クレジットカードの受け取りで写真つきの本人確認書類がない時はどうすればいい?

クレジットカードの受取には、運転免許証やマイナンバーカードといった顔写真つきの身分証明書(=本人確認書類)が必要なケースがあります。

ではもし顔写真つきの本人確認書類を持っていない場合は、どのようにクレジットカードを受け取ればいいのでしょうか。

顔写真つきの本人確認書類がなくてもクレジットカードは作れる

  • クレジットカードを作ること自体は可能

受取時に顔写真つきの本人確認書類が必要になるかどうかは、クレジットカード受取方法によって異なります。

なので、顔写真つきの本人確認書類を必要としない受取方法なら、カードを作ることも受け取ることも可能です。

クレジットカードの受取方法は大きく分けて2通り
  • 店頭での手渡し
  • 自宅に郵送

この内、顔写真つきの本人確認書類が必要になるのは、本人限定受取郵便でクレジットカードが郵送される場合に限られます。

本人限定受取郵便とは

本人限定受取郵便(別名:特定事項伝達型)とも呼ばれ、受け取り時に受取人本人が所定の本人確認書類を提示することで郵便物を受け取ることができる、という郵便サービスのことです。

特徴
  • 受取人本人しか受け取れない
  • 所定の本人確認書類の提示が必要

親族や同居している家族であっても代理受取はできない決まりになっています。配達時に本人が在宅していなければ、不在扱いとなり再配達されます。

2020年4月1日に法改正あり

2020年4月1日に「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則」の一部改正が予定されています。

  • それに伴い、受取に必要な本人確認書類が顔写真が貼りつけられているものに限定されることとなりました。

つまり、健康保険証など顔写真のない身分証明書は、本人限定受取郵便を受け取るための本人確認書類として利用できなくなることになります。

本人限定受取郵便で本人確認書類として使えるもの

  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る)
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(個人番号カードとみなされる写真付き住民基本台帳カードを含む)
  • 官公庁がその職員に対して発行した身分証明書で写真付きのもの
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)
一般人が所有しやすいのは運転免許証か個人番号カードになりそうですね。

本人限定受取郵便でクレジットカードが送られてきたにも関わらず、顔写真つきの本人確認書類が提示できない場合は、クレジットカードが発行はできても受取ができない、という事態に陥ります。

本人限定受取郵便にはカードに申し込んだ本人が本当にその住所に住んでいるか確認する意味もあるため、本人確認が厳しいんですよね。

受取方法はどうやって決まるのか

ではクレジットカードの受取方法はどのように決定されるのでしょうか。

詳しい基準はクレジットカード会社ごとに異なりますが、セゾンカードの場合だとこうなっています。

  • ネットから申し込みした場合は本人限定受取郵便で郵送(=顔写真つきの本人確認書類が必要)
実際にインフォメーションに問い合わせて確認しています。

インターネットから申し込みをした場合はほぼ100%の確率で本人限定受取郵便で送られてくるようになっている、とのことでした。

逆に、店頭か郵送で申し込みをすれば本人限定受取郵便では送られてきません。店頭で直接カードを渡されるか、もしくは簡易書留と送られてきます。

※上記はセゾンカードの場合です。自分が作りたいと思っているカード会社のインフォメーションに問い合わせるのが一番確実です。

クレジットカードの申し込みはネットからがおすすめ

カウンターや郵送でクレジットカードに申し込むよりも、これを機に顔写真つきの本人確認書類を早めに作った方が便利です。

近年ではクレジットカードの申し込みもインターネットが主流なので、それ以外の方法だと手間や時間がかかってしまいます。

例えばこんなデメリットがある
  • カウンターの数自体が少ない
  • 紙の申し込み書を手に入れる手段が少ない
  • 書類が手書きなので間違えると一から書き直し
  • クレジットカードが手元に届くまで時間がかかる

クレジットカードの申し込みに限らず、銀行口座の開設やイベントやライブのチケットで本人確認が必要な場合も、顔写真つきの本人確認書類が1枚あれば楽に済ませられます。

マイナンバーカードなら誰でもつくれる

顔写真つきの本人確認書類として代表的なものは運転免許証やパスポートなどがありますが、どれも取得に高額な費用がかかります。

今後取得する予定もないのに、身分証明書のためだけに発行するのは気が引けますよね。
  • そんな人には、顔写真つきの身分証明書としてマイナンバーカードがおすすめ

マイナンバーカードは、住民票を持つ全ての国民が任意で発行することができる公的な顔写真つきの身分証明書です。

取得までに1ヵ月かかるというデメリットはあるのものの、インターネットでも郵送でも簡単に申請できるという強みがあります。

マイナンバーカードは身分証明書としてだけではなく、行政の手続きをオンラインで済ませられたり、コンビニなどで証明書の印刷ができたり、便利な機能が搭載されています。

2020年9月からは、キャッシュレス決済サービスの利用で最大25%のポイント還元がされるキャンペーンも開催予定なので、これを機に発行してしまうことをおすすめします。