JCB CARD Biz プラチナで最大30,000円もらえる入会キャンペーンとメリット解説

JCB CARD Biz プラチナ
新登場したJCBの法人向けプラチナカード
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
33,000円(税込) 33,000円(税込) 0.1% Oki Dokiポイントプログラム
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
通常2~3週間ほど/最短1週間程度 - 5年間 無料
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
500万円 (自動付帯)1億円 (自動付帯)1,000万円 (自動付帯)200万円
最大の入会キャンペーン金額
30,000円相当プレゼント

2020年2月17日(月)、JCBブランドから新たな法人向けのクレジットカードが登場!

カードの名前は「JCB CARD Biz」。一般・ゴールド・プラチナの3種類のランクがありますが、ここではその中でもプラチナカードを取り上げて紹介します。

「JCB CARD Biz」は、法人代表者や個人事業主を対象に開発されたクレジットカードで、今までのJCB法人カードの特典に加え新しいサービスも備えています。

2022年1月の最新の入会キャンペーン

最大30,000円分のギフトカードがもらえるキャンペーンを実施しています。

2022年1月2日時点
公式経由
  1. 新規入会で10,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!
  2. 入会翌月末までに10万円(税込)以上利用すると、20,000円分のAmazonギフト券プレゼント!
30,000円相当

メリット

コンシェルジュサービス

自分専用の秘書のようなお問い合わせ窓口

自分専用の秘書がいると言っても過言ではないです。カード会員からの依頼をできる限り聞いてくれます。

  • レストランの予約
  • 飛行機やホテルの予約
  • プレゼントの手配
  • 旅行のプラン制作
  • ミュージカルやオペラの鑑賞チケット予約

法人口座を設定できる

引き落とし先に法人用銀行口座を設定できる

引き落としの銀行口座を「個人名義口座」または「法人名義口座」から選ぶことができます。

登記簿謄本・決算書不要で申込できる

登記簿謄本は不要なので通常のカードと同じ申込方法です

JCB CARD Bizの入会資格は「法人代表者・個人事業主」となっています。

そのため登記簿謄本などの書類が不要なので、手続きの手間も楽になり、審査自体も既存のJCB法人カードより通りやすいものと予想されます。

登記簿謄本とは

会社の重要事項が記載された書類のことで、別名「履歴事項全部事項証明書」とも呼ばれます。

こんなことが書かれています
  • 会社の名前
  • 本店所在地
  • 会社の設立年月日
  • 会社の業務内容
  • 資本金
  • 取締役、監査役などの役員の名前一覧

もともと、法人名義の銀行口座を解説する時や、銀行からの借り入れを行う際に必要な書類ですが、法人クレジットカードを申し込みする際にも必要になります。

手数料(1通600円)がかかりますが、管轄の法務局で申請して取得することができます。

オンラインでも取得できますが、時間がかかるので法務局に取りに行くのが一番手っ取り早いです。

登記簿謄本が不要な法人クレジットカード

法人クレジットカードには、審査対象が個人の「個人名義の法人クレジットカード」と審査対象が法人の「法人名義のクレジットカード」の2種類が存在します。

  法人カード(個人名義) 法人カード(法人名義)
審査 一般カードとほぼ同じ審査、通りやすい。 会社の登記簿謄本、設立年数などがチェック。極めて審査が通りにくい。
ポイントの所有権 個人名義 法人名義
利用限度額 50万円~1,000万円 50万円~1億円

JCB CARD Bizは前者の「個人名義の法人クレジットカード」なので、提出するのは申し込み者本人の本人確認書類。登記簿謄本は不要です。

逆に法人名義のクレジットカードであれば登記簿謄本を提出する必要がある、というわけですね。

ショッピング保険

カードで買った商品の破損・盗難を補償してくれる保険

カードで購入した商品の破損・盗難に対する保険で、通常現金では受けられないような補償を受けることができます。

JCB CARD Biz プラチナの場合は海外・国内問わず最大500万円まで補償してくれます。

ETCカード無料

ETCカードを無料で発行できる

ETCカードを1枚まで発行できます。有料道路の料金の請求はクレジットカード経由での支払いになります。もちろん、通常の買い物同様にクレジットカードのポイントが貯まります。

さらに、ETCカードを利用すると、曜日・時間帯・利用区間次第で通行料の割引を受けることができます。

  • 休日割引……土日祝に高速利用料金が30%OFF
  • 深夜割引……0時~4時の夜間に高速利用料金が30%OFF
  • 平日朝夕割引……平日朝6時~9時、夕方17時~20時の間での利用回数に応じて最大50%OFF(区間限定)

弥生会計オンライン初年度無料

弥生会計オンラインの「ベーシックプラン」または「セルフプラン」が最初の1年間無料!

