留学生・海外出身の人は日本でクレジットカードを作れる?審査に通るポイントや必要な書類などを解説

海外の方も、日本のクレジットカードを作れます!

ほとんどのクレジットカードでは、日本人と同じように申し込みをすることができます!もちろん、『日本国籍ではないから、審査に通らない』ということはありません。

ただし、2つの条件があるので、まずはこれをチェックしてみましょう。

【1】日本に在住・長期滞在していること

“住所が日本国内にあること”と考えても良いでしょう。

留学、ビジネス、特別永住者の方などが当てはまりますね。

実はこの“滞在期間”は審査に通るうえでかなり重要なポイントで、滞在期間が短いと審査に通りにくくなってしまいます。

おおよその目安ですが、滞在期間が1年以上あれば、まず大丈夫。

2年以上の滞在期間があれば理想的です。

【2】在留カード、または特別永住者証明書のコピーを提出できること

カードの申込手続きの時、身分証明のために必要になります。

  1. 在留カード…日本に長期滞在する、外国籍の方の身分証明書
  2. 特別永住者許可証…日本に永住が認められた、外国籍の方の証明書

長期滞在、もしくは特別永住の方であれば問題なく日本でクレジットカードを申し込めます。

海外国籍で日本のクレカの審査に通るポイントは?

それでは、クレジットカードの審査に通るために、大切なポイントを見ていきます!

“重要なのは、国籍ではなく返済能力(信用力)”

つまり、きちんと約束通り支払いできる事が大切なのであり、国籍はあまり重要ではない…ということです。

信用力って何?日本人も間違えやすい日本語

“信用”という言葉は、普段、「信じること」「疑っていないこと」という意味で使われますよね。

『彼のことを信用している』、『○○社の製品は信用できる』などなど…。

クレジットカードの場合、“信用”という言葉は、“返済能力”という意味で使われます。

クレジットカード会社の人から「あなたの信用を確かめるので、審査を行います」と言われた場合、「返済能力=どのくらいの金額までならクレジットカードの支払いができそうか審査します」と言っているだけです。

ちなみにこの審査は、日本人でも普通に行われます。

どんなお金持ちでも、大企業の社長さんでも、クレジットカードを持つには審査が必要になります。

返済能力はどうやって判断されるの?

職業、年収、今までの他のカードの利用実績(クレジットヒストリー)などから、総合的に判断されます。

海外国籍の方で、日本のクレジットカードを作る場合、特に重要なポイントになるのが、“滞留期間”です。

『いつまで日本にいるのか』これが実は、非常に重要になってきます。

たとえば、15回の分割払いで、お買い物をしたとします。
滞留期間が1年=12か月しかないと、15回の分割払いが終わる前に、母国に帰国しなければいけませんね。

そうなると、「きちんと15回分、払ってもらえないのでは?」という疑問がうまれてしまいます。

こうした理由により、滞留期間が長いほうが、クレジットカードの審査に通りやすくなるんです。

審査に有利な3ポイント

滞留期間のほかにも、いくつか重要なポイントがあります。

【1】本人確認書類

海外国籍の方の本人確認書類は、特別永住者証明書、または在留カードがあれば十分。

ですが、それに加えて、社員証や学生証など、複数の身分証明書があると、それだけ審査が有利になります。

特に“住民票”は、公的に所在を証明できるので、かなり強力な身分証明書になります。

【2】住民登録をしていること

住民登録をしていると住民票が発行できます。

身元をしっかりと証明できる書類なので、審査の時に提出できると信頼感が大きくアップします。

「自分は日本人じゃないから、住民登録できないのでは?」という方も大丈夫。

実は2012年から、海外の方も住民登録ができるようになりました。

滞在している地域の市役所(または区役所)などに行って、窓口で相談してみましょう!

【3】収入を証明できる書類があること

職場からもらう「給与明細書」や、税金の年末調整につかう「源泉徴収票」、住民税などを支払うと発行される「課税証明書」などが、収入を証明できる書類になります。

こうした書類があると、『確かに安定した収入がある=返済能力がある』と公的に証明されるので、その分審査に通りやすくなります。

日本のクレカでジャパン・ライフをエンジョイしよう!

日本のクレジットカードを持っていると、日本での暮らしも、一段と便利に、楽しくなります!

クレジットカードがあれば、利用できるサービスも多くなります。

日本のコミュニティの中でも、さらに注目されるキッカケになるでしょう。

筆者の地元と馴染み深いクレジットカード「SEIBU PEINCE CLUB」カードなんかは、海外出身者向けにemiという海外在住者向けポイントカードを発行してます。

海外に戻ったときも話題にできるカード、1枚持ってても面白いですよね。

ちなみに日本人では作れないみたい(-д-)