三井住友カードの19000円もらえる入会キャンペーン比較!損しない申込方法教えます

三井住友VISAクラシックカード
安心と信頼のカード、海外旅行で頼れる1枚
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,350円(税抜) 0.5%~1% ワールドプレゼントポイント
※マイ・ペイすリボの登録+年1回のリボ金利の発生で年会費無料
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
最短3営業日 ~80万円 2年間 500円(税抜)
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
100万円 (利用付帯)2,000万円 (利用付帯)50万円
最大の入会キャンペーン金額
19,000円相当プレゼント

三井住友クラシックカードは、国内メガバンク「三井住友グループ」と、国際ブランドVISAによるクレジットカード。

一方でポイント還元率が低くポイント有効期限が短いと難ありです。徹底解説します。

申込するならどのサイト経由がおすすめ?入会キャンペーンの比較

2019年11月の入会キャンペーン

入会キャンペーンは1、2ヵ月ごとで変わります。11月はやや減少中。増えるまで待つのもおすすめです。

通常カード(クラシック)のキャンペーン比較

2019年11月1日時点
公式経由
  1. 公式のキャンペーン最大12,000円相当
12,000円相当
価格.com経由
  1. 公式のキャンペーン最大12,000円相当
  2. ワールドポイント200ポイント(1,000円相当)
13,000円相当
A8セルフバック経由
  1. 公式のキャンペーン最大12,000円相当
  2. A8の7,000円のキャッシュバック
19,000円相当
LINEアプリ経由
  1. 公式のキャンペーン最大12,000円相当
  2. LINEアプリ内のLINEポイントより申込でLINEの3,000ポイント(3,000円相当)
15,000円相当

通常カード(クラシック)のキャンペーン履歴

定期的に復活するのでいいキャンペーンになるまで待つのもおすすめですよ。

還元サイトのキャンペーン実施内容と時期
実施日 公式特典 ポイントサイト特典(最大) キャンペーン合計
2019年11月1日頃 12,000円 A8の7,000円相当 合計19,000円
2019年10月2日頃 12,000円 A8の7,000円相当 合計19,000円
2019年9月3日頃 12,000円 A8の15,800円相当 合計27,800円
2019年8月2日頃 8,000円 A8の11,200円相当 合計19,200円
2019年7月2日頃 8,000円 A8の15,000円相当 合計23,000円
2019年6月3日頃 8,000円 A8の20,000円相当 合計28,000円
2019年5月26日頃 10,000円 価格コム経由限定30円相当 合計10,030円
2019年5月24日頃 10,000円 A8の6,000円相当 合計16,000円
2019年4月頃 10,000円 A8の20,300円相当 合計30,300円
2019年3月頃 10,000円 A8の20,300円相当 合計30,300円
2019年4月~5月14日のアフィリエイトASP A8の4万円もらえるキャンペーンの紹介(タップで開閉)

同じキャンペーンが開始されるまで入会を待つのもおすすめです。成果報酬と書かれていますが、入会すると単純に4万円が銀行口座に振り込まれるだけです。

学生向けクレジットカードのデビュープラスの特典比較

2019年11月1日時点
公式経由
  1. カード利用で最大12,000円相当のポイントプレゼント
12,000円相当
価格.com経由
  1. カード利用で最大12,000円相当のポイントプレゼント
  2. ワールドプレゼントポイント200ポイント(1,000円相当)
13,000円相当
LINEアプリ内のLINEポイント経由
  1. カード利用で最大12,000円相当のポイントプレゼント
  2. LINEアプリのLINEポイント内にあるキャンペーンバナーからの申込みでLINEポイント3,000ポイント(1,500円相当)
15,000円相当
モッピー経由
  1. カード利用で最大12,000円相当のポイントプレゼント
  2. 3,000円相当のモッピーの3,000ポイント
15,000円相当

