楽天カードの16000円もらえる入会キャンペーン徹底比較!おすすめの申込み方法教えます

楽天カード
楽天での利用がお得!多機能万能型カード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1%~3% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
約1週間 ~100万円 1年間 500円(税抜)
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
(利用付帯)2,000万円 (利用付帯)200万円
最大の入会キャンペーン金額
16,000円相当プレゼント

楽天カードは楽天市場をよく使う方におすすめのクレジットカード。楽天市場での利用で3%還元にできます。

デメリットはポイントのことを考えすぎたり、たくさんの通販メールに重要なメールが埋もれること、期間限定ポイントを使うように仕向けられるため無駄な買い物をしてしまうようになることくらいでしょうか。

申込するならどの入会キャンペーンがお得?

楽天カードには複数の入会キャンペーンがあります。一番特典が多いサイトから申し込むのがお得です。

これらのサイトがなぜ入会特典が多いかというと、クレジットカードの紹介サイト業界では広告費を全額受け取るか、広告費をユーザーに一部還元するか入会特典が異なるという世界になっていますよ。

2019年6月19日現在の入会キャンペーン比較

今の入会特典は少し多い状態。いまの入会はおすすめです。

2019年6月19日時点
公式経由、
クレカ比較サイト経由での入会
公式の7,000円相当のポイント 合計7,000円のお得
LINEアプリ内のLINEポイント経由での入会 公式の7,000円相当のポイント
+LINEポイント4,000pt(4,000円相当)
合計11,000円のお得
A8のポイントサイトcolleee経由での入会 公式の7,000円相当のポイント
+colleeeの90,000ポイント(9,000円相当)
合計16,000円のお得
ポイントタウン経由での入会 公式の7,000円相当のポイント
+ポイントタウンの140,000ポイント(7,000円相当)
合計14,000円のお得
ハピタス経由での入会 公式の7,000円相当のポイント
+はぴたすの7,500円相当のポイント
合計14,500円のお得

経由サイトの特典が下がっている場合

楽天カードは1週間~2週間ごとにキャンペーンの金額を増やしたり減らしたりを繰り返しています。

少ない時は5,000円、多い時は20,000円プレゼントと差が激しいので、特典が多い時の入会がオススメです。

ほかにもたくさん入会特典がもらえるカードもあるので、こちらも要チェックです。

最近、入会特典が増額されているカード

順位 カード 名称・ランク 還元率 入会キャンペーン(最高額)
有効期限
1位
1%
10,000相当
12ヵ月
年会費1年目無料 2年目無料
2位
1%
27,000相当
25ヵ月
年会費1年目10,000円(税抜) 2年目10,000円(税抜)
3位
1.125%
10,000相当
期限なし
年会費1年目20,000円(税抜) 2年目20,000円(税抜) ※年間200万円利用で年会費半額の1万円に割引

入会キャンペーンで8,000ポイントがもらえるのはいつ?

公式サイトの入会特典で8,000円分もらえるのは3ヵ月ごと

その法則は楽天の決算期に連動しています。決算期は12月31日。四半期ごとにカード会員の獲得数を調整しているので、2月~3月・5月~6月・8月~9月・11月~12月にポイント付与数がアップする傾向があります。

