ライフカードの1番お得な入会キャンペーン比較とメリット解説

ライフカード(Life Card)
誕生日月に3倍になるカード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% LIFE サンクスポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
最短3営業日 ~200万円 2年間 無料
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
最大の入会キャンペーン金額
12,000円相当プレゼント

1番お得な入会キャンペーンの比較

ライフカードには複数の入会キャンペーンがあります。4月は若干特典が下がり気味です。特典が増えるまで待つのもおすすめです。

2019年8月のキャンペーン

2019年8月2日時点
公式経由
  1. 入会で公式の2,000円相当のポイント
  2. 期間中5万円利用の場合、5,000円相当のポイント
    期間中10万円利用の場合、10,000円相当のポイント
12,000円相当
.money経由

.moneyの4,200ポイント(4,200円相当)

4,200円相当
ちょびりっち経由

ちょびりっちの4,800ポイント(2,400円相当)

2,400円相当
モッピー経由

モッピーの2,000ポイント(2,000円相当)

2,000円相当
Amazon経由

最大10,000円相当のAmazonギフト券プレゼント

10,000円相当

入会特典狙いなら、利用だけで特典がもらえる別のカードもおすすめです

カード 名称・ランク 還元率 入会キャンペーン(最高額)
有効期限
1%
18,000相当
12ヵ月
0.5%
10,000相当
25ヵ月
1%
29,100相当
25ヵ月
0.5%
8,000相当
期限なし

過去最大のキャンペーン(2018年4月)

ライフカードは1ヵ月ごとにキャンペーンの金額を増やしたり減らしたりを繰り返しています。

少ない時は5,000円、多い時は20,000円プレゼントと差が激しいので、多い時の入会がオススメです。

入会方法 特典の比較
公式経由のキャンペーン 公式キャンペーン15,000円相当 15,000円のお得
ちょびりっち経由のキャンペーン ちょびりっちの24,000ポイント(12,000円相当)
+公式キャンペーン15,000円相当
27,000円のお得
ハピタス経由のキャンペーン ハピタスの12,000ポイント(12,000円相当)
+公式キャンペーン15,000円相当
27,000円のお得

入会特典狙いなら、ほかのカードもおすすめです

カード 名称・ランク 入会キャンペーン(最高額)
8,000相当
18,000相当
10,000相当
29,100相当

エムアイカードなら最大2万円の入会特典に加えて、さらに10%分ポイント還元のキャンペーンもあります

これからも定期的に同様のキャンペーンを実施するようですよ!

2017年7月よりポイント制度が変更、還元率が悪化

誕生月ポイント5倍→ポイント3倍(1.5%還元)に悪化

ライフカードは誕生日月に利用すると破格の2.5%還元となる他のカードにない特典のあるクレジットカードでした。

それが誕生日月でも1.5%還元率にしかならない、わりと普通のクレジットカードに変更されてしまいました。

入会初年度はポイント1.5倍(0.75%還元)

カードを入会した初年度はポイントが1.5倍(0.75%還元)です。

次年度以降、ポイント1.5倍(0.75%還元)を維持するには年間50万円の利用が必要です。

年間利用金額でポイントアップするステージが新設

ライフカードは年間利用金額に次第で、次年度のポイントの還元率がアップします。

一方で今までの1%還元となるプレミアムステージが200万円の利用以上と悪化しています。

旧制度 前年の年間利用額 レギュラーステージ スペシャルステージ プレミアムステージ
0~50万円 50万円以上   150万円以上
還元率 0.5%還元 1.5倍/0.75%還元 2倍/1%還元
新制度 前年の年間利用額 レギュラーステージ スペシャルステージ 新ステージ プレミアムステージ
0~50万円 50万円以上 100万円以上 200万円以上
還元率 0.5%還元 1.5倍/0.75%還元 1.8倍/0.9%還元 2倍/1%還元

ポイント交換先で還元率が低下

特にANAマイルGpointへの交換で還元率が悪くなります。ANAマイルに交換していた方にとっては厳しい状態です。

交換先 単位 移行先 通常還元率 誕生月の還元率
ANAマイル 300pt 900マイル 0.3% 0.9%
Gポイント 300pt 1,500gpoint 0.5% 1.5%

交換先 単位 移行先 通常還元率 誕生月の還元率
ANAマイル 300pt 750マイル 0.25% 0.75%
Gポイント 300pt 1,200gpoint 0.4% 1.2%

電子マネーのチャージがポイント付与対象外に変更

  1. ETCカード=ポイント付与対象外化
  2. Edy=ポイント付与対象外化
  3. nanacoチャージ=ポイント付与対象外化
  4. ライフカード販売のJCBギフトカード=ポイント付与対象外化

誕生日の月でも1.5%還元率になってしまったライフカードどうする?

2%還元のポイントが貯まるLINE Payカードという事前チャージ型のクレジットカードに切り替えがおすすめ。なお、LINE Payカードなら電子マネーのモバイルSuicaへのチャージでも2%のポイントが貯まります。

ただしLINE Payカードのデメリットとして、クレカと同じ決済方法ができるプリペイドカードなので

  1. 都度コンビニなどでチャージする必要がある。※最近、セブンイレブンのATMにカードを差しこむだけで簡単に入金できるようになりました。30秒でチャージできますオススメ。
  2. LINEアプリを使っている必要がある。
  3. 公共料金の引き落としなどに利用できません。

メリット

年会費無料

年会費無料なので無駄にならない!

最近のクレジットカードは、初年度は無料でも2年目以降は有料だったり、基本有料・条件付き(利用額など)で無料というカードが多くなってきています。

ライフカードなら本会員カードも家族カードも、ETCカードも、無条件でずっと年会費無料です。

Apple Payにも対応

デメリット

ポイント有効期限が5年が目立つように記載されていますが。小さく繰り越し申請をする必要と書かれています。

実はライフカードは最大5年まで有効期限を延ばせるだけで、実際には毎年ポイントの有効期限を延ばすポイントの繰り越し申請をする必要があります。

もしも、ポイントの繰り越し申請を忘れてしまうとポイントは消滅して0%還元になります。

案外、この繰り越し申請を忘れてしまう方が多いんですね。要注意です。

ライフカードは年間利用金額が少ないと0.5%還元になってしまいます。そもそも最初から1%還元のカードを利用するのも一つの方法です。

審査は通りやすいの?

ライフカードは、学生や主婦の方でも持つことができ、クレジットカードの初心者の方にも作りやすいカードです。

ライフカード(Life Card)
誕生日月に3倍になるカード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% LIFE サンクスポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
最短3営業日 ~200万円 2年間 無料
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
最大の入会キャンペーン金額
12,000円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2019年8月2日時点
公式経由
  1. 入会で公式の2,000円相当のポイント
  2. 期間中5万円利用の場合、5,000円相当のポイント
    期間中10万円利用の場合、10,000円相当のポイント
12,000円相当
.money経由

.moneyの4,200ポイント(4,200円相当)

4,200円相当
ちょびりっち経由

ちょびりっちの4,800ポイント(2,400円相当)

2,400円相当
モッピー経由

モッピーの2,000ポイント(2,000円相当)

2,000円相当
Amazon経由

最大10,000円相当のAmazonギフト券プレゼント

10,000円相当
カードの特徴
  • 誕生月はポイント3倍
  • 年間200万円利用でポイント還元率が2倍(1%還元)
  • 年会費が永久無料
Pocket