マリオットボンヴォイの一般カードとプレミアムカードの9つの違いを解説

2022年2月24日、SPGアメックスカードがリニューアルして新たに”Marriott Bonvoyアメックスカード”シリーズが登場しました!

ラインナップは一般カードとプレミアムカードの2種類です。

一般カードとプレミアムカードの違い

カードの名前が長いので

  • Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード=一般カード
  • Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード=プレミアムカード

と略して紹介していきます。

カード性能を比較した早見表がこちらです。
カード名 一般カード プレミアムカード
カード券面
年会費 本会員カード 23,100円(税込) 49,500円(税込)
家族カード 1枚目無料
2枚目以降11,550円(税込)
1枚目無料
2枚目以降24,750円(税込)
ポイント Marriott Bonvoy参加ホテルでの利用 100円で4ポイント 100円で6ポイント
日々の利用 100円で2ポイント 100円で3ポイント
継続特典 宿泊実績 5泊分 15泊分
無料宿泊特典 年間150万円以上の利用で付与
エリート会員資格 シルバーエリート 自動で付与
ゴールドエリート 年間100万円以上の利用で付与 自動で付与
プラチナエリート 年間400万円以上の利用で付与
100米ドルのプロパティクレジット もらえる
スマートフォン・プロテクション 付帯しない 付帯する
手荷物無料宅配サービス
  1. 成田国際空港
  2. 中部国際空港
  3. 関西国際空港
  1. 羽田空港
  2. 成田国際空港
  3. 中部国際空港
  4. 関西国際空港
海外旅行傷害保険 最高3,000万円
(利用付帯)
最高1億円
(利用付帯)
結論をまとめると
  • SPGアメックスカード時代よりも一般カードはランクダウンプレミアムカードはランクアップ
  • 豪華なホテル優待を期待するならプレミアムカードがおすすめ

プレミアムカードの年会費は高額ですが、

  • 年間400万円以上カード利用が見込める方
  • プラチナエリート会員資格を目指す方、保有したい方

であれば、年会費以上の価値を感じられるカードと言えます。

入会キャンペーン

一般カード プレミアムカード
  1. ※紹介URLに関してはFacebook、Twitterなどで見つけられます。
  2. 入会後3ヵ月以内に30万円以上のカード利用で19,000ポイントプレゼント
  1. ※紹介URLに関してはFacebook、Twitterなどで見つけられます。
  2. 入会後3ヵ月以内に30万円以上利用で合計45,000ポイント
→キャンペーンの詳細はこちら →キャンペーンの詳細はこちら

デザイン

SPGアメックスカードからは一新され、シックで高級感のあるデザインになりました。

デザイン自体はほぼ同じで、色合いと右上に”PREMIUM”の文字が”ある”か”ない”かがしか違いがありません。

年会費

一般カード プレミアムカード
本会員:23,100円(税込) 本会員:49,500円(税込)
1枚目無料
家族会員:11,550円(税込)
1枚目無料
家族会員:24,750円(税込)

どちらも他社ゴールドカードやプラチナカードレベルの年会費の高さを誇ります…。

特にプレミアムカードは一般カードの2倍以上も年会費がかかります。

カードの入手方法

一般カード プレミアムカード
公式ホームページから入会&発行が可能 公式ホームページから入会&発行が可能

どちらのカードも招待なしで、インターネット上で申込が可能です。

ただしMarriott Bonvoyに事前に登録しておく必要があります。

ポイント還元率

カード利用で”Marriott Bonvoyポイント”が貯まります。

一般カード プレミアムカード
Marriott Bonvoy参加ホテルでの利用
100円で4ポイント
(還元率:1.33%)
100円で6ポイント
(還元率:2%)
日々の利用
100円で2ポイント
(還元率:0.66%)
100円で3ポイント
(還元率:1%)

ポイント還元率はプレミアムカードの方が高いです。

貯まったMarriott Bonvoyポイントは、世界中のマリオットボンヴォイ参加ホテルで無料宿泊するのに使えます。

ですが、ANAやJALなどのマイルに交換するのも人気です。

  • 基本的な交換レートは3,000Marriott Bonvoyポイント=1,000マイル(3:1)

※航空会社によって異なる

一気に交換すると追加でマイルがもらえる

60,000Marriott Bonvoyポイント単位で一気に交換すると5,000マイルが追加でもらえます!

60,000ポイント=25,000マイルで交換できるので、還元率は…

  • 一般カード:0.83%
  • プレミアムカード:1.25%

となり、プレミアムカードはマイルカードとしても高還元率になります。

ホテル優待

マリオットボンヴォイに登録されているホテルで優待や割引を受けられます。

マリオットボンヴォイとは
  • 世界最大のホテルグループ”マリオットインターナショナル”の会員プログラム
  • 入会費・年会費は無料で、誰でも登録できます

簡単に言うと、Marriott Bonvoyアメックスを持っていれば会員プログラムでより豪華な特典を受けやすくなる、というわけですね。

では、ひとつひとつ見ていきましょう!