ベーシックプラン 33,000円(税込) セルフプラン 28,600円(税込)

開業・企業したての方や経費処理や経理に時間をかけたくない方におすすめ。

また、弥生会計オンラインはMacでも使えるソフトなのでMacのパソコンを使っている方にもおすすめです!

クラウド会計ソフトfreeeの初年度年会費割引

弥生会計オンラインと同じく会計ソフトとして有名なクラウド会計ソフトfreeeでも年会費優待があります。

「法人ベーシックプラン」「個人スタンダードプラン」の初年度年会費が15%OFFになります。

法人ベーシックプラン 52,536円(税込)
44,655円(税込)
個人スタンダードプラン 21,780円(税込)
18,513円(税込)

弥生会計よりも割引額は少ないですが、初心者でも使いやすい会計ソフトとして評判です。

支払い方法が多い

多くの法人クレジットカードではリボ払いや分割払いに対応していませんが、JCB CARD Bizではリボ払い・分割払いも可能。

さらに、Apple PayやGoogle Payに設定できるため、スマホ決済も可能。使用方法や利用状況に合わせて柔軟に使い分けることができます。

発行日数が短い

通常発行までの日数は2週間~3週間とされていますが、個人名義の口座をオンラインで設定すれば最短1週間程度でカード発行できます。

旅行特典が豊富

プライオリティ・パス(プレステージ会員)無料

海外の空港ラウンジを無料で利用できる会員カード

通常、プライオリティ・パスへの登録は有料です。

プラン スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
年会費 99ドル
(約11,000円)
299ドル
(約33,000円)
429ドル
(約47,500円)
ラウンジ1回の利用料金 32ドル
(約 3,600円)
32ドル
(約 3,600円)
無料
備考   ※10回の利用まで無料  

スタンダード会員、スタンダードプラス会員の場合は年会費を払っても1回ごとに利用料金がかかります。プレステージは年会費のみで常時空港ラウンジが利用可能です。

このプライオリティ・パス(プレステージ会員)を、特定のクレジットカード持っていれば無料で作ることができます。

国内空港ラウンジ無料

有料の待合室を無料で利用可能!Wifiと電源完備、ドリンク飲み放題

国内空港ラウンジとは

空港ラウンジは簡単に言うと「有料の特別な待合室」です。飛行機の出発を待つ間に利用できます。

国内空港ラウンジでできること

できること一覧
  • フリードリンク(お茶・コーヒー・ソフトドリンク)
  • お菓子
  • 電源
  • インターネット(Wifi)
  • 雑誌・新聞
  • シャワールーム(有料)
  • 大きめのソファー
  • ビジネスエリア

ドリンクバーみたいな感じです。スープもあるラウンジもあります。最近では缶ビールを選べたりもします。

大きめのソファがたくさんあったり、いる人は少ないです。電源とwifiが使用可能。パソコンを持ち込めば仕事もできます。

海外旅行保険付帯

海外旅行中の病気やケガを補償する保険サービス

最高1億円まで補償!

海外、国内ともに最高1億円の旅行傷害保険が付帯しています。旅行先で“万が一”が起きてしまった場合も、この一枚があれば安心です。

死亡後遺障害1億円(自動付帯:1億円)
傷害治療1,000万円(自動付帯:1,000万円)
疾病治療1,000万円(自動付帯:1,000万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任1億円(自動付帯:1億円)
救援者費用1,000万円(自動付帯:1,000万円)
航空機遅延保険10万円(自動付帯:10万円)

ポイント

JCB CARD Biz プラチナカードの利用で貯まるポイントはOki Dokiポイント。

カード利用額1,000円(税込)ごとに1ポイント貯まり、さまざまなアイテムと交換できるというごくごく一般的なポイントプログラムです。

毎月の利用分が全て合算した金額にポイントが付与されるのでポイントの切り捨てが少なく済むのがいいですね!