過去のキャンペーン

ちなみに楽天カードの解約方法は自動応答のロボット電話です。オペレーターと会話する必要もなく一瞬です。なので気楽に申込みして楽天カードを試してみましょう。

還元サイトの特大キャンペーン実施内容と時期
実施日 入会特典 ポイントサイトの特典(最大) お得になる金額合計
2019年6月19日頃 7,000円 9,000円相当のポイント 合計16,000円
2019年6月17日頃 5,000円 9,000円相当のポイント 合計14,000円
2019年6月14日頃 5,000円 8,200円相当のポイント 合計13,200円
2019年6月2日頃 5,000円 8,000円相当のポイント 合計13,000円
2019年5月24日頃 8,000円 10,000円相当のポイント 合計18,000円
2019年5月1日頃 5,000円 7,000円相当のポイント 合計12,000円
2019年4月17日頃 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円
2019年4月1日頃 5,000円 7,000円相当のポイント 合計12,000円
2019年3月1日頃 5,000円 8,000円相当のポイント 合計13,000円
2019年2月18日頃 8,000円 12,000円相当のポイント 合計20,000円
2019年2月3日頃 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円
2019年1月21日頃 5,000円 8,000円相当のポイント 合計13,000円
2019年1月11日頃 5,000円 9,000円相当のポイント 合計14,000円
2019年1月10日頃 5,000円 3,240円相当のポイント 合計8,240円
2018年12月21日頃 5,000円 10,000円相当のポイント 合計15,000円
2018年11月9日頃 5,000円 10,000円相当のポイント 合計15,000円
2018年11月13日頃 8,000円 12,000円相当のポイント 合計20,000円
2018年10月3日頃 5,000円 10,000円相当のポイント 合計15,000円
2018年10月26日頃 7,000円 13,000円相当のポイント 合計20,000円
2018年10月10日頃 5,000円 9,100円相当のポイント 合計14,100円
2018年9月17日頃 5,000円 9,000円相当のポイント 合計14,000円
2018年8月24日頃 8,000円 13,000円相当のポイント 合計21,000円
2018年7月29日頃 5,000円 10,000円相当のポイント 合計15,000円
2018年7月23日頃 5,000円 1,150円相当のポイント 合計6,150円
2018年7月22日頃 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円
2018年5月16日頃 8,000円 13,000円相当のポイント 合計21,000円
2018年4月14日頃 7,000円 9,500円相当のポイント 合計16,500円
2018年3月23日頃 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円
2018年3月19日頃 7,000円 10,000円相当のポイント 合計17,000円
2018年2月22日頃 8,000円 10,800円相当のポイント 合計18,800円
2018年1月8日頃 7,000円 11,000円相当のポイント 合計18,000円
2017年11月17日頃 8,000円 15,500円相当のポイント 合計23,500円
2017年7月5日頃 5,000円 1,600円相当のポイント 合計6,600円
2017年6月24日頃 7,000円 10,024円相当のポイント 合計17,024円
2017年5月2日頃 5,000円 1,250円相当のポイント 合計6,250円
2017年5月22日頃 8,000円 12,024円相当のポイント 合計20,024円
2017年5月20日頃 5,000円 1,250円相当のポイント 合計6,250円
2017年4月26日頃 5,000円 1,250円相当のポイント 合計6,250円
2017年4月10日頃 7,000円 12,024円相当のポイント 合計19,024円
2017年3月26日頃 5,000円 7,600円相当のポイント 合計12,600円
2017年3月21日頃 7,000円 2,600円相当のポイント 合計9,600円
2017年3月19日頃 7,000円 13,000円相当のポイント 合計20,000円
2017年3月12日頃 7,000円 11,520円相当のポイント 合計18,520円
2017年2月20日頃 8,000円 11,520円相当のポイント 合計19,520円

過去最大のキャンペーンの内容紹介(2017年11月17日頃)

入会方法 特典の比較
公式経由、
クレカ比較サイト経由での入会
8,000円相当のポイント 合計8,000円のお得
ハピタス経由での入会 8,000円相当のポイント+
15,500円相当のポイント
合計23,500円のお得

なぜ、通常の入会より特典が多いのですか?

楽天カードから支払われる広告費(アフィリエイト報酬)の一部を、経由サイトがユーザーへキャッシュバックすることで成り立っています。

楽天カードのデメリットにも注目。要チェックです。ただし、審査は甘めというメリットもあります。

メリット

楽天市場の利用でお得

  • 楽天カード利用1%分のポイント+期間限定ポイント2%分で合計3%還元※
  • 楽天市場や楽天トラベルなどのサービスでポイントがどんどん貯まる

※2018年3月2日より4%還元→3%還元に改悪されました。

楽天といえば「楽天市場」や「楽天トラベル」をはじめとする、もはや日本人の生活の一部と言っても過言ではないサービスの数々であります。

このカードを利用すれば、それらの楽天サービスをもっとお得にできます。

持ってない人の方が少ない!?楽天カードの魅力

いつものお買物でポイントが貯まるのでお得。

さらに、ネットショッピング「楽天市場」ならポイント3%還元!

