クレジットカードの支払い方法と種類!メリットやデメリットをわかりやすく解説してみました

「一括払い」以外を使ったことはありますか?

クレジットカードを使うと、ほとんどの場合レジで「一括でよろしいですか?」と聞かれます。

500円以下の買物でも聞いてくる店員さんに10回払いでとか言ってみたい欲求は置いといて、一括払い以外の支払い方法を日常的に使ってる人がどれくらいいるのか気になります。

クレジットカードの支払い方法

クレジットカードには様々な支払い方法があるので、それぞれの特長を知って上手に活用すればお金の管理がしやすいです!

支払い方法 内容
一括払い 指定の支払日に、一か月分をまとめて支払う方法
二回払い 指定の支払日とその翌々月の支払日の二回にわけて支払う方法
分割払い 使った分を、何回かにわけて支払う方法
ボーナス一括払い ボーナス月にまとめて支払う方法
リボ払い どれだけ使っても支払い額は定額になる方法

現金ではできない便利な方法だから、しっかり理解してうまく利用していきたいですね~

常に現金で生活していると、急な出費が続いたときに家賃などのまとまった支払いが負担になる月もでてきますよね?

こんな時に役に立つのが月の支払金額の負担を軽減してくれる、クレジットカードの様々な支払い方法です。

特に最近は、利用後でも支払い方法を変えられるので、自分の状況にピッタリの方法を選んでいきたいところ。

支払い方法の種類とメリット・デメリット

クレジットカードの支払い方法一覧
名称 支払い方法 メリット デメリット
一括払い 翌月支払い日に支払う ・手数料がかからない
・加盟店全店舗で使える
・急な出費での負担が大きい
・限度額を超えると買物できない
二回払い 翌月と翌々月支払日の2回に分けての支払う ・支払いまでの期間が長くなる
・手数料がかからない
・支払いが遅れたら損害金発生
・利用できない店舗がある
分割払い 希望の回数に均等分割して毎月支払う ・支払い完了までの期間が長い
・計画的に支払える
・手数料が発生する
・分割払いの利用可能額がある
・利用できない店舗がある
・支払回数はカード会社で違う
ボーナス払い(1回or2回) 夏又は冬のボーナス月にまとめて支払う。 ・急な出費の時期をずらせる ・ボーナス金額が安定しないと不安
・支払いが遅れたら損害金発生
・利用できない店舗がある
リボ払い 利用金額にかかわらず、あらかじめ決めた一定金額を分割して毎月支払う ・毎月の支出を計画的にできる
・変更が適時可能
×手数料が発生する
×少し複雑で知識が必要
×利用できない店舗がある

クレジットカード会社によっては、利用後から一定期間、支払い方法を変えるサービスを行っています。

「店舗では言いにくい…」「後から急な出費が発生した」そんな時は、利用後に支払い方法を変えてみましょう。

もっと詳しく支払いサイクルについて図解

具体的な支払いサイクルや例、詳しい解説については下記のページにまとめてあります↓関連記事:今さら聞けない!分割やリボ払いなどのクレジットカードの支払い方法知識