ヤフーカードの1番お得な入会キャンペーン比較!損しない申込み方法を解説

Yahoo! JAPANカード
YahooショッピングでTポイントが最大3倍貯まる
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%~7% Tポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
1週間から10日程度 - 1年間 500円(税抜)
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
100万円

最近、口コミでは決済ごとにポイントが切り捨てされてしまい還元率が約0.5%程度になってしまう損について話題になっています。またスマホのアプリpaypayがうまく使えない方はポイントアップの特典が受けられません。

申込するならどのキャンペーンがお得?入会キャンペーンの比較

2019年11月の入会キャンペーン

11月の評価
  • 6月15日より16,000円もらえた入会キャンペーンが終了
  • 8月31日で現在の10,000円相当がもらえたキャンペーンが終了
  • ついに9月、入会キャンペーンが完全に消滅!
  • 11月も何も特典がないままが継続中。
  • 特典がつくまで入会は待った方がよさそうです。
2019年11月1日時点
公式サイト経由

なし

なし
【停止中】i2i経由

入会で10,000円相当ポイント
+i2iの58,000ポイント(5,800円相当)

なし
【停止中】Tモール経由

入会で10,000円相当ポイント
+Tモールの3,690Tポイント(3,690円相当)

なし

過去の入会キャンペーン一覧

還元サイトの特大キャンペーン実施内容と時期
実施日 入会特典 ポイントサイトの特典(最大) お得になる金額合計
2019年11月1日 0円 なし 0円
2019年10月3日 0円 なし 0円
2019年9月3日 0円 なし 0円
2019年8月4日 10,000円 なし 合計10,000円
2019年7月3日 10,000円 なし 合計10,000円
2019年6月15日 10,000円 なし 合計10,000円
2019年6月2日 10,000円 6,400円相当のポイント 合計16,400円
2019年5月29日頃 10,000円 1,000円相当のポイント 合計11,000円
2018年11月5日 11,000円 10,000円相当のポイント 合計21,000円
2018年5月 15,000円 7,000円相当のポイント 合計22,000円

キャンペーン金額やポイント還元率で選ぶならこのカードもおすすめです

順位 カード 名称・ランク 還元率 入会キャンペーン(最高額)
有効期限
1位
1.125%
31,600相当
期限なし
年会費1年目無料 2年目20,000円(税抜) ※年間200万円利用で1万円に割引
2位
1%
17,000相当
12ヵ月
年会費1年目無料 2年目無料
3位
1%
11,500相当
25ヵ月
年会費1年目10,000円(税抜) 2年目10,000円(税抜)
4位
0.5%
8,000相当
期限なし
年会費1年目無料 2年目1,000円(税抜) ※年間1回の利用で無料になります。

メリット

ネットショッピングや通販サイトには様々なお店が存在していますが、商品の値段はほとんど同じです。

商品の値段が同じなら、ポイントが3倍貯まるYahoo!ショッピングが断然お得ではないでしょうか!?

しかも、クレジットカードで支払うなら代引手数料なども発生しません。

ネットショッピング用にクレジットカードを作りたいな!と思っている方には、毎日ポイント3倍で還元率が一番高いYahoo!JAPANカードがイチオシ。

Yahoo!JAPANカードのオススメポイント

Tポイントの提携先で使えばTポイントがお得に貯まるのはそうですが、注目すべきは提携先の多さです。

  • なんと言っても提携先の多さ(ファミマやTSUTAYA等)
  • ヤフオクかんたん決済手数料無料
  • 入会特典が豪華。申込後すぐ使えるプレゼントポイント付き

今まで店舗毎、サービス毎に管理していたIDやパスワードも、Yahoo!ショッピングなら全てYahoo!JAPAN ID一つで管理できるので、覚えるのが苦手という人には何気に嬉しいですよね。

提携店以外で貯まるのは1%以下ポイント

Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント常時3%、というのは非常に魅力的な特典ではありますが、Tポイント提携店以外では常に1%以下のポイントが貯まる※という点がデメリットです。

