クレジットカードを郵便局で受け取る方法!自宅以外でも受け取れる

クレジットカードの受取は基本的に郵送で行われますが、日中自宅で受け取るのが難しい方も多いですよね。

実は一定の条件を満たせば、郵送されるクレジットカードを自宅以外で受け取ることができるんですよ!

クレジッドカードを自宅以外で受け取る方法

  • 本人限定受取郵便での郵送に限り、郵便局で受け取ることができる

本人限定受取郵便なら自宅以外でクレジットカードを受け取れるかというと、受取方法を個人で選ぶことができるからです。

本人限定受取郵便とは

本人限定受取郵便(別名:特定事項伝達型)とも呼ばれ、受け取り時に受取人本人が所定の本人確認書類を提示することで郵便物を受け取ることができる、という郵便サービスのことです。

特徴
  • 受取人本人しか受け取れない
  • 所定の本人確認書類の提示が必要

親族や同居している家族であっても代理受取はできない決まりになっています。配達時に本人が在宅していなければ、不在扱いとなり再配達されます。

2020年4月1日に法改正あり

2020年4月1日に「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則」の一部改正が予定されています。

  • それに伴い、受取に必要な本人確認書類が顔写真が貼りつけられているものに限定されることとなりました。

つまり、健康保険証など顔写真のない身分証明書は、本人限定受取郵便を受け取るための本人確認書類として利用できなくなることになります。

本人限定受取郵便で本人確認書類として使えるもの

  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る)
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(個人番号カードとみなされる写真付き住民基本台帳カードを含む)
  • 官公庁がその職員に対して発行した身分証明書で写真付きのもの
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)
一般人が所有しやすいのは運転免許証か個人番号カードになりそうですね。

本人限定受取郵便は受取方法2通り

本人限定受取郵便でのクレジットカードの受取方法は2通り。

  1. 郵便局まで取りに行く
  2. 自宅に配達してもらう

クレジットカードが郵便局に到着すると到着通知書というお知らせが届くので、その後受取人本人が受取方法を選ぶことになります。

郵便局でクレジットカードを受け取る手順

必要な持ち物
  • 顔写真つきの本人確認書類
  • 印鑑(サイン可)
  • 到着通知書
窓口で受け取る場合、到着通知書を提示しないと郵便物を受け取れません。

クレジットカードが郵便局に到着すると、まず「到着通知書」と呼ばれる書類がカード申し込み時に登録した住所に送られてきます。

  1. 届いた到着通知書を持ってを郵便窓口(ゆうゆう窓口)へ行く
  2. 本人確認書類を提示する
  3. 本人確認が完了すれば郵便物を受け取れる

本人確認書類はコピーを控えられますが業務上必要ない部分は目隠ししてくれるので安心です。

注意点としては郵便局での保管期間が10日間と短いこと。保管期限内の受取を済ませる必要があります。

まとめ

  • 現時点で、本人限定受取郵便の他に自宅以外でクレジットカードを受け取る方法はありません。

クレジットカードの郵送には本人限定受取郵便以外にも、簡易書留などのサービスが利用されるケースがありますが、自宅以外で受け取りはできません。

クレジットカードを郵便局で受け取りたい人は、申し込みたいクレジットカードの配送方法を確認することをおすすめします。

ちなみに、セゾンカードの場合だとネット申し込みの場合ほぼほぼ本人限定受取郵便を利用されます(インフォメーションに確認済)。