1ヶ月の出費例
用途 使う金額 貯まるポイント
街でのお買い物25,000円 250ポイント
携帯電話10,000円 100ポイント
お食事15,000円 150ポイント
公共料金20,000円 200ポイント
楽天市場でお買い物15,000円(ポイント3倍) 450ポイント
  1ヶ月合計 1,150ポイント

週末やキャンペーン期間はさらに高還元率になることも。

楽天カードオーナーでなければ利用できない、特別なキャンペーンもあるんですよ!

どこで何に使っても還元率1%でポイントがつく

「楽天カード」という名前なので、楽天でしかポイントが貯まらないイメージがありますが、クレジット利用100円につき、1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

身近なコンビニも公共料金の支払いも、どこで利用してもポイント付与!

たったの1%…と甘く見てはいけません。

1年間に生活費を300万円使うご家庭なら、ライフスタイルをまったく変えずに3万円の節約です。

もちろん、楽天市場で買えるものは買うようにすれば、節約効果はもっともっと高くなりますよ!

年会費は無料

年会費無料

年会費無料なので無駄にならない!

年会費や入会にかかる費用が完全無料!財布に優しい!

豊富な楽天関連サービス

楽天サービスの幅広さ、そしてカード会員だけの優待特典やキャンペーンの多さに注目してください。

楽天市場のお買物でポイント3倍はもちろんのこと、楽天カード会員限定でのポイント倍増やプレゼントキャンペーンが頻繁に行われています。

日常生活でもお得な楽天ポイント加盟店サービス

普段生活してて色んな場面で使える楽天カードは、節約効果大。

ENEOS利用ならお得!価格に対してポイント割引

お店によって値段が微妙に違うガソリン。1円でも安くしたいから、石油会社発行の給油専用サブカードをお持ちの方は多いかと思います。

しかし、その割引を使うために家から遠いガソリンスタンドまで行っていたら本末転倒です。

自宅近くやよく使うガソリンスタンド、出張・旅行先など、どこのガソリンスタンドでもお得にポイント還元されるのが「楽天カード」です。

特に全国にあるENEOSなら、楽天カードの支払いでポイントが2倍貯まります!(100円で2ポイント)

つまりリッター100円なら2円分のポイント還元!将来的にリッター200円になったとしたら4円分のポイント還元。

何がすごいかというと、価格に対してポイントが付くので、これからガソリンが値上がりしても安定した値引きになります。

ちなみにガソリン代のみならず、カーケア用品(オイル・バッテリー・タイヤ等)も対象です。

いろんなお店でポイント2倍=1枚持ってれば大幅節約

幅広い場所で使えるので、自分がよく利用しているお店なら楽天カードを出してちゃっかりもらっておきたいポイント!

楽天カードと提携している居酒屋・レストラン・カラオケ店などで利用すれば自動的にポイント2倍!

今までいくら損してたのか考えるだけでゾッとしてしまいますね…!

 

デメリット

  • 明細を郵送にすると毎月82円請求される。年間984円の損。
  • 楽天で買物すると広告メールの配信設定が初期状態でONになっているため店舗の宣伝メールがたくさん届くようになる。メールが楽天関係の広告メールで埋め尽くされる。
  • キャンペーンで付与されるポイントは全部期間限定ポイント。利用期間が2週間以内など短いためポイントを使うため不要な買い物をしてしまう原因になる
  • 問い合わせの電話をすると20秒毎に10円かかる。
  • 楽天カードを語ったIDとパスワードを盗もうとする迷惑メールが多い。楽天カードを持っていなければ関係ないと削除できるけれども、楽天カード会員だと無視できず問い合わせをしてしまうなど手間がかかる。
  • ポイントがたくさん貯まりお得に見えるが、期間限定ポイントが多く失効して消えやすいので、最終的に損をしていることも。

トラブル時の問い合わせでは電話代が高額になりがち。混雑によりなかなかつながらなくて、保留で待っている間も電話代がかかり続けます。

ポイント還元率を重視するなら

楽天カードは常に1%還元ですが、その2倍の最大2%還元のLINE Payカードというカードがあります。楽天カードの入会キャンペーンのポイント付与金額は派手ですが、それに釣られてしまうと損をします。次の表を見てください。