会員資格

マリオットボンヴォイの会員資格は本来、ホテルへの宿泊数によって決まり、特典がグレードアップしていく仕組みです。

会員資格の種類は全部で6種類!

  獲得条件
会員 入会するだけで獲得できる
シルバーエリート 年間10泊の滞在
ゴールドエリート 年間25泊の滞在
プラチナエリート 年間50泊の滞在
チタンエリート 年間75泊の滞在
アンバサダーエリート 年間100泊の滞在+US$14,000の利用

Marriott Bonvoyアメックスを持っていると宿泊数に関わらず、自動的に会員資格を得られます。

条件付きでさらに上位の会員資格を目指すこともできます。

一般カード プレミアムカード
自動で付与される会員資格
シルバーエリート

ゴールドエリート

年間利用額で獲得できる会員資格
年100万円利用でゴールドエリート

年400万利用でプラチナエリート

実は、シルバーエリートまではレイトチェックアウトくらいしかまともな特典がつきません。

注目すべきはゴールドエリート以上!プラチナエリートではさらに豪華な特典を受けられます!

  シルバーエリート ゴールドエリート プラチナエリート
ボーナスポイント 10% 25% 50%
部屋のアップグレード ×
(スイート含む)
レイトチェックアウト 午後2時まで 午後2時まで 午後4時まで
ウェルカムギフト ×
(無料朝食含む)
無料のWi-Fi
会員限定料金
部屋のアップグレードやレイトチェックアウトは、空室状況にもよります。

年間400万円利用の壁は厳しいですが、プレミアムカードならプラチナエリートを目指せるのは嬉しいですね。

宿泊実績がもらえる

  • 宿泊実績とは、会員資格を獲得するのに必要なホテルへの宿泊数のこと

  • カード入会時と継続時に毎年宿泊実績がプレゼントされる

つまり、カード利用額とは別ルートで上位の会員資格を目指せる、というわけです。

一般カード プレミアムカード
5泊分 15泊分

一般カードなら5泊分、プレミアムカードなら15泊分、ホテルに泊まったことにしてくれるので、だいぶ下駄を履かせてもらえますよ!

ホテルに毎年1泊無料で泊まれる

  • マリオットボンヴォイ参加ホテルで使える無料宿泊特典がもらえる

無料で泊まれるホテルは、1泊1室あたりMarriott Bonvoyポイントとの交換レートに制限があります。

一般カード プレミアムカード
1泊35,000Marriott Bonvoyポイントまで 1泊50,000Marriott Bonvoyポイントまで
例:”アフロト東京銀座””コートヤード・マリオット銀座東部ホテル”などの一般客室

例:“ウェスティンホテル東京”や”東京マリオットホテル”などの一般客室

条件として年会費の支払い&年間150万円以上のカード利用が必要ですが、それでも無料で高級ホテルに泊まれるのは魅力的!

プロパティクレジット

一般カード プレミアムカード
もらえる もらえる
  • 国内外の「ザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」にて2連泊以上予約
  • Marriott Bonvoyウェブサイトまたはカスタマーセンターから「100⽶ドルのプロパティクレジット」付きのプランで予約

上記の場合、どちらのカードでも100⽶ドルのプロパティクレジットがもらえます10,000円相当分(1⽶ドル=100円換算の場合)。

  • プロパティクレジットはホテル内のレストランやスパなどの決済で使える
  • チェックアウト時に室料以外のホテル利用分に自動適用

旅行傷害保険や補償

  一般カード プレミアムカード
 
海外旅行傷害保険 最高3,000万円 1億円(自動付帯:5,000万円)
国内旅行傷害保険 最高2,000万円 最高5000万円
ショッピング・プロテクション 年間200まで 年間500万円まで
オンラインプロテクション あり
キャンセル・プロテクション 年間10万円まで
リターン・プロテクション 1商品最高3万円相当まで
スマートフォン・プロテクション 修理代金を最大3万円まで

※2022年2年25日時点

当たり前ですがプレミアムカードの方が補償が手厚いです。

一般カードは年会費の割りに補償がかなりショボいです…。

空港ラウンジサービス

一般カード プレミアムカード
無料で利用できる
空港ラウンジとは
  • 空港ラウンジは簡単に言うと”有料の特別な待合室”
  • 飛行機の出発を待つ間に利用できます

Marriott Bonvoyアメックスを持っていれば、国内28ヵ所、海外1ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できます。