…とは言え、日本にあるほとんどのお店がTポイントと提携しているので1%以上貯まるところの方が多そうではあります。

有名どころだと、

※ドトールは2019年4月に終了になりました。すでにTポイントは貯まりません。最近Tポイントからの離脱が相次いでいます、次はファミリーマートもなくなりそうになっています。

税金等のお支払いはクレジットカードがお得

  1. 公共料金のお支払いでもTポイントがもらえる
  2. Yahoo!公金支払いなら24時間納税できる
  3. ふるさと納税でもTポイントゲット
  4. 手数料がかかることがあるので注意が必要

年会費無料

年会費無料なので無駄にならない!

年会費や入会にかかる費用が完全無料!財布に優しい!

特典が多すぎて心配なYahoo!JAPANカード

こんなにサービスしていいの?大丈夫?と心配になってしまうレベルの特典内容。

ヤフオク商品(新品・中古問わず)補償

Yahoo!JAPANカードで落札代金を支払った商品のみに限定されますが、何の手続きもなく自動で補償の対象になるのでトラブルが発生した際にはありがたいサービスだといえます。

ヤフオク出品 本人確認不要

Yahoo! JAPANカードを申し込んだYahoo! JAPAN IDを使ってヤフオク!を利用する場合、出品時の本人確認が不要です。地味に嬉しい。

月額500円でプラチナ補償サービス

月に+500円の支払いで、ショッピング等の補償はもちろん、突然の体調不良で行けなくなってしまった旅行のキャンセル代金や支払ってしまった宿泊代なども補償してくれるという素敵サービス!

補償内容
旅行・イベントキャンセル補償金 チケット購入金額またはキャンセル料をお支払い
返品補償金 購入、落札金額の50%をお支払い
宅配郵送事故補償金 購入、落札金額の90%をお支払い
破損補償金 購入、落札金額の90%をお支払い
盗難補償金 購入、落札金額の60%をお支払い
修理補償金 メーカー保証書がある場合、修理費用の100%をお支払い
メーカー保証書がない場合、修理費用の50%をお支払い
電子デバイス災害補償金 購入価格または修理費用をお支払い
ネット売買トラブルお見舞い金 弁護士費用をお支払い
交通トラブルお見舞い金 入院1日につき3,000円をお支払い

Yahoo!公式ページを見ると、プラチナ補償についてサービス変更があるようでした。

2016年3月1日(火)より、補償の種類を追加し現在の11種類から18種類にパワーアップします。
また、会員費を月額490円(税抜き)に値下げします。なお、地震被災生活お見舞い金は提供を終了します。

とのこと。ますます便利になりますね!

あわせて使いたいプレミアム会員

月額たった500円で1ヵ月に最大5,000円分得できるYahoo!プレミアム会員。※さきほど紹介したプラチナ補償とは異なる別のサービスです。

加入すると、Yahooのサービスでポイントが通常の1ポイントに+4倍分(4%還元)のpaypayボーナスライトが加算されます。

ただし、この+4倍分(4%還元)のpaypayボーナスライトは期間限定ポイントとして付与されます。有効期限は付与日から60日間です。

  • 付与日から60日なので、ポイントがついていることを忘れていると利用できる期間はもっと短くなってしまいます。

イメージとしては、まとめ買いして毎月買物してくれたら、ポイントで割引するよみたいなサービスです。

Yahoo!プレミアム会員の会員費最大2ヶ月無料

Yahoo!JAPANカード申込と同時にYahoo!プレミアム会員に登録すると会員費最大2ヶ月無料になります!