法人用クレジットカード「for Ownersスタンダード」の特典比較

2019年11月1日時点
公式経由

公式の最大8,000円相当のポイント

8,000円相当
A8セルフバック経由

A8の23,700円のキャッシュバック
※追加カード同時申し込み必須、個人は対象外、法人企業のみ
+公式の最大8,000円相当のポイント

31,700円相当

法人用クレジットカード「for Ownersゴールド」の特典比較

2019年11月1日時点
公式経由

公式の最大13,000円相当のポイント

13,000円相当
A8セルフバック経由

A8の23,700円のキャッシュバック
※追加カード同時申し込み必須、個人は対象外、法人企業のみ

+公式の最大13,000円相当のポイント

36,700円相当

今ならこのキャンペーンもおすすめ!セゾンのプラチナビジネスカードが初年度無料!タダでプラチナカードを作れる

締切迫る!セゾンプラチナビジネスの初年度年会費無料キャンペーンは11月末まで!!このカードにはビジネスと名前がついていますが、実は一般の普通の人でも誰でも作れます。

私も絶賛利用中なのですが、このカードは年会費のわりに多機能でコスパがヤバイんですよ!しかもカッコイイ!

カードのキャンペーン内容とすべてのヤバさをまとめたページはこちら!ぜひチェックしてください

さらに他の入会キャンペーンの一覧はこちら

楽天カードエムアイカードゴールド1%還元セゾンプラチナビジネスなら1.125%還元で、三井住友カード(0.5%還元)の2倍のポイントが貯まるので要チェックです。

  • 三井住友カードを利用して1万円分のギフト券と交換できるポイントが貯まった頃、還元率1%のカードを使っていたら2万円分のギフト券と交換できていたということになります。
カード 名称・ランク 還元率 入会キャンペーン(最高額)
有効期限
0.25%
10,000相当
13ヵ月
0.5%
19,000相当
24ヵ月
1%
17,000相当
12ヵ月
0.5%
0相当
12ヵ月
1%
11,500相当
25ヵ月

世界が広がる定番のクレジットカード

VISAといえば海外での強さが一番のメリットで、世界中どこでも使えるカードと言えます。

旅行代金を事前にカードで支払っておけば、傷病保険、賠償保険、携行品損害保険など、旅行傷害保険を利用可能。

また、旅行先での各種のサポートを日本語で受けられる「VJデスク」、各国免税店などで優待サービスを受けられる「Globe Pass」など海外旅行用の特典も豊富です。

本格的なクレジットカードの入門用としても

基本的なサービスは一通り揃っており、かつ余分なサービスや複雑なシステムは取り除いた、シンプルなカードでもあります。

  • クレジットカードってよくわからない
  • たくさん特典や優待がついているカードは、逆に使いこなせないかも…

といった方の、いわば入門用のカードとしても活用できそうです。

ポイント

ワールドプレゼントポイント

三井住友カードのポイントプログラム。0.5%還元でマイルや景品と交換できる。

ワールドプレゼントとは

ワールドプレゼントは三井住友カードのポイントプログラム。

ショッピングでカードを利用すると1,000円(税込)につきワールドプレゼント1ポイント貯まります。携帯電話・電気・水道・ガス・NHKの支払いでもポイントが付与されます。

還元率

1ポイント=5円相当。還元率0.5%。ポイントの計算は税込金額に対して計算されます。

ポイント有効期限

ポイントの有効期限は2年間。

2年以内に欲しい景品のポイントが貯まっていない場合や忘れているとポイントが消滅します。

一般的に0.5%還元のポイントの場合はポイントの有効期限がセゾンカードのように無期限かライフカードの5年と長いのが普通です。この有効期限の短さが三井住友カードのデメリットです。

ポイント計算の対象とならない利用内容

国民年金保険料、Edyチャージ JR東日本モバイルSuica、モバイルSuica(Apple)、JR西日本スマートICOCA、WAONチャージ、nanacoクレジットチャージ プリペイド購入・チャージ(三井住友カード)

ポイント交換先

VISAギフト券や他社のポイントまたは日用品などの景品と交換できます。

コンビニでの利用でポイント5倍 2.5%還元

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンでの支払いに、三井住友カードを利用すると、2019年3月1日(金)以降ワールドプレゼントのポイントが通常の5倍(2.5%還元)貯まります。

