楽天プレミアムカードの入会キャンペーン比較とメリットの解説

楽天プレミアムカード
楽天市場でポイントが5倍!ラウンジ&保険サービスも充実
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 1%~5% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
通常1週間 ~300万円 1年間 無料
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
300万円 (自動付帯)4,000万円 (自動付帯)300万円
最大の入会キャンペーン金額
20,400円相当プレゼント

申込するならどこがお得?入会キャンペーン比較

公式サイト経由は損!キャッシュバックサイト経由なら現金や商品券と交換できるポイントがもらえます!

2019年1月最新のキャンペーン

2019年1月21日時点の比較
入会方法 特典の比較
公式サイト経由での申込み 最大14,000円分のポイントプレゼント 合計14,000円
もらえるモール経由での申込み 最大14,000円分のポイントプレゼント+6,400円相当のポイントプレゼント 合計20,400円
懸賞にゃんダフル経由での申込み 最大14,000円分のポイントプレゼント+3,024円相当の検証にゃんだふるの30,240ポイントプレゼント 合計17,024円

ポイントサイトの還元はユーザーにとってはお得なことに間違いないのでどんどん利用していきましょう!

このサイト経由で、なぜポイントがたくさんもらえるの?

楽天カードから出ているインターネットの広告費用から広告代理店とポイントサイト自身の利益を抜いた残りをユーザーにキャッシュバックすることで成り立っています。

メリット

【1】楽天市場等の利用でかなりお得!

  • 楽天市場の利用で1%分のポイント+楽天プレミアムカードでの決済で4倍=最大5倍

楽天といえば「楽天市場」や「楽天トラベル」をはじめとする、もはや日本人の生活の一部と言っても過言ではないサービスの数々であります。

楽天市場や楽天トラベルなどのサービスでポイントがどんどん貯まるのが一番大きなメリットですね!

ただし月間で獲得できる上限は15,000ポイント(75万円分の利用)まで!これは、メリットでもありますがたくさんの金額を利用する方に取ってはデメリットともいえます。

週末やキャンペーン期間はさらに高還元率になることも。

楽天カードオーナーでなければ利用できない、特別なキャンペーンもあります!

【2】プライオリティパスが無料

楽天プレミアムカードの最大のメリットとも言われている「プライオリティパス」の無料付帯。

通常、年会費がUS$429(5万弱)ほどかかるものを無料で手に入れることができます。これだけで楽天プレミアムカードの年会費の元が取れます。

プライオリティパスは空港ラウンジでドヤ顔できるカードです。

ビジネスクラスやファーストクラスの飛行機に乗らないと利用できないVIP用ラウンジが無料で使えます。

【3】常に還元率1%のポイントがつく

「楽天カード」という名前なので、楽天でしかポイントが貯まらないイメージがありますが、クレジット利用100円につき、1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

身近なコンビニも公共料金の支払いも、どこで利用してもポイント付与!

1ヶ月の出費例
用途 使う金額 貯まるポイント
街でのお買い物25,000円 250ポイント
携帯電話10,000円 100ポイント
お食事15,000円 150ポイント
公共料金20,000円 200ポイント
楽天市場でお買い物15,000円(ポイント5倍)
750ポイント
1ヶ月合計 1,450ポイント

【4】もちろん保険も充実!

海外旅行傷害保険最高5,000万円、国内旅行傷害保険最高5,000万円、ショッピング保険なども充実!

