方をする人を、巷では陸マイラーと呼ぶらしいです。

ANAマイルが通常の3倍のスピードで貯まります!

マイルが貯まる

通常のクレジットカードは、貯まるポイントは1種類だけ。

ですがこの「ANA VISA一般カード」は、ANAマイルとワールドプレゼントポイント、2種類のポイントが貯まる仕組みになっています。

両方の提携加盟店で利用すれば、ワールドプレゼントポイント+ANAマイルの“2重取り”もできるんですよ!

貯まったマイルは、商品券や各種ギフト券との交換はもちろん、航空券への交換、ANAの座席アップグレードに使えます。

そして、ワールドプレゼントポイントは、ANAマイルに交換することも可能!

1ポイント=最大10ANAマイルと、かなりの高交換レート。

他のクレジットカードでは、1ポイント=3マイル程度のことが多いので、“通常の3倍のスピード”でANAマイルが貯まることになります。

2年目以降の年会費に割引に注目!!!

初年度年会費はWEB申込で無料になりますが、2年目以降は2,000円+税の年会費が必要になります。

ステータスカードではない一般カードで、年会費が必要となると、ちょっとお得感が薄れてしまいそう…。

ですが実は、実質年会費0円みたいなものなんです!

  1. カード継続時にマイルGET
    毎年1,000マイルのボーナスマイルがもらえます。マイルを国内航空券に交換する場合2,000円相当なので、年会費は0円みたいなものです!
  2. 「カードご利用代金WEB明細書サービス」登録
    まずは、「カードご利用代金WEB明細書サービス」への登録。これを行うと、年会費が500円割引になります。利用明細がWEBで確認できるようになるので、使い勝手も良いですよ!
  3. 「マイ・ペイすリボ」登録
    支払い方法をリボルビング払い専用にする「マイ・ペイすリボ」に登録すると、さらに年会費751円まで割引されます。ほかにも、「マイ・ペイすリボ」登録で、毎月1,000円利用につき1ポイントのボーナスも。

航空系カードならでは機能があります
「ANA搭乗ごとのボーナスマイル付与」

搭乗ごとに区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%
通常のマイルに加えて余分に10%増えます!

見落としがちだけど重要な自動付帯保険!

海外旅行傷害保険

マイルの貯まりやすさに注目を奪われがちですが、実はこの「ANA VISA一般カード」、一般カードとしては保険もそこそこ強力です!

海外旅行傷害保険が最高1,000万円、ショッピング保険が最高100万円、国内航空障害保険も自動付帯しています。

自動付帯なので、カードを持っているだけで適用されますよ!

ゴールドカードやプラチナカードに比べると、やや見劣りしてしまいますが、一般カードとしては充実した保証内容。

海外旅行のお供として持っておくのも十分アリです!

マイル移行の追加手数料は支払うべき?

10マイルコースの追加手数料はお得なの?

追加手数料、年6,000円+税を払うプランの場合、ポイント⇒マイルの交換レートは1pt=10マイルと、業界最高レベルの効率に。
一方、これを利用しない場合は、半分の1pt=5マイルです。

例えば、年間60万円の利用で600ポイントがもらえます。
・600ポイントを5マイルコースで移行すると3,000マイル。
10マイルコースで移行すると、6,000マイルになります。

年間60万円利用のポイント、600ポイント以上をマイルに交換する場合は10マイルコースの方がお得になります。※国内航空券1マイル2円で計算した場合。

えっと、年間60万も使わないんだけど…

ANA VISAカードには貯めたポイントを「マイル移行するための方法」が2つあります。

  移行手数料 メリット
①自動移行 年度ごと(4/1~翌年3/31)ごとに6,000円 移行する手間がいらない
②都度移行 ポイントをマイルに移行する年だけ6,000 移行する年だけ手数料が必要

自動移行は毎年6,000円がかかり続けますが、都度移行なら10マイルコースでマイルに交換する年のみ6,000円が必要になります。

毎年マイルを交換する人でなければ、2年ごとにマイルに交換することで、移行手数料を自動移行と比べて半額に節約できます!

ただし、ANA VISAカードのポイントは有効期限が2年間なので、ポイントの有効期限に注意してください。

ANA VISA 一般カードは、こんな人におすすめ!

  • ANAのマイルをガッツリ貯めたい方
  • 年に1度、海外に行く方

「ANA VISA一般カード」がオススメできる方は、かなり絞られてきます。

まず第一に、ANAのマイルをとことん貯めたい方。

このカードはANAマイルに特化しているので、「ANAマイルを貯めたい!」という方には、まさにうってつけです!

