セゾンアメックスカードの休暇村10%割引を利用してみた(写真43枚)

更新

志賀島

休暇村 志賀島に行ってきました!

福岡県、志賀島にある「休暇村」に行ってきました。

景色

海に囲まれた島、当日は少し霧っぽいこともあり見た目はちょっと謎の洋館ぽかったですが綺麗な朝日や海、温泉を堪能することができました。

休暇村(きゅうかむら)とは

日本国立・国定に指定された公園の中でも特に景色の良い場所や環境の良いところに設置されているのが特徴である「休暇村」。全国に37施設あります。

スキー、テニス、海水浴、オリエンテーリングなどのスポーツや自然歩道の散策をしたり、企業の合宿や研修をしたりするのに利用されている、いわゆる"リゾート地"として有名です。

休暇村のオススメポイント

休暇村はいいぞ!!

  • リーズナブルに宿泊できる
  • 食事がひたすら美味しい
  • 景色がとんでもなく良いし、空気も美味しい(ただし夜は真っ暗)
  • ハイシーズンでなければそこまで混雑してない、まったりな雰囲気
  • 和室の雰囲気は最高!オーソドックスな古き良き日本のスタイル

とにかくゆる~い感じがクセになる休暇村です。

かなり辺境の地にあるというか、陸の孤島というか、ほぼ秘境レベルで市街地から離れてるので"本当に休暇したい"方にはマジでオススメ。

海の音か鳥のさえずりくらいしか聞こえません。ここではゆっくり時間が流れてる。

食事はバイキング形式…量が多く美味しい

とにかくバイキングの料理の種類が多い。

すごい品ぞろえ、通常の旅館の1.5倍~2倍はあるのではないでしょうか。

カニ玉

もちろん、新鮮で旬なご当地食材をふんだんに使った料理もある!

近くの海で採れたてピチピチの魚!

刺身

新鮮な野菜のサラダ!

サラダ

クリスマスコーナーなど季節物も積極的に取り入れていくスタイル。

クリスマスコーナー

蒸し野菜。ドレッシングは手作り柚子ポン酢。これは休暇村オリジナル。お土産コーナーでも購入できます。

蒸し野菜

浜汁

ちょっと予想の斜め上を行く「わかめロールケーキ」や、生米から釜で炊く「釜飯」などもありました。

デザート

スタッフに声をかけると火をつけてくれます。

釜鍋

今回は九州福岡ということで「ふぐ」料理を堪能してきました。ふぐはバイキングではなく一品物として出してもらう感じです。

てっさ(ふぐのお刺身)

てっさ

てっちり(ふぐのお鍋)

ふぐちり

ふぐの何か(みぞれの中に湯引きしたふぐの身、上に柚子の皮)普通にメチャクチャうまいです。

ふぐ料理

そしてバイキングにはなんと、ズワイガニも!写真ではあまり美味しそうではないですが美味しかったです。身が少し小さいのですが味は濃く、スカスカではありません。

ズワイガニ

季節野菜の天麩羅

天麩羅

米

そして博多はうどんも有名らしく、自分でサッと茹でるタイプのミニうどんも食べました。途中まで食べた後にカレーを入れるとカレーうどんになってうめえ。

うどん

バイキングの料理を組み合わせて新しい料理作るの楽しすぎ。

一度はなくなってしまった料理も、奥から「できたてですよー」の声ともに次々と運び込まれます。

飲み物はフリーのドリンクバー、または別料金でワイン、お酒も注文できます。

朝食もバイキングですが、朝なのにすごいボリューム

パン、ご飯、十穀米はもちろん、おかゆやパンケーキ等も用意されていてビックリ!

十穀米

パン

温泉タマゴもアルヨ

朝食バイキング

お茶漬けを作るコーナーがあり、明太子をはじめとする材料を入れてつくるホカホカ茶漬けは温まる…

朝食バイキング

また、湯豆腐や温野菜しゃぶしゃぶなど冬には嬉しい食事もたくさん用意されていました。

湯豆腐

サラダ

個人的には手作りさつま揚げがかなり美味しかった。

朝食バイキング

明太子ももちろんあります。白飯で食うもよし、お茶漬けにしてもよし。

明太子

筑前煮と出汁巻タマゴ、黒いのは海苔。

話朝食らしく、汐マスと鰺の開きも。

アジ

盛りあわせるとこんな感じで豪華!!

リラクゼーションも充実!

リゾートといえばリラクゼーションです。バリとかオイルとかアロマとかそういう単語を見ると楽しくなってきちゃいますよね。

今回休暇村志賀島にあるリラクゼーションサロン「MAURUURU(マウルール)」さんで、バリ式オイルトリートメント40分を体験してきました。

休暇村志賀島のマウルール

撮影は許可をもらいましたw

施術を受けるベッドは岩盤効果で温かく、暑がりの人は汗ダクになるかもwってくらいポカポカしてきます。

ベット

トリートメントの内容は、肩~首などのデコルテのオイルマッサージとフェイシャルエステでした。

癒された…!リゾートって感じです…!