海外旅行保険 死亡後遺障害 5,000万円(自動付帯:4,000万円)
傷害治療 300万円(自動付帯:300万円)
疾病治療 300万円(自動付帯:300万円)
携行品損害 50万円(自動付帯:20万円)
賠償責任 3,000万円(自動付帯:3,000万円)
救援者費用 200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険 死亡後遺障害 5,000万円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険 海外 300万円
国内 300万円

しかも自動付帯なので、カードを持っているだけで適用されます。

ビジネスでもプライベートでも役に立つ大きなメリットです。

楽天ビジネスカードを追加発行できる

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードを持っている方しか発行できません。個人事業主の方は経費用カードとして検討してみてはいかがでしょうか。

デメリット・注意点

【1】プレミアムカードなのに還元率が良くない

楽天カードはプレミアムにしても1%還元なので同じ年会費の似たカードに比べると少し還元率が低め。

最大2%還元のLINE Payカードの方が年会費も0円なのでお得です。メリットとデメリットを一度照らし合わせて、自分に合うかどうかを検討しましょう。

また、楽天カードの特徴として入会キャンペーンでたくさんポイントがもらえるように見えますが、それに釣られてしまうと最終的には損をするかもしれません。

しかも、キャンペーン等で付与されるポイントは全部期間限定ポイント。利用期間が2週間以内など短いためポイントを使うため不要な買い物をしてしまう原因になりがち

ただし楽天市場などの楽天関連での利用ではポイント5倍になるので、限定的に使えば結構お得。ただそれも年会費10,000円に見合うかどうかはユーザー次第な部分があります。

【2】地味に面倒な部分が多い

問い合わせにお金がかかる

問い合わせの電話をすると20秒毎に10円かかるので、トラブル時の問い合わせでは電話代が高額になりがちという地味なメリットがあります。※保留で待っている間も電話代がかかります。

大事なメールが埋もれる

楽天で買物すると広告メールの配信設定が初期状態でONになっているため店舗の宣伝メールがたくさん届くようになる。

メールが楽天関係の広告メールで埋め尽くされるのが地味にうっとおしいです。

まとめ

楽天関連のサービスをよく使う方にとってはメリットの非常に多いカードになりますが、そうでない方にとってはいまひとつな印象です。

追加カードでビジネスカードを別口座に分けることができるのはメリットですが、年会費を合計するとそこそこかかってしまうのも痛いです。

しっかりとポイント状況を把握できて細かく運用できる方に向いたカードです!

年会費無料の楽天カードでも、そこそこお得なので、あえてプレミアムカードを作るメリットは少ないのかもしません…

楽天での利用がお得!多機能万能型カード
国際ブランド
最大の入会キャンペーン金額
20,000円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2019年2月18日時点
公式経由、
クレカ比較サイト経由での入会
公式の8,000円相当のポイント 合計8,000円のお得
げんだま経由での入会 公式の8,000円相当のポイント
げんだまの9万ポイント(9,000円相当)
合計17,000円のお得
ちょびりっち経由での入会 公式の8,000円相当のポイント
ちょびりっちの18,000ポイント(9,000円相当)
合17,000円のお得
モッピー経由での入会 公式の8,000円相当のポイント
モッピーの12,000ポイント(12,000円相当)
合計20,000円のお得
ハピタス経由での入会 公式の8,000円相当のポイント
はぴたすの7,500円相当のポイント
合計15,500円のお得
A8セルフバック経由 公式の8,000円相当のポイント
A8の11,000円のキャッシュバック
合計19,000円のお得
楽天プレミアムカード
楽天市場でポイントが5倍!ラウンジ&保険サービスも充実
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 1%~5% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
通常1週間 ~300万円 1年間 無料
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
300万円 (自動付帯)4,000万円 (自動付帯)300万円
最大の入会キャンペーン金額
20,400円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2019年1月21日時点の比較
入会方法 特典の比較
公式サイト経由での申込み 最大14,000円分のポイントプレゼント 合計14,000円
もらえるモール経由での申込み 最大14,000円分のポイントプレゼント+6,400円相当のポイントプレゼント 合計20,400円
懸賞にゃんダフル経由での申込み 最大14,000円分のポイントプレゼント+3,024円相当の検証にゃんだふるの30,240ポイントプレゼント 合計17,024円
カードの特徴
  • 楽天市場でポイント最大5倍
  • 国内空港ラウンジが無料
  • 海外空港ラウンジが無料
Pocket