そしてもう一つは、年に1度~など、定期的に海外に行かれる方です。

ANAのフライトであれば、貯まったマイルの使い道も広がります。

また、海外旅行保険、航空障害保険が自動付帯するため、これを目当てに加入するメリットも出てきます。

オススメの方が絞られるぶん、当てはまる人は加入して間違いナシのカードですよ!

ANA VISA Suicaカードとの違い

陸も空もこの1枚で

ANA VISA SuicaカードはANA VISAカードに、「電子マネーSuica」機能がプラスされたもの。Suica機能以外に違いはありません。

ANA VISA SuicaカードならSuicaへのオートチャージでポイントが貯まり、さらにマイルを貯めることもできます。

特に理由がない場合、ANA VISA Suicaカードをおすすめします。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

マイルが最も貯まる航空系カードのANA VISAカードにSuica機能とオートチャージ機能がプラス。Suicaのチャージでポイントが貯まってマイルに交換できる唯一のカードです。電車も飛行機もカバーできるから財布もスマートに!

2016年12月2日更新

Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカード

ANA VISA カードはApple Payに対応したクレジットカードです。

そもそもApple Pay(アップルペイ)とは?

ANA VISA カードはApple Pay(アップルペイ)用の登録カードとしては不向き

  • Apple PayのSuicaへのクレジットチャージでポイントが貯まらない

ANA VISA カードではSuicaへのチャージでポイントは貯まりませんが、ANA VISA Suicaカードの場合はApple PayのSuicaへのチャージでポイントが貯まり、マイルを貯めることができてお得です。

一番お得な入会特典の比較

ANA VISA カードは経由するサイトによって入会特典が異なります。一番お得なサイトを利用して申し込むとお得!

公式経由は損です。

ANA VISA カードの入会特典の比較
公式サイト経由でのカード申込み 新規入会&利用で最大66,500マイル
ハピタス経由でのカード申込み 新規入会&利用で最大66,500マイル
+2,000円相当のハピタスのポイント
ビックカメラ経由でのカード申込み 新規入会&利用で最大66,500マイル
+2,000円相当のビックカメラのポイント

「ハピタス」経由の入会キャンペーンなら通常の最大66,500マイルに加えて2,000円相当がもらえる

ハピタス」とは…クレジットカードの入会などで、通常のキャンペーンなどに加えてさらにポイントをもらえるサイトです。

ハピタス経由なら2,000円相当のポイントをもらうことができます。

よく知らない「ハピタス」というサイトに個人情報を晒すのはちょっと…という方には

ビックカメラも同様のサービスを行っています。ビックカメラ経由の場合は2,000円相当のビックカメラで使えるポイントがもらえます。

※バナーには24,000マイルと書かれていますが、66,500マイルの間違いです。飛び先には66,500マイルと書かれています。

ハピタスやビックカメラは、なぜ通常の特典に加えてさらにポイントがもらえるの?

ハピタスやビックカメラは1件あたりのカード発行で得られるアフィリエイト広告報酬をユーザーに還元しているため通常のカード申込より多く特典がもらえます。

ANA VISA 一般カードの審査は通りやすいの?

「ANA VISA 一般カード」は、名前の通り一般カードです。

クレジットカードの中でもっとも持ちやすいランクであり、申込条件に当てはまる方なら、審査は特に心配はないでしょう。

スポンサーリンク

ANA VISA 一般カードの詳細情報

基本情報

カード名 ANA VISA 一般カード
申込資格 満18歳以上の方(学生不可)
発行期間 最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 2,000円+税(条件で割引) ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い
2年目以降 1,000円+税 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 毎月15日 支払日 翌月10日

付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最大1000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 1,000万円 紛失・盗難補償 -

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
所在地 東京都港区海岸1丁目2番20号
設立日 1967年(昭和42年)12月26日

関連カード

  • サンシャイン水族館の割引と楽しみ方を紹介!
  • セゾンアメックスカードの休暇村10%割引を利用してみた
  • Apple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカード比較
  • LINE Payカードは常に2%還元
  • アメリカンエキスプレスと巡る秋の京都旅!旅行時のカードの活用方法を紹介します
  • アメリカンエキスプレスカード会員限定イベント「さかいゆう」プレミアムライブに参加してきました!

フォローして共有する

  • facebook
  • hatena
  • RSS

マンガでわかるクレジットカード

タイプ別のカードの選び方

利用者別のカードの選び方

利用者別のカードの選び方

  • VISA世界最大のシェアを誇り、発行枚数第1位の国際ブランド
  • マスターカード発行枚数第2位の国際ブランドで、VISAよりもヨーロッパ方面に強い
  • JCB国内の加盟店数において最大シェアを誇る、日本唯一の国際ブランド
  • アメリカン・エキスプレス日本で初めてゴールドカードを発行し、顧客満足の高いサービスを提供する国際ブランド

記事ランキング

TOP