カードを作って1年目のお得金額を比較

1年間に50万円カードを利用した場合
カード 入会特典 貯まるポイント お得になった金額合計
楽天カード 8,000円 5,000円相当のポイント 13,000円
LINE Payカード 0円 10,000円相当のポイント 10,000円

カードをもって2年目はどうなるでしょうか

入会特典が無くなってしまった分、LINE Payカードが圧倒的に引き離しています。2年目以降はこの状態がずっと続くことになります。

2年目に50万円カードを利用した場合
カード 入会特典 貯まるポイント お得になった金額合計
楽天カード 0円 5,000円相当のポイント 5,000円
LINE Payカード 0円 10,000円相当のポイント 10,000円

カードを持って2年間でお得になった金額を合計すると

2年目の時点で今までお得になった金額を合計してみました。この時点でLINE Payカードが完全勝利です。

カードを作ってから2年間で合計100万円カードを利用した場合
カード 入会特典 2年間で貯まるポイント お得になった金額合計
楽天カード 8,000円 10,000円相当のポイント 18,000円
LINE Payカード 0円 20,000円相当のポイント 20,000円

カードを持って5年間でお得になった金額を合計すると

5年経過するとすごい差が生まれていることに気づきます。

カードを作ってから5年間で合計250万円カードを利用した場合
カード 入会特典 5年間で貯まるポイント お得になった金額合計
楽天カード 8,000円 33,000円相当のポイント 33,000円
LINE Payカード 0円 50,000円相当のポイント 50,000円

楽天市場でLINE Payカードを使うと?

楽天カードを楽天市場で使うとポイント3倍というのは、楽天市場を現金など普通に支払いすると貯まる通常の1%分と楽天カードを利用すると貯まる2%分を合わせて3%貯まる(3倍)という意味です。

LINE Payカード利用の場合カード利用分は2%分なので下記のようになります。楽天カードと同じ還元率3%※になります。

楽天カードの場合は1%分は期間限定ポイントであり、買物を急かされて余計なものを買ってしまったりします。その部分がデメリットではあります。

※2018年より楽天カードの楽天市場での付与率が2%に下がったことで、LINEPayカードと同じ還元率になりました。

カード カードのポイント 楽天市場利用のポイント 貯まる合計ポイント
楽天カード 1%+期間限定ポイント1% 1% 3%
LINE Payカード 2% 1% 3%

空港ラウンジ無料などの機能がついた上位カードもあります

  • 楽天プレミアムカードなら、楽天市場の利用で1%分のポイント+楽天プレミアムカードでの決済で4倍=最大5倍

審査は通りやすいの?

楽天カードは、インターネット上ではクレジットカードの中では審査が甘い、簡単なカードだと言われています。

このカードの審査に落ちた場合は他のカードにはなかなか通らない可能性が高いでしょう。

楽天カード
楽天での利用がお得!多機能万能型カード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1%~3% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
約1週間 ~100万円 1年間 500円(税抜)
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
(利用付帯)2,000万円 (利用付帯)200万円
最大の入会キャンペーン金額
16,000円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2019年6月19日時点
公式経由、
クレカ比較サイト経由での入会
公式の7,000円相当のポイント 合計7,000円のお得
LINEアプリ内のLINEポイント経由での入会 公式の7,000円相当のポイント
+LINEポイント4,000pt(4,000円相当)
合計11,000円のお得
A8のポイントサイトcolleee経由での入会 公式の7,000円相当のポイント
+colleeeの90,000ポイント(9,000円相当)
合計16,000円のお得
ポイントタウン経由での入会 公式の7,000円相当のポイント
+ポイントタウンの140,000ポイント(7,000円相当)
合計14,000円のお得
ハピタス経由での入会 公式の7,000円相当のポイント
+はぴたすの7,500円相当のポイント
合計14,500円のお得
カードの特徴
  • 楽天市場など、楽天のサービスでお得に使える
  • 通常利用でも還元率1%で節約効果大
  • 年会費は永久に無料
Pocket