加算の対象となる取引

対象店舗で、Visa、Mastercard、iD、Apple Pay、Visaのタッチ決済を250円以上利用された場合

iDは対象カードに付帯している分、Apple Payは対象カードを登録した分のみのご利用分が対象となります。

ポイント加算の計算方法

以下の単位で集計し、250円につき1ポイントを加算ポイントとして付与。

集計単位(1)

  1. セブン‐イレブンでのiD(含むApple Pay)のご利用
  2. ローソンでのVisa(含むタッチ決済)、Mastercardのご利用

集計単位(2)

  1. マクドナルドでのご利用
  2. セブン-イレブンでのVisa、Mastercardのご利用
  3. ローソンでのiD、Apple Payのご利用

<例>セブン‐イレブンでiDを700円利用し(集計単位(1))、マクドナルドでiDを600円利用(集計単位(2))した場合、5ポイント獲得となります。

①通常ポイント数:1ポイント
1,300円÷1,000円⇒1ポイント

②本サービスの加算ポイント数:4ポイント
集計単位(1)700円÷250円⇒2ポイント
集計単位(2)600円÷250円⇒2ポイント①+②で、合計5ポイント獲得

→くわしくは公式サイトへ
https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo9001629.jsp

最大20倍ポイントが還元されるネットショップモール

ポイントUPモールは、いろんな通販サイトが集まったネット上のショッピングモールみたいな感じです。

楽天、amazonなどのメジャーなお店はもちろん…プレミアムバンダイやセブンネットショッピング、エクスペディアなどもあります。

旅行やホテルの申し込みができる大手の「じゃらんパック」や、ふだんの食品や日用品が買える「SEIYUドットコム」やサプリメントのDHCなどもあるので要チェックです!

買物する前に経由するだけなので、結構便利!

街のショップのポイント倍増サービス ココイコ

使えるお店もたくさんあります。結構ラインナップがあるのでイイですね!

アウトレットとかよく行くので積極的に使っていきたい。

ビジネスマンにも使えそうだし、新社会人にとっても良いサービスです。

ココイコ!の使い方はめっちゃ簡単

どれだけエントリーしても特にデメリットがあるわけではないので、行かなくても全部エントリーしちゃっていいです!

エントリー後14日間は特典がきいてる状態になっています!しかも1回限定とかではなくて、期間中は自動的にずっと適用。

有効期限が切れても再エントリーすればまた使えます。

時々、キャンペーンで10倍とかになります。

2021年2月から、過去にカードの年会費を無料にできた方法が改悪

「マイ・ペイすリボ」を登録し、年に1回以上カードを利用すると年会費が無料にできた特典がありましたが、2021年2月年会費からは特典の条件が変更となります。

改定前 「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のご利用がある
改定後 「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがある
(毎月のお支払い・臨時のお支払い)

→【三井住友カード公式】「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件改定のお知らせ

そもそもマイ・ペイすリボとは

店頭で1回払いを指定しても、すべての決済が自動的にリボ払いになるサービスです。

1ヵ月の支払い金額を固定にできるので便利ですが、支払残高を計画的に管理しないと金利手数料もあり、返せなくなる危険性があります。

マイ・ペイすリボを活用した簡単カードの年会費無料術が終了

いままでは、マイ・ペイすリボの1ヵ月の支払い金額を利用限度額と同じ金額まで引き上げておくと、擬似的にすべて1回払いの状態のまま、カードの年会費を無料にできていましたが、この方法が使えなくなります。

たとえば利用限度額が50万円なら、マイペイすリボの支払い金額を50万円に設定するという感じです。

これからの対策

1年に1回、一時的にマイペイすリボの支払い金額を5,000円などに設定し、リボの金利手数料を発生させてから、再びマイペイすリボの支払い金額を上げるという作業をすることで無料にできます。

