本人限定受取郵便とは?クレジットカードが届くときの受け取り方法

クレジットカードは、店頭で申し込んですぐに受け取れるパターンもありますが、受取方法は郵送が基本です。

郵送での受け取りは、カードによって簡易書留、本人限定受取郵便などいくつか方法がありますが、特に本人限定受取郵便には厳格な決まりがあるので注意が必要です。

本人限定受取郵便とは

本人限定受取郵便(別名:特定事項伝達型)とも呼ばれ、受け取り時に受取人本人が所定の本人確認書類を提示することで郵便物を受け取ることができる、という郵便サービスのことです。

特徴
  • 受取人本人しか受け取れない
  • 所定の本人確認書類の提示が必要

親族や同居している家族であっても代理受取はできない決まりになっています。

2020年4月1日に法改正あり

2020年4月1日に「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則」の一部改正が予定されています。

  • それに伴い、受取に必要な本人確認書類が顔写真が貼りつけられているものに限定されることとなりました。

つまり、健康保険証など顔写真のない身分証明書は、本人限定受取郵便を受け取るための本人確認書類として利用できなくなることになります。

本人限定受取郵便で本人確認書類として使えるもの

  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る)
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(個人番号カードとみなされる写真付き住民基本台帳カードを含む)
  • 官公庁がその職員に対して発行した身分証明書で写真付きのもの
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)
一般人が所有しやすいのは運転免許証か個人番号カードになりそうですね。

本人限定受取郵便でクレジットカードを受け取るには

注意点
  • 受取には必ず、日本郵便の指定する本人確認書類が必要
  • 郵便局での保管期間は10日間。保管期限内の受取が必要

クレジットカードが郵便局に到着すると、まず「到着通知書」と呼ばれる書類がカード申し込み時に登録した住所に送られてきます。

電話連絡がある場合も。

その後、自宅にカードを配達してもらうか、郵便局で直接受け取るかを選ぶことができます。

どちらの場合でも本人確認書類は必要になるので、用意しておくこと。

受取に必要な持ち物
  • 本人確認書類
  • 印鑑(サイン可)
  • 到着通知書または不在配達通知書(郵便局で受け取る場合)

持ち物はこれだけですが、申し込み時に登録した内容と本人確認書類の内容が異なると郵便物を受け取れません。

例えば昔住んでた住所しか記載されていない本人確認書類の場合、カードを受け取ることができません。

自宅へ配達してもらう場合

自宅への配達を希望する場合は、到着通知書に記載されている郵便局へ配達希望日、時間帯をご連絡することになります。

連絡した日時に配達員が来るので、本人確認書類をを提示しましょう。

本人確認書類の記号番号などが控えられますが、拒否すると郵便物を受け取れないので止めたりしないように。

本人確認が完了すれば郵便物を受け取れます!

郵便局で受け取る場合

  • 到着通知書または不在配達通知書を郵便窓口(ゆうゆう窓口)へ持っていく
窓口で受け取る場合、到着通知書または不在配達通知書を提示しないと郵便物を受け取れません。

本人確認書類を提示すると、コピーを控えられますが業務上必要ない部分は目隠ししてくれるので安心です。

本人確認が完了すれば郵便物を受け取れます。

※ゆうゆう窓口は取り扱いのない郵便局もあるので、到着通知書に記載のある郵便局へ確認すること。

Pocket