JCBスターメンバーズで獲得ポイントが増える

年間でJCBカードを一定金額以上利用した人に提供する特別なメンバーシップサービス!登録不要なので、勝手にランクアップします。

持っているカードにや使った金額によってポイントのアップ率が変わってきますが、JCB CARD Biz プラチナカードはJCBオリジナルシリーズのカードなので特典はこんな感じ。

利用金額

メンバーランク ポイント還元率
300万円以上 ロイヤルα PLUS 70%UP
100万円以上 スターα PLUS 60%UP
50万円以上 スターβ PLUS 30%UP
30万円以上 スターe PLUS 20%UP

要はたくさん使った人には特別な優遇するよ、という特典です。

基本の還元率は1,000円で1ポイントで、そこからさらに20~70%UPしていきます。

年間利用なら100万円以上はゆうに超えますね!ポイントアップの恩恵はなかなか強いかと思いきや……。

年間の利用金額が30万円以上で「スターePLUSステージ」になった場合、20%獲得ポイントがアップするので

  • 1,000円(税込)利用で1.2ポイントゲット
わりと誤差です…

70%UPなら1,000円利用でもらえるポイントは1.7ポイントになるのでちょっと貯まりやすくなります。

が、年間利用額300万円はちょっとハードル高め。

ネットショッピングや街の店舗での利用で還元率1%以上

OkiDokiランド経由でのネット利用でポイントが最大20倍アップ!

対象の店舗:Amazon、Rakuten、Yahoo!ショッピング、ビックカメラ.com、Joshin、一休.comなど

JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でも通常よりポイントアップ!

対象店舗:セブンイレブン、モービル(ガソリンスタンド)、スターバックスなど

上記はほんの一部!いろんなお店で利用や登録でたくさんのポイントがもらえます。

マイルに交換できる

Oki Dokiポイントはいろいろな用途がありますが、法人カードの場合マイルを始めとした提携ポイントとの交換できないという制約がありました。

ですがJCB CARD Bizであればマイルへ移行が可能になります!

  • 既存のJCB法人カードよりもポイントの使い道が幅広い

国民年金の支払いでポイントが貯まる

国民年金もクレジットカードで支払うとポイントが貯まる

国民年金の支払いをクレジットカードで支払うとポイントが貯まります。つまり、クレジットカードのポイント分、お金が戻ってくるということです!

デメリット

追加カードは発行できない

現時点で発表されている情報の中で、社員用の社員カードを発行することはできないことが判明しています。

ポイントの有効期限は延長できない

OkiDokiポイントの有効期限はカードのランクによって異なり、プラチナカードの場合は5年間です。

ですが有効期限は延長できないので注意。

ブランドは1つだけ

国際ブランドはJCBのみ。国内では広く普及しているので日本で使う分にはまず困ることはありません。

ですが海外での利用も念頭においているのであれば、VISAやマスターカードで発行できるクレジットカードの方が利便性が高いです。

店舗に対する決済手数料が高額

飲食店などでよくある決済サービスの

  1. Square
  2. JCB

などを見ると分かりますがJCBは決済手数料が高額なことで有名です。

VISA MASTER AMEX JCB
3.25% 3.75%~

JCBの高額な決済手数料を知らないまま決済すると、知らず知らずのうちに決済先の店舗に嫌われる原因にもなりかねないのがデメリットです。

店舗はお客様なので何も言わないと思いますが…

まとめ

既存のJCB法人カードと比較すると、今のところ基本的なスぺックに大きな違いは見られないので、やはり対象が法人代表者・個人事業主となり、登記簿謄本などの書類が不要になった部分が目立ちます。

申し込みの手間は軽減されますが、プラチナランクのカードなので過去に金融事故などあると発行は難しそうですね。

JCB CARD Biz プラチナ
新登場したJCBの法人向けプラチナカード
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
33,000円(税込) 33,000円(税込) 0.1% Oki Dokiポイントプログラム
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
通常2~3週間ほど/最短1週間程度 - 5年間 無料
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
500万円 (自動付帯)1億円 (自動付帯)1,000万円 (自動付帯)200万円
最大の入会キャンペーン金額
30,000円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2022年1月2日時点
公式経由
  1. 新規入会で10,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!
  2. 入会翌月末までに10万円(税込)以上利用すると、20,000円分のAmazonギフト券プレゼント!
30,000円相当
カードの特徴
  • 安心の国際ブランド
  • 登記簿謄本不要で申し込みできる
  • ステータスがある

他の法人カードの比較特集をみてみる