プライオリティ・パスとは?年会費の種類とサービスの違い徹底解説

プライオリティパスとは世界の1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるサービス

空港のラウンジに関するサービスを提供している「プライオリティ・パス」という企業が作った会員サービスで、会員になれば世界中の空港ラウンジが使えます。

海外出張などで飛行機を利用する方はご存知だと思いますが、乗り継ぎ便だと空港で3~4時間待つのが当たり前。そんな時に使いたいのが空港ラウンジです!

メリット

  • 世界中の空港ラウンジが使える
  • おつまみや軽食・ドリンク(お酒)などが無料で楽しめる
  • 無料Wi-Fiが使える
  • 電源があるのでパソコンや充電も可能
  • 新聞や雑誌も読み放題!
  • 同伴者も利用可能!(会員グレードにより有料/無料あり)

会員の種類と年会費

もちろん「プライオリティ・パス」への登録は有料なわけですが…

プラン スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
年会費 99ドル
(約11,000円)
299ドル
(約33,000円)
429ドル
(約47,500円)
利用料金 32ドル
(約 3,600円)
32ドル
(約 3,600円)
無料
備考   10回の利用まで無料  

高い年会費を払ってまで「プライオリティ・パス」が必要か?と聞かれると悩ましい部分でもあります。

しかし、裏技でプライオリティパスを無料で手に入れる方法があります。※後述します。

スタンダード会員

年会費
$99ドル(日本円:11,000円)
都度利用
$32ドル(3,6000円)

空港ラウンジをあまり利用しない人向けのプラン。年会費が安い代わりに1回ごとにお金がかかります。

同行した人にも同じく32ドルかかります。

スタンダード・プラス会員

年会費
$299ドル(日本円:33,000円)
都度利用
$32ドル(3,6000円)…10回利用分までは無料

スタンダードプランに10回無料権が付いたプラン。1年間で10回使えばスタンダード会員より安くなります。

10回目以降は32ドルが毎回かかります。(同行者もかかります。)

プレステージ会員

年会費
$429ドル(日本円:47,500円)

年間の空港ラウンジ利用回数が多い方や年会費が気にならない方向けのプラン。

年会費さえ払えば世界中の空港を、いつどこでも自由に何回でも無料出利用することができます。

プライオリティ・パスの入手方法

プライオリティ・パス公式サイト

  1. 上記のサイトからお申し込みボタンをクリック
  2. 居住地を選択(日本は一番下にあります)
  3. 会員プランを選択
  4. 必要事項を記入し、年会費を支払って申し込み完了

申し込んだ後、カードが送られてくるまで少し時間がかかります。

日本への配送期間については書かれていませんが、お隣中国では3~14営業日なので2週間以内には届くはずですよ!

利用方法

プライオリティ・パスの使い方はとても簡単!

【1】プライオリティ・パスが使えるラウンジを調べる

対象空港は公式サイトから検索することができますよ!

【2】ラウンジでプライオリティ・パスと搭乗券を提示

空港ラウンジでは入り口にレセプション(受付の人)がいるので、プライオリティパスを提示します。

※当日の飛行機チケットも一緒に提示

【3】利用伝票を確認後署名

受付で会員情報が書かれたレシートが出るのでサインをします。

【4】空港ラウンジを利用する

使い終わったら退室して終わりです。とても簡単ですよ!

提携クレジットカードがあればプライオリティ・パスを無料で入手可能

実際のところ、通常の年会費を支払ってまで会員になっている方はほとんどいません。

なぜなら、特定のクレジットカードの入会特典として、無料で「プライオリティ・パス」に会員登録できるものが存在するからです。

「プライオリティ・パス」の年会費よりも安いクレジットカードの年会費だけで、世界中の空港ラウンジが利用できることに加え、旅行損害保険やショッピング保険などの特典も付く…

つまり、プライオリティ・パスに申し込むより、はじめからクレジットカードに申し込んだ方がお得ということです。

プライオリティ・パスを無料で作ることができるクレジットカード

以下のクレジットカードは特典により無料でプライオリティ・パスをゲットすることができます。

Pocket