2022年10月の三井住友カードの68000円もらえる入会キャンペーン5つの比較

三井住友カードの入会キャンペーンは複数あります。入会するページ次第でキャンペーンの金額が変わるので注意が必要です。

2022年10月の入会キャンペーンの比較

  • 今月の三井住友カードはキャンペーン金額が全体的にダウン
  • 金額が上がるまで待つのがおすすめです
カード 名称・ランク 入会キャンペーン(最高額)
9,375相当
27,600相当
19,000相当
20,000相当
68,000相当

5種類の三井住友カードの違い

比較表にして並べました。ざっくり言うとコンビニでの決済にはおすすめというカードですね。

一般カードの場合

名称 三井住友カード 三井住友カード NL
券面
カード番号の有無

カードの裏面にある

印字されてない
年会費

1,375円(税込)

永年無料
ポイント還元率 0.5%
ボーナスポイント もらえる もらえない
特約店で最大10%還元 できない
継続特典 なし
対象のコンビニとマックで 最大7.5%還元 最大10%還元
選んだ店舗でポイント2倍 あり
ポイント有効期限 2年間
海外旅行保険 最大2,000万円
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 年間100万円まで なし
空港ラウンジ 利用できない
コンデェルジュサービス 利用できない
紙の利用明細 もらえる
(有料)
もらえない
申し込み対象 満18歳以上の方
(高校生は除く)
ざっくりまとめると…
  • 三井住友カード(NL)はコンビニ大手3社※とマクドナルドでの買い物が一番お得になる

※対象のコンビニは全国のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン

ただし旅行傷害保険やショッピング保険は貧弱なので、そのデメリットをカバーしたい方はゴールドランク以上のカードがおすすめです。

ゴールドカードとプラチナカードの場合

名称 三井住友カード ゴールド 三井住友カード ゴールド(NL) プラチナプリファード
券面
カード番号の有無

カードの裏面にある

印字されてない カードの裏面にある
年会費

11,000円(税込)

5,500円(税込 33,000円(税込)
ポイント還元率 0.5% 1%
ボーナスポイント もらえる もらえない もらえない
特約店で最大10%還元 できない できる
継続特典 なし 10,000ポイント 最大40,000ポイント
対象のコンビニとマックで 最大7.5%還元 最大10%還元 最大6%還元
選んだ店舗でポイント2倍 あり なし
ポイント有効期限 3年間 4年間
海外旅行保険 最大5,000万円 最大2,000万円 最高5,000万円
国内旅行保険 最大5,000万円 最大2,000万円 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300万円まで 年間500万円まで
空港ラウンジ 利用できる
コンデェルジュサービス 利用できない 利用できる
紙の利用明細 もらえる
(有料)
もらえない もらえない
申し込み対象 満30歳以上
本人に安定継続収入がある
満20歳以上
本人に安定継続収入がある
安定的な収入のある20歳以上の方
(学生は不可)
ざっくりまとめると…
  • コンビニ大手3社とマクドナルドで一番お得なのは三井住友カード ゴールド(NL)
  • 三井住友プラチナプリファードは年間200万円~400万円程度の決済予定があれば検討してOK

では1枚ずつ性能を解説していきます!

最もスタンダードな性能で使いやすい三井住友カード

安心と信頼のカード、海外旅行で頼れる1枚
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,375円(税込) 0.5% Vポイント
※マイ・ペイすリボの登録+年1回のリボ金利の発生で年会費無料
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
最短3営業日 ~100万円 2年間 550円(税込)
最大の入会キャンペーン金額
9,375円相当プレゼント
特徴
  • 条件クリアで年会費を毎年無料にできる
  • セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンとマクドナルドで利用するとポイント最大7.5%還元
  • 国内旅行傷害保険とショッピング保険が付帯

正直なところ、次に紹介する三井住友カード(NL)の下位互換になってるのでおすすめしません…。

年会費を無料にするのも自動リボ払いへの登録&利用が必要なうえ、コンビニ大手3社とマクドナルドでも

  • 通常のポイント→0.5%
  • 対象店舗での利用→+2.0%
  • 家族ポイントに6人以上登録+5%還元

最大でも7.5%還元と三井住友カード(NL)に負けます。

ただ、オーソドックスな銀行系クレジットカードなので、入門用として分かりやすいシンプルな設計になっています。

2022年10月2日時点
公式サイト
  1. 新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント
  2. リボ登録と利用で3,000ポイント
  3. ネット入会で初年度年会費無料!(1,375円相当)
9,375円相当

年会費無料で持てるポイントが貯まりやすい三井住友カード(NL)

年会費無料かつハイスペックなナンバーレスカード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%~5% Vポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
最短5分 ~100万円 2年間 550円(税込)
最大の入会キャンペーン金額
27,600円相当プレゼント
特徴
  • 年会費は永年無料
  • セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンとマクドナルドで利用するとポイント最大10%還元
  • カード番号や有効期限などが券面に表記されないナンバーレス
  • スマホから最短5分で発行できる

三井住友系のカードでどれを作ろうか悩んでる人は、とりあえず選んでおいて間違いはないです。

特にコンビニとマクドナルドで最大10%のポイント還元を受けられるのが大きな強みです。

しかも、何もしなくても年会費が永年無料なのでクレカ初心者の方でも使いやすいです。

ただし通常時のポイント還元率は0.5%と貧弱なので、コンビニ用のサブカードにおすすめ。

2022年10月2日時点
公式サイト
  1. 入会&利用で最大5,000円相当プレゼント
  2. リボ登録と利用で3,000ポイント
  3. 友達・家族紹介で最大10,000ポイントプレゼント
18,000円相当
LINEショッピング
  1. LINEポイント6,200pt(6,200円相当)
  2. 公式の18,000円相当のキャンペーン
24,200円相当
ニフティポイントクラブ経由
  1. ニフティポイントクラブの9,600円相当の9,600ポイント
  2. 公式の18,000円相当のキャンペーン
27,600円相当

旅行傷害保険が充実した三井住友カード ゴールド

三井住友が発行する安心と信頼のゴールドカード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 11,000円(税込) 0.5%~2.5% Vポイント
※ネット入会で初年度年会費無料
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
最短翌営業日 ~200万円 3年間 無料
最大の入会キャンペーン金額
19,000円相当プレゼント
特徴
  • 条件クリアで年会費を毎年割引にできる
  • コンビニ大手3社とマクドナルドで利用するとポイント最大7.5%還元
  • 海外・国内旅行傷害保険とショッピング保険が付帯

こちらもナンバーレスカードである三井住友カード ゴールド(NL)がほぼ上位互換となるのでおすすめではありません。

旅行傷害保険が少し手厚くなるくらいしかメリットがないうえに年会費が11,000円(税込)もかかります。

年会費の割引特典も条件が難しいうえに、コンビニ大手3社とマクドナルドでも最大7.5%還元にしかなりません…。

ナンバーレスカードなら10%還元なのに…。

メリットらしいメリットは、旅行傷害保険が最高5,000万円つくところですね。

2022年10月2日時点
公式サイト
  1. 新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント
  2. マイ・ペイすリボ登録と利用で3,000相当のポイント
  3. ネット入会で初年度年会費無料!(11,000円相当)
19,000円相当

条件クリアで年会費がずっと無料で持てる三井住友カード ゴールド(NL)

条件クリアで年会費永年無料で持てるゴールドカード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
5,500円(税込) 5,500円(税込) 0.5%~5% Vポイント
※年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
最短翌営業日 ~200万円 3年間 無料
最大の入会キャンペーン金額
20,000円相当プレゼント
特徴
  • 条件クリアでずっと年会費無料で持てる
  • セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンとマクドナルドで利用するとポイント最大10%還元
  • カード番号や有効期限などが券面に表記されないナンバーレス
  • スマホから最短5分で発行できる
  • 海外・国内旅行傷害保険とショッピング保険が付帯

三井住友カード(NL)のワンランク上のカードです。

年会費は5,500円(税込)かかりますが、年間100万円以上利用すると翌年以降の年会費永年無料になります。

コンビニとマクドナルドで最大10%のポイント還元を受けられるうえに旅行傷害保険も充実しています。

1年で100万円以上カード決済が見込める方におすすめです。

ただし通常時のポイント還元率は0.5%と貧弱。メインカードとしては物足りないですね…。

2022年10月2日時点
公式経由
  1. 新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント
  2. マイ・ペイすリボ登録と利用で3,000相当のポイント
8,000円相当
ニフティポイントクラブ経由
  1. 新規入会&利用で最大8,000円相当プレゼント
  2. ニフティポイントクラブの12,000円相当の12,000ポイント
20,000円相当

ポイント特化型の三井住友カード プラチナプリファード

ポイント特化型プラチナカード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
33,000円(税込) 33,000円(税込) 1%~10.0% Vポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
1週間程度 ~500万円 4年間 無料
最大の入会キャンペーン金額
68,000円相当プレゼント
特徴
  • 常にVポイントが2倍貯まる(1%還元)
  • 特約店でポイント還元率最大10%
  • 継続特典で40,000ボーナスポイントもらえる
  • セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンとマクドナルドで利用するとポイント最大5%還元
  • 24時間365日対応のコンシェルジュデスクサービスが使える
  • カード番号や有効期限などが券面に表記されないナンバーレスが選べる

「サービスはシンプル、リワードはリッチに」というコンセプトで作られたポイント特化型のプラチナカードです。

旅行傷害保険などの付帯特典を最小限に抑えることでポイントが貯まりやすくなってます。

ただし年会費は33,000円(税込)と高めなので、上手にポイントを貯める必要があります。

年間200万円~400万円程度の決済がないと年会費の元を取るのが難しいです。
2022年10月1日時点
公式サイト
  1. 利用金額の15%(最大5,000円相当)プレゼント
  2. 入会後3ヵ月待つまでに40万円(税込)以上利用で40,000ポイント
  3. リボ登録と利用で3,000ポイント
48,000円相当
ニフティポイントクラブ経由
  1. ニフティポイントクラブの20,000円相当の20,000ポイント
  2. 利用金額の15%(最大5,000円相当)プレゼント
  3. 入会後3ヵ月待つまでに40万円(税込)以上利用で40,000ポイント
  4. リボ登録と利用で3,000ポイント
68,000円相当

カードのサービスを詳しく見たい方はこちら

コンビニ大手3社とマクドナルド専用カードとして優秀

三井住友カードはコンビニ大手3社やマクドナルドで屈指のポイント還元率を誇るのが魅力。

ですが、メインカードとしては少し物足りなさがあります…。

と言うのも、コンビニでの利用額って年間で見てみると大したことないんです。

100万円も200万円も使いませんよね。

日常生活で最も出費が多い食費や公共料金の支払いだと、三井住友カードは0.5%のポイント還元しか受けられません。

  • コンビニ大手3社やマクドナルド以外ではポイントを貯めにくい

コンビニ以外でも高還元率1.25%になるカードがある

日常生活の支払いでポイントを貯めてる人は、1%以上の高還元率のクレジットカードを使っています。

三井住友カードにもプラチナプリファードがありますが年会費33,000円(税込)なので、あまりおすすめできません。

年齢の上限なく、お手頃な年会費で持てるポイント還元率が1%超えのカードが理想的です。

私が実際に使っているおすすめのクレジットカードがこちら

その名も、”セゾンプラチナビジネス”

なんとポイント還元率は最大1.25%を誇る高還元率カードです。

このカードのスゴいところは、コンビニでの支払いはもちろん、色んな支払いでポイントが貯まるところ!

モバイルSuica&SMART ICOCA&モバイルPASMO、税金・年金の支払いでも通常通りの還元率でポイントを貯められますよ!

カードをよく使う方御用達の1枚なんです。
他にもこんな特典があります
  • プライオリティ・パスが無料で作れる
  • コンシェルジュデスクが利用できる
  • 最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が付帯
  • 高級ホテルの宿泊費割引&優待特典を受けられる
  • アメリカン・エキスプレス・コネクトの限定優待を受けられる

ビジネス、と名前がついてますが個人事業主や法人でなくても一般の個人用として誰でも作れます。

年会費は22,000円(税込)かかりますが、年間200万円利用すれば半額になる特典があるのでコストを最小限に抑えられますよ!

あらゆる支払いをこのカードに集約すれば、年間200万円は難しくないです

しかも今なら、初年度年会費無料のキャンペーンを開催してるので、申し込むなら今が圧倒的お得です!

TOP