クレジットカード解約は慎重に!カードの再入会が意外と難しい3つの理由

解約後に後悔しないための、
「再入会が難しい3つの理由」をチェック!

クレジットカードを持ってみたものの「自分にイマイチあわないなぁ~」なんて思いから、気軽に解約→解約直後に後悔して、再入会する人って結構多いらしいんですね。

解約したクレジットカードなら「再入会は簡単でしょ」って思っちゃうところですが、実は再入会は解約ほど簡単ではないため、じっくり考えてから解約した方が良いということを今回は書いてみたいと思います!

【1】再入会でも新規入会と同じ審査がある

「1回審査したしもう審査しなくていいんじゃないの!?」と思うかもしれませんが、クレジットカードの再入会には、新規入会と同じように審査があります。

そのため、解約したカードとはいえ、すぐに再入会はできませんし、審査が通らず再入会できないこともあります。

クレジットカードは、個人を信用して後払いを可能にするという性質上、以前審査した時より「あなたの信用力」が落ちている場合は、審査が通りにくくなる場合があります。

なので、例えば半年ほどの期間の間でも

  • 支払いを延滞した
  • 規約違反があった
  • 消費者金融からの借入が増えた

このような出来事がある方は心配ですね…

【2】再入会ならでは審査があるカード会社も

再入会の場合、カード保有中の使い方が審査ポイントとして追加されます。

そのため、状況によっては新規入会より審査が通りにくくなる場合もあるかも…

例えば

  1. クレジットカードを一度も使ってない
  2. 解約を繰り返している

当たり前ですが、こんな場合はカード利用が見込めない人と判断され、審査が不利になります。

クレジットカード会社は、会員がカード支払いをした加盟店からの手数料で利益を得ています。

そのため、クレジットカード会社は、カードを多く利用して長くお付合いしてくれる「見込がある人」に魅力を感じるわけですねー

【3】再入会が