1ヶ月に10,000円以上お買物する予定がある方は会員費以上のポイントがもらえるのでプレミアム会員になってから買った方がお得です。

なお、プレミアムの脱退は5分もあれば簡単に可能なので気軽に試してみてはいかがでしょうか。

直近で高額の買い物をする機会がないと思ったら止めればOKです。

Yahoo! JAPANカードの入会キャンペーン比較
入会キャンペーンの比較
2019年11月1日時点
公式サイト経由

なし

なし
【停止中】i2i経由

入会で10,000円相当ポイント
+i2iの58,000ポイント(5,800円相当)

なし
【停止中】Tモール経由

入会で10,000円相当ポイント
+Tモールの3,690Tポイント(3,690円相当)

なし

電子マネーへのチャージでTポイントが貯まる

nanacoへのチャージで

200円につき通常ポイント1ポイント貯まります。2018年3月より還元率が落ちました。

ソース:公式サイト「nanacoクレジットチャージご利用時のポイント変更について」

モバイルsuicaへのチャージで

100円につき通常ポイント1ポイント貯まります。

デメリット

  • 決済のたびにポイント計算。決済のたびに100円未満の部分は切り捨てされてポイント計算から除外される。例えば199円利用の場合は1ポイント付与です。
  • Yahooショッピング3%還元のうち2%分を除く、1%分はpaypayボーナスライトというポイント。
  • paypayボーナスライトというポイントの有効期限は60日と短い。付与日から60日なので、付与されたかどうか定期的に確認する必要があり手間がある。
  • Tポイント、期間限定Tポイント、paypayボーナスライトと複雑なポイントシステムになっているのでポイントが消滅しやすい。消滅すれば0%還元。
  • ポイントが有効期限で失効した場合、ポイント明細に履歴が一応残るがマイナスの表示されないので損していることに気づきにくい
  • ETCカードは有料(ETCカード年会費:500円/税抜)
  • 利用明細の郵送ができない。明細の確認はWEBのみ。
  • 自動リボ設定にすると、リボ払い手数料をとられてしまい、いわゆるリボ地獄化する可能性があり危険

ポイント切り捨て

お得になっている気分で、実は損しているポイント切り捨てに要注意

決済のたびにポイント計算。端数は切り捨てでポイントが貯まらない

実はヤフーカードは、ポイント付与の計算タイミングは決済ごと。

100円以下の数字「01円~99円」の部分で貯まるポイントは決済する度に毎回切り捨てされるので、コンビニなどで決済する場合は計算して100円以下の数字を00に近づけないと還元率が落ちます。端数が00でない限り、Yahooカードは基本的には1%還元以下になります。

例えば199円の利用だと0.5%還元になります。サイトでは特に説明もされていないので、気づいていない人は常に1%還元だと思っているかもしれませんね。

貯まるポイント一例
100円利用 1Tポイント貯まる 1%還元
150円利用 1Tポイント貯まる 0.75%還元
199円利用 1Tポイント貯まる 0.5%還元
200円利用 2Tポイント貯まる 1%還元
250円利用 2Tポイント貯まる 0.8%還元
275円利用 2Tポイント貯まる 0.73%還元
299円利用 2Tポイント貯まる 0.67%還元

1日3回決済として1回1ポイント切り捨てされると最大毎月93ポイント損をします。年間なら1,116ポイントの損です。他のカードなら1,116円分得をしていた可能性がありますね。

ちなみに楽天カードの場合は、1ヵ月の総利用金額の合計に対してポイント付与計算されるので切り捨てはほぼ起こりません。

(一例)199円の決済を20回した場合
Yahooカード 199円の利用で1円相当のポイントが貯まる。
→20回同様の決済をすると、合計20円相当のポイントが貯まる。
楽天カード 199円の利用を20回決済すると、合計3,980円の利用になる。
→3,980円の利用に対して1%のポイント還元なので、合計39円相当のポイントが貯まる。

最近では、ユーザーが気づかないことをいいことにポイント切り捨て型クレジットカードが増えています。例えば、dカードも1決済毎の切り捨て型のカードです。

Yahooショッピング利用で貯まる3%還元のうち1%分はすぐ失効する

ちなみにこの期間限定ポイントが60日で失効します。

付与日のあいまいでわかりにくいので、気づいた時には消滅していることも多いです。

失効した場合は、ポイント明細に履歴が一応残るがマイナスの表示されないので損していることに気づきにくい。お得になった気分のまま損しているということが起こります。

ポイント明細のマメなチェックが必要になります。

Yahooプレミアム利用で貯まる追加の4%還元分も…

Yahooプレミアム利用で貯まる4%還元分期間限定ポイントです。

2週間程度で失効します。

とにかくポイント消滅の危機を迎えやすいカードです。

期間限定ポイントは利用先が限定されている

期間限定ポイントは、YahooショッピングやLOHACOなど、Yahoo系のサービスでしか使えません。他の店舗では使えません。

Tポイントがたくさん貯まってるーファミマで使いたいですと店員さんに声をかけると、使えませんでした。みたいなことが起こります。

明細を郵送できない

明細を郵送するオプションがだいたいのクレジットカードにはあるのですが、Yahoo!カードにはありません。

利用明細はWEB明細のみでの確認になります。

最大過去13カ月分まで記録されます。以降、消滅します。

最近では高還元と謳うカードはあやしい

近年、QRコード決済などの決済手法などが増えた結果、クレジットカードの決済手数料は減少しつづけています。手数料はJCBは約3.5%、VISA・Master・AMEXは3%程度だと言われています。

3%の決済手数料から、ポイント還元1%と広告費と決済システム維持費、VISA・JCBなどブランドへの手数料、入会キャンペーン費用が捻出されています。

普通に考えると、なかなか厳しい状態です。

つまり、入会キャンペーンのキャッシュバックが多い&高還元と歌うカードの裏には、「ポイントが消滅しやすい」「ポイント切り捨て」「明細郵送不可」というデメリットが隠されていることが多いということです。

Tカード情報令状なく捜査に提供 規約明記せず、当局は保秘

2019年1月20日のニュースによると…

コンビニやレンタルショップなど、さまざまな店で買い物をするとポイントがたまるポイントカード最大手の一つ「Tカード」を展開する会社が、氏名や電話番号といった会員情報のほか、購入履歴やレンタルビデオのタイトルなどを、裁判所の令状なしに捜査当局へ提供していることが20日、内部資料や捜査関係者への取材で分かった。「T会員規約」に当局への情報提供を明記せず、当局も情報を得たことを本人に知られないよう、保秘を徹底していた。

https://this.kiji.is/459642838872769633

Yahooカードの利用で貯まるTポイントの提携店舗を利用した場所・購入した商品の情報などの情報が無許可で流用されていたようです。

還元が得られる対価として個人情報が流出してしまうのは仕方のないことなのでしょうか。

ポイント還元率を重視するならLINE Payカードもおすすめ

Yahooカードは期間限定ポイントが消えやすく厳しい方には、LINE Payカードもおすすめです。

Yahooショッピングで利用で貯まるポイント
LINE Payカードを利用 LINE Payのポイント
最大2%還元
Yahooショッピングのポイント
1%還元
合計
3%還元
Yahooカードを利用 Yahooカードのポイント1%還元
+有効期限60日のpaypayボーナスニライト1%還元
Yahooショッピングのポイント
1%還元
合計
3%還元

最大2%還元のLINE Payカードなら、通常のyahooショッピング利用ポイント1%還元分と合わせてyahooカードと同じ3%還元です。そのほかの店舗でも2%還元になるのでyahooカードよりお得になります。

審査は通りやすいの?

Yahoo!JAPANカードは、学生や主婦の方でも持つことができ、クレジットカードの初心者の方にも作りやすいカードです。

Yahoo! JAPANカード
YahooショッピングでTポイントが最大3倍貯まる
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%~7% Tポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
1週間から10日程度 - 1年間 500円(税抜)
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
100万円
入会キャンペーンの比較
2019年11月1日時点
公式サイト経由

なし

なし
【停止中】i2i経由

入会で10,000円相当ポイント
+i2iの58,000ポイント(5,800円相当)

なし
【停止中】Tモール経由

入会で10,000円相当ポイント
+Tモールの3,690Tポイント(3,690円相当)

なし
カードの特徴
Pocket