同伴者1名も無料で使えますよ

手荷物無料宅配サービス

一般カード プレミアムカード
成⽥国際空港、 中部国際空港、関⻄国際空港 羽田空港、成⽥国際空港、 中部国際空港、関⻄国際空港
手荷物宅配サービスとは
  • スーツケースやお土産の袋などの荷物を自宅へ配送してくれるサービスです。
  • 帰国時、空港から⾃宅まで1人スーツケース1個配送が無料になります。

どちらのカードにも付帯するサービスですが、対象となる空港がプレミアムカードの方が多いです。

2枚のMarriott Bonvoyアメックスを同時に持つ意味はあるのか

ないです。プレミアムカードが一般カードの完全上位互換。

一般カードは年会費の割りに性能が低いので、ホテル優待特化のカードが欲しいならプレミアムカードがおすすめです。

ですが…

  • プラチナエリート会員資格を目指している、すでに保有している方
  • 年間400万円以上のカード決済が見込める方

上記2点に当てはまる人でないと旨味が少ないです。

プレミアムカードは全体的に見て、お金をあまり使わない人にとっては微妙なカード、という評価です。

高額な年会費が許容できるのであればいいと思います。

もっとコスパ良くホテル優待が受けられるクレジットカードもある

ホテル優待を受けたいなら、クレディセゾンが発行する”セゾンプラチナビジネス”もおすすめ。

プラチナランクの法人向けカードですが、招待不要で誰でも作れるホテル優待が豊富なカードなんです!

例えば…
  • 高級ホテルで割引が受けられるTablet Hotelsの年会費9,900円がずっと無料
  • 一休.comの上級会員「ダイヤモンド」に一瞬でなれる
  • 貯まったポイントを使ってホテルオークラの上級会員になれる
  • 高級温泉旅館「星野リゾート界」で10%割引になる

などなど、Marriott Bonvoyアメックスプレミアムカードと同じくホテル優待が盛りだくさん!

→筆者が以前、Tablet Hotelsを使ってパークハイアット東京に宿泊した時は37,262‬円分お得になりました!

しかも、年会費は年間200万円以上利用すれば11,000円(税込)になるのでMarriott Bonvoyアメックスプレミアムカードの4分の1以下。

圧倒的に安い!

さらには…

  • ポイント還元率最大1.25%
  • コンシェルジュサービスが利用できる
  • プライオリティ・パスが無料で作れる
  • ふるさと納税で10%還元(上限5万円還元/年間)

と、ホテル優待以外の性能も文句なしで高いです。

Marriott Bonvoyアメックスプレミアムカードよりもコスパの良い、ホテル優待が豊富なカードとなります。

しかもセゾンプラチナビジネスでは現在、初年度年会費無料の入会キャンペーンを開催中!

入会するなら今が圧倒的にお得です。

コンパクトなホテル系クレジットカード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
23,100円(税込) 23,100円(税込) 0.7% Marriott Bonvoyポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
- - 2年間 無料
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
200万円 (利用付帯)3,000万円
最大の入会キャンペーン金額
6,333円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2022年7月1日時点
公式サイト(紹介)
  1. ※紹介URLに関してはFacebook、Twitterなどで見つけられます。
  2. 入会後3ヵ月以内に30万円以上のカード利用で19,000ポイントプレゼント
6,333円相当
公式サイト
  1. 入会後3ヵ月以内に30万円のカード利用で16,000ポイントプレゼント
5,333円相当
モッピー経由
  1. 入会後3ヵ月以内に30万円のカード利用で16,000ポイントプレゼント
  2. 1,000円相当のモッピーのポイント
6,333円相当
最高峰のホテルステイを叶える旅好き必見カード
国際ブランド
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
49,500円(税込) 49,500円(税込) 1%~2% Marriott Bonvoyポイント
発行スピード 限度額 ポイント有効期限 ETC年会費
- - 2年間 無料
ショッピング保険 海外旅行保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約
500万円 (自動付帯)5,000万円 (自動付帯)200万円
最大の入会キャンペーン金額
15,000円相当プレゼント
入会キャンペーンの比較
2022年7月1日時点
公式サイト(紹介)
  1. ※紹介URLに関してはFacebook、Twitterなどで見つけられます。
  2. 入会後3ヵ月以内に30万円以上利用で合計45,000ポイント
15,000円相当
公式サイト
  1. 入会後3ヵ月以内に30万円以上利用で合計39,000ポイント
13,000円相当
モッピー経由
  1. 入会後6ヵ月以内に150万円以上利用で合計39,000ポイント
  2. 2,000円相当のモッピーのポイント
15,000円相当

関連記事一覧

TOP