しかし、めんどくさすぎて現実的ではありません。

デメリット

紙の利用代金明細書が有料になる

2020年9月26日より、毎月送られてくる紙の利用代金明細書が99円(税込)に変更になります。
→公式サイト

明細の郵送を選択すると、カードの年会費とは別に1年間で1,188円の費用がかかることになります。

ポイント失効が心配

三井住友VISAカードは、ポイント還元率が0.5%&ポイント有効期限も2年間なのがデメリット。

0.5%還元であれば有効期限がないか、ライフカードのように有効期限が5年と長いのが普通。ポイントの失効を気にしたくない方にはセゾンパールの方がおすすめです。

三井住友VISAカードは計画的にポイントを貯めないと知らない間にポイントが失効してしまいます

ポイント付与に対象外項目があり、特にモバイルsuicaのチャージと国民年金保険料の支払いでポイントが貯まらないのが痛いです

自動で有料カードに切り替わる

26歳までに解約しないと年会費5,400円のゴールドカードに自動で切り替わるので注意が必要です。

また、切り替わったゴールドカードは0.5%還元&ポイント有効期限2年なのであまりお得ではありません。

マイルは貯まりにくい

1,000円利用=2pt=6マイルのレート(0.6%還元)でANAマイレージを貯められます。

これは、他のカードと比べると圧倒的に良い交換レートとは言えず、マイルへの交換はおすすめできません。

リボでポイント2倍にも注意

三井住友VISAカードの0.5%還元は、リボ払いにするとポイント2倍の1%還元にできるけれども金利(年利約14%)がかかるので本末転倒。そもそも最初から1%還元のカードを利用するのも一つの方法です。

三井住友VISAクラシックカードはこんな人におすすめ

三井住友VISAクラシックカードは、入会資格に年収条件がないので、比較的どの層にも申込みやすいカードになっています。

  • 安心感があるクレジットカードを作りたい方
  • 海外旅行にお出かけの方
  • 信頼感やステータスを演出したい方

海外旅行保険付帯

海外旅行中の病気やケガを補償する保険サービス
担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
15万円
救援者費用
(1年間の限度額)
100万円

他社のカードと比較すると疾病治療の補償額が50万円と貧弱です。オマケ程度として考えた方がいいです。

マイルを効率よく貯めたい方に

三井住友VISAクラシックカードは、1,000円利用=1pt=3マイルのレート(0.3%還元)でANAマイレージが貯められます。

これは、他のカードと比べると圧倒的に良い交換レートとは言えません。

ANAマイルを貯めている人にとっては多少足しになる程度です。

信頼感やステータスを演出したい方

三井住友VISAクラシックは、ゴールドなどの格付けがない“普通カード”。

ですが、国内メガバンク「三井住友」と、国際最大手ブランド「VISA」のカードだけあって、ステータス感がまったく無いわけではありません。

「クレジットカードの年会費はなるべく抑えたいけれど、あまり安っぽいカードを持つのも気がひける…」

そんな方に、まさにうってつけの一枚と言えるでしょう。

三井住友VISAクラシックカード
安心と信頼のカード、海外旅行で頼れる1枚
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,350円(税抜) 0.5%~1% ワールドプレゼントポイント
※マイ・ペイすリボの登録+年1回のリボ金利の発生で年会費無料
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
最短3営業日 ~80万円 2年間 500円(税抜)
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
100万円 (利用付帯)2,000万円 (利用付帯)50万円
最大の入会キャンペーン金額
19,000円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2019年11月1日時点
公式経由
  1. 公式のキャンペーン最大12,000円相当
12,000円相当
価格.com経由
  1. 公式のキャンペーン最大12,000円相当
  2. ワールドポイント200ポイント(1,000円相当)
13,000円相当
A8セルフバック経由
  1. 公式のキャンペーン最大12,000円相当
  2. A8の7,000円のキャッシュバック
19,000円相当
LINEアプリ経由
  1. 公式のキャンペーン最大12,000円相当
  2. LINEアプリ内のLINEポイントより申込でLINEの3,000ポイント(3,000円相当)
15,000円相当
カードの特徴
  • 国内大手メガバンクグループが発行する安心感のあるカード
  • リーズナブルな年会費で海外旅行での保険や日常生活の補償サービス付き
  • 気品ある券面と高級感のある中堅的ステータスカード

法人・個人事業主用の三井住友VISAカードはこちら

Pocket