お茶もいただきました。

本当は温泉にゆっくり浸かって身体を温めた後にマッサージ⇒寝るコンボが一番身体にはいいのですが予約の関係で無理でした。

島内唯一の天然温泉「金印の湯」

志賀島 温泉

外の露天風呂が天然温泉、大浴場のお湯は普通の水です。

【温泉名】休暇村志賀島温泉「金印の湯」
【泉質】ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩温泉
【効能】神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・きりきず・慢性消化器病・疾病・冷え性・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病など
☆毎月第3火曜日定休日

写真は公式サイトより。

休暇村の写真

紺碧の海や玄海灘。

景色

景色

施設内ロビー前。

ロビー

ロゴがかっこいいタオル。

休暇村のタオル

部屋で一息。

部屋の写真

お茶

クリスマス仕様の休暇村

入口にはサンタがお出迎え!ところどころにクリスマスの靴下など飾りづけがされています!

サンタ

ロビーには2.5mはある巨大なクリスマスツリーがあります。スタッフ総動員で飾り付けしたのでしょうか。

クリスマスツリー

ロビーと一緒にパチリ。

ロビーとツリー

休暇村をおすすめする理由まとめ

通常の宿泊リゾートより安い

休暇村の良い点としては普通の旅館より安いところ。それでいて食事はお値段以上。もちろん天然温泉もあります。

休暇村というリゾート地自体が結構マイナーなので混むところに行くのはいやだーって人にもオススメです。

送迎バスもあるので移動は楽々です。

全国に37施設ある休暇村の宿泊代が、さらに10%OFFになるセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの利用がおすすめ

宿泊費が最安に設定されている公式サイトの宿泊料金から、さらに10%OFFになります!

10年近くいろんなクレジットカードの割引優待を見てきたクレコレの中の人も公式サイト掲載の最安の宿泊費をベースに割引される特典は見たことがありませんでした。つまり、とにかく奇跡のような特典ということになります。

ふぐの限定プランは13,910円~と少し高めですが、ふぐなしの通常のバイキングのみのプランなら10,000円から宿泊できます。正直ふぐなしでも十分満足できる内容でした。

が10%OFFになるセゾンアメックス

休暇村の割引サービスの使い方は簡単

公式サイトで宿泊予約する際にご要望欄があるので、そこに「セゾンアメックスカードの特典を利用したい」と記載して予約するだけ!後は念のため休暇村のチェックイン時にセゾンカードの特典で来ましたと伝えておけば完璧です。

※宿泊予約フォームのSTEP2にご要望欄があります。

休暇村予約フォームの備考欄

JALの新サービス「どこでもマイル」とセットで利用がおすすめ

今回旅して思ったのは、この休暇村リゾート宿泊とJALの新サービス「どこかにマイル」はかなり親和性が高いということです。

往復6,000円で日本のどこかに×日本全国の国立公園にそびえ立つ休暇村リゾート…どちらもセゾンカードならお得に利用できます。

「どこかにマイル」について詳しく知りたい方は、下記記事を参照してください。

JALの「どこかにマイル」とは?往復6000マイルで日本のどこかにいける国内線特典航空券と交換できる!

JALの「どこかにマイル」とは?往復6000マイルで日本のどこかにいける国内線特典航空券と交換できる!

JALの「どこかにマイル」とは。往復6000マイルで日本のどこかにいける国内線特典航空券と交換できるサービスの使い方の解説。1マイルが4円相当になってすごくお得です!

2017年4月11日更新

  • 
AMEXの「醍醐寺 桜の夜間特別拝観イベント」参加レポート
  • サンシャイン水族館の割引と楽しみ方を紹介!
  • Apple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカード比較
  • LINE Payカードは常に2%還元
  • アメリカンエキスプレスと巡る秋の京都旅!旅行時のカードの活用方法を紹介します
  • アメリカンエキスプレスカード会員限定イベント「さかいゆう」プレミアムライブに参加してきました!

フォローして共有する

  • facebook
  • hatena
  • RSS

マンガでわかるクレジットカード

タイプ別のカードの選び方

利用者別のカードの選び方

利用者別のカードの選び方

  • VISA世界最大のシェアを誇り、発行枚数第1位の国際ブランド
  • マスターカード発行枚数第2位の国際ブランドで、VISAよりもヨーロッパ方面に強い
  • JCB国内の加盟店数において最大シェアを誇る、日本唯一の国際ブランド
  • アメリカン・エキスプレス日本で初めてゴールドカードを発行し、顧客満足の高いサービスを提供する国際ブランド

記事ランキング