クレジットカードのポイント還元って何?初心者向けに解説してもらいました

そもそもポイント還元ってどういう意味なの?

クレジットカードで商品を購入したときに、直接値引きをするのではなく、ポイントを付与することを「ポイント還元」といいます。

そのポイントを次回のお買物時に使って商品を安く手に入れる、という仕組み。

商品購入時にポイント付与→ポイント還元
商品購入時に直接値引き→●●%OFF

といった具合です。

使った分が返ってくるわけじゃないけど、“商品券にも交換できる”というのがミソですね。

“実質、お金が少し返ってくるようなもの”と言えるけどね!

ポイント還元率の相場はどのくらい?

0.5~1.0%程度が普通だけど、もっと多いものもあるよね?でも一般的な相場はこれくらいかなあ。

ん~そうですね。ポイント還元率が2%以上のカードを見かけたら、「お、高還元率!」と思っていいと思いますよ!

実際もらえるポイントは、還元率より多くなる?

さてさて、ここでちょっとしたナゾナゾがあります。
Q.「ポイント還元率1%のカードで、年間100万円のお買い物をしたら、何ポイントたまるでしょう?」

100万円の1%だから、1万ポイントじゃないの?

ぶっぶー。計算はカンペキだけど、現実はそんなに甘くないよ。

は…?

クレジットカードのポイントは、なんだかんだと増えるチャンスが多いです!

例えば、こんな感じです。

  • 「今月はお誕生月ですね!ポイント還元率アップしちゃいます!」
  • 「期間限定、会員限定のポイントアップセールやりますよ!」
  • 「ネットショップでお買い物してくれたら、ポイント10倍あげちゃうよ!」
  • 「付き合って、今日で1年だね…記念日だし、ポイントあげるね!」

実際は、還元率以上にポイントをもらえるチャンスがたくさんあるから正解は…「ポイント還元率1%のカードで、年間100万円のお買い物をしたら、1万ポイント以上貯まる」でしたー。

…。

ポイント還元率1.0%とか、意味あるの?

クレカに慣れてない人からすると、「え?たったのそれだけ?意味あるの?」…と、思うかもしれないですね。

実際に使ってみると、かなりのポイントになるんだけどね。

たとえば、年間100万円、クレジットカードを使ったとします。(1pt=1円換算)

≪年間100万円使った場合のポイント還元≫
還元率0.5% … 5,000ポイント(100万円使ったら5,000円返ってくる)
還元率1.0% … 10,000ポイント(100万円使ったら10,000円返ってくる)
還元率1.5% … 15,000ポイント(100万円使ったら15,000円返ってくる)

実際には、これに加えてボーナスポイントやポイントアップキャンぺーン等で、さらに+5000ポイントぐらいは期待して良さそうですね。

そうそう。特に何も節約せず【ただクレジットカードで支払いをするだけ】で、これだけのお金が浮くからイイよね!

クレジットカードを使うことで「得をする」というのは間違いなさそうですね。

年間でいくら支払ってるのかよくよく考えてみて

そろそろ、「そんなに金使わないよ…」という訴えがあっても良い頃合かも。

でも、食費、交際費、公共料金や保険、税金、家賃の支払いって、年間で考えたら結構な金額じゃないですか?

うーん確かに。私もなんだかんだ携帯代だけでも年間10万以上使ってるかも。

こうした出費も、今はほとんどがクレジット払いに対応しています。

そうすると、1年に使うお金の8割~9割ぐらいは、クレジット払いにできるハズです!

金額が大きいものこそクレジットカードで買うべき

クレジットカードは基本的に後払いなので、例えば給料が1週間後で現金が無くて買えないといった事態を防ぐことができます。

他にも、例えばこんなものはどうでしょうか。

  • パソコン、マシンなど
  • 家具など
  • 結婚指輪・婚約指輪・ハネムーン関係など
  • バイクや乗り物など
  • ピアノやギターなど

ニコニコ現金払いしている人は、さすがにそんなに多くはなさそうですね。

というか現金でそんな高額持つの私怖くて無理だ!何よりそんな一気に用意できない…!

だからカードで払おうって話をしてるんじゃないですか。