ショッピング保険とは?利用条件や注意点の解説

ショッピング保険とは

ショッピング保険とは、クレジットカードに付帯しているサービスの一種で、カードで購入した商品の破損・盗難の補償をしてくれる保険のこと

これはクレジットカード会社と損害保険会社が提携したサービスで、カード会社によっては「買い物保険」「ショッピングガード保険」とも呼ばれます。

条件や補償期間こそありますが、万が一に備えられる便利なサービスなのです!

盗難・紛失保険とは別物

ショッピング保険と混同してしまいがちなのが、盗難・紛失保険ですがこれらは別物。

ショッピング保険がカードで購入した商品の破損・盗難を補償する保険であれば、盗難・紛失保険はカード本体をなくしてしまった場合などに適用される保険のこと。

例えば、なくしたカードが不正利用されて時に受けた損害を補償してくれるものです。

  • ショッピング保険は、カードで購入した商品の破損・盗難を補償する保険
  • 盗難・紛失保険は、カードをなくした際の不正利用の損害を補償する保険

ショッピング保険って必要?

普通にクレジットカードを使っている人でも、ショッピング保険ってあまり馴染みがないですよね。

ですが、ショッピング保険があると便利ですし、いざという時とっても安心なんですよ。

  • 現金ではまずない補償をしてくれる
  • 修理が必要な場合は修理代も補償してくれる
  • 贈り物も補償対象

現金購入でしたらまずこんな補償はつかないですし、贈り物まで対象になるのはスゴイ。

利用条件を知っておこう

ショッピング保険には、補償にあたりいくつか特定の条件があります。

補償対象期間が存在する

クレジットカードで購入したからといっても補償がずっと続くわけではありません。

ショッピング保険には基本的に補償対象期間というものがあり、期間が過ぎると補償対象外となってしまいます。

多くのカードでは補償対象期間が90日程度ですが、中には補償対象期間が非常に長く設定さているカードも!

  • セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード……購入日から120日間
  • イオンカード……購入日から180日以内

補償期間が長く設定されていたとしても、申請は早めに行くべき

期限までにクレジットカードの利用控えや保険金請求書などの書類を用意する必要があるうえに、補償の申請期限が設けられている場合があるのです

補償の対象外になる商品がある

カードで購入していても、商品の種類によっては補償の対象にならないものがあります。

例えば鮮度が重要になるもの、自動車や貴金属など特別高価なものが補償対象外になります。

  • 食料品
  • 商品券
  • 自動車
  • 不動産
  • 貴金属
  • コンタクトレンズ

実際にはカード毎に対象外の商品が決められていて、Aのカードでは補償対象になるものでも、Bのカードでは対象外だったということもあります。

補償の限度額が異なる

補償限度額を超えるケースは考えにくいですが、念のためチェックしておきたいポイント。

カードによって限度額の設定には差がありますが、ほとんどの会社で限度額は1年間の合算で決められています。

イオンカード 50万円
Yahoo!JAPANカード

Yahoo!ショッピングでの購入商品 200万円

上記以外の店舗での購入商品 100万円

VIASO(ビアソ)カード 100万円
アメリカン・エキスプレス・カード

500万円

仮に限度額を超えてしまった場合、超過分は自己負担になります。

過失が自分にあると補償が受けられない場合も

故意に壊したり、明らかに自分に責任がある場合は補償自体を受けられないことがあります。

また、配送中の事故や、戦争・災害・公権力の行使等が関係する損害についても補償されないので要注意。

  • わざと商品を壊した
  • 保管方法に問題があった
  • 商品の正当な利用方法から逸脱し破損した
  • 紛失や置き忘れ

クレジットカードの利用控えが必要

補償を受ける為には、クレジットカードを利用してこの商品を買った、ということを証明するものが必要です。

なので、利用控えし必ずもらって大切に保管しよう。

注意すべき点

自己負担額に注意が必要

ほとんどの場合、自己負担額が設定されています。

購入した商品からこの自己負担金を差し引いた額が補償されるというかたち。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 0円
Yahoo!JAPANカード 3,000円
VIASOカード
イオンカード 5,000円
アメリカン・エキスプレス・カード 10,000円

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードなら自己負担金が無料で、国内外問わず年間で200万円までの補償が受けられます。

免責金額にも注意が必要

自己負担額とは別に免責金額というものが設定されていることがあります。

免責金額とは、保険が適用される商品の最低金額のこと。

例えば10,000円の免責金額が設定されている場合、10,000円以下の商品には保険がそもそも適用されない、ということになります。

保険適用の範囲が限られる場合がある

ショッピング保険の利用条件のなかでも、特に見落としがちなのが以下の2つ。

  • 「国内ショッピングのみ」「海外ショッピングのみ」保険対象となる場合
  • カードで購入していても分割払いやリボ払いのみ保険対象となる場合

実際申請してみたら保険適用外です、と言われないように使っているカードの利用条件はしっかり確認しておきましょう。

ショッピング保険が付帯しているオススメのカード

イオンカード

イオングループでの利用で、割引やポイント2倍の特典を受けることができるカードです。

オススメするポイントはショッピング保険の補償対象金が180日と非常に長い、という点。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!ショッピングやYahoo!オークションなどでの利用がお得なカード。

Yahoo!ショッピングでの補償金額が200万円と非常に高い点が特徴です。

アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランドのアメリカン・エキスプレスが発行しているクレジットカード。

年会費がかかるものの、補償額が500万円と格段に高いのが魅力的。

VIASO(ビアソ)カード

ポイント還元率が高いオートキャッシュバック型のクレジットカードです。

補償期間が標準でありながら自己負担金も3,000円と比較的低めの設定。

Pocket