セゾンアメックスカードの違いを比較!パール、ブルー、ゴールドを1枚ずつ解説

4枚のセゾンアメックスカードの特典の違いについて紹介

数あるクレジットカードの中でも特にあらゆる世代から人気がある「セゾンカード」。

その中でも特に大多数の方に支持されている「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」というカードは、4種類にわかれているので一見するとよくわかりません。

ほら、よくわかんないでしょ…?

なので今回は、この4枚を比較していきます

用語のおさらい

セゾンカード⇒株式会社クレディセゾン。日本のクレジットカード会社。有効期限なしのポイントサービス「永久不滅ポイント」でおなじみ。

アメリカンエキスプレス⇒略してアメックス。アメリカのクレジットカード会社。旅行シーンに強く、センチュリオンの券面はステータス感の象徴。

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード⇒株式会社クレディセゾンが発行しているクレジットカードの1種で、アメックスと提携したカード。パール、ブルー、ゴールド、プラチナ、プラチナビジネスの5種類がある。

4枚のカードのグレード(強い順)

この4枚のカードは色によってカードの強さが決まっています。強いカードほど年会費が高く、サービスの質が高い。

一番強いのはもちろんプラチナ、ゴールド、そしてブルー、パール。簡単に差がわかるように作ってみました。

この前提情報を是非頭に入れておいて読み進めてみてください。

セゾンパールカード

さて、4枚の中でもっとも人気のカードがこちらの「セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード(略してセゾンパール)」です。

名前にも入っている通り、アメックスの提携カードであるセゾンパールは、セゾンカードの特典も使えて、アメックスの特典も使えます。

それでいて年会費が実質無料なので、セゾンカードの中でも最も人気が高い定番カードとなっています。

※年会費は本来1,000円かかりますが、年間1回以上カードを利用すれば翌年年会費無料という条件があるため、実質無料で使えます。

本家のアメリカン・エキスプレス・カードは、一番グレードの低いカードで13,200円(税込)の年会費が必要ですが、セゾンパールは、実質年会費無料で使える唯一のアメックスカードなので、人気が高い理由もわかります。

セゾンブルーカード

4枚の中で一番知名度が低い(と思われる)「セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンブルー)」です…(´;ω;`)

セゾンパールカードに海外旅行に便利な保険関連の特典が追加されパワーアップしたのが、セゾンブルーカードです。

最高3,000万円の海外旅行保険空港からの手荷物宅配無料サービスなどが利用できるので、海外旅行や出張に行く機会が多い方にはメリットがあるカードです。

年会費が3,000円かかります。

良くも悪くも中途半端なカードなので、「実質無料のパールのほうが良いかな…」という人や、「もう少し年会費を多く払ってゴールドカードにしてたくさん優待を利用したいな」という人が多いようです。

セゾンゴールドカード

4枚の中ではパールと同じくらいの人気がある「セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンゴールド)」です。

セゾンブルーカードがさらにパワーアップしたのが、セゾンゴールドカードです。

年会費は1万円かかりますが、優待特典の豊富さ・豪華さ・お得さが格段に違います。

特に良いと思う特典が、

  • 永久不滅ポイントが通常の1.5倍貯まる
  • 海外・国内で最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯
  • コナミスポーツクラブ年会費優待
  • 空港ラウンジを無料で利用できる

やはりゴールドカードなので、サービスの質は一般カードに比べると圧倒的です。

セゾンパールカードやセゾンブルーカードを一定の期間使っていてヒストリーを積んでいる方は、ゴールドカードの申し込みをした際にも審査ではプラスになります。

さらに上位のプラチナカードを目指す場合も、パール、ブルーからはじめていくのがおすすめですよ!

因みにセゾンパールをセゾンブルーに変えたり、セゾンブルーからセゾンゴールドにしたい場合、アップグレード扱いとなりカードの番号そのままで上位カードと交換できます。

セゾンプラチナカード

4枚の中で唯一自主的に申込むことができない幻のカード「セゾン・プラチナ・ビジネス・エキスプレス・カード(以下セゾンプラチナ)」です。

今まで紹介した3枚のカードの特典が全て使えるのはもちろん、海外旅行保険が最高1億円、国内旅行保険が最高5,000万円かつ自動で補償(ファミリーカード会員と家族も補償)されます。

年会費は2万円ですが、プラチナクレジットカードの年会費としては破格です。本家のアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの年会費が130,000円な点を考慮すれば、これカード以上にコスパに優れているプラチナカードがあるのかどうかも疑問です。

ただし入会はインビテーション(招待)のみ。パールカード、ブルーカードからゴールドカードを目指し、さらに滞納などなく2~3年くらいカードを利用していると招待されることがあるようです。

セゾンカードが人気である3つの理由を考察

【1】有効期限のないポイント制度

CMなどでも有名な「永久不滅ポイント」。

これは普段小額な利用が多い我々一般人にとっては大変ありがたいシステムになっています。

継続的に数年貯め続けると気がついたときに4~5万円分くらいのポイントになってるので感覚的には定期預金に似てます。

【2】西友、LIVIN、Sunnyで特定日に5%OFF

西友やLIVINのお店で、毎月5日・20日は全品5%OFF+永久不滅ポイントも同時にたまる!さらに、“特別優待日”が不定期で開催されます。イメージでは月に4~5日間くらいは優待雛気がします。

年末はすごい優待日の日数が増えてました。

おそらくセゾンカードで一番使われている特典でしょうね…

紹介した4枚のカード全てで使える特典です。

【3】旅行系の特典がかなりお得

さすがアメックスの提携カードだけあって、旅行系の優待特典に良い物が多いです。

特におすすめなのは全てのカードについている、国内旅行特典の「星野リゾート界 優待」と「休暇村優待」です。

特に休暇村優待サービスは、ネット上で最安プランからさらに10%OFFなのでかなりお得なんですよね…w

何気にETCカードも無料で作れちゃうので親和性○だったり。

まとめ

セゾンカードの実用性と、アメックスのステータス感を併せ持ったクレジットカード…それが「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

「永久不滅ポイント」をはじめとする、セゾンの実用的な優待・特典。「アメリカン・エキスプレス・ブランド」の持つステータス感と、それを裏打ちする豊富なトラベル優待。

両方の“良いところ取り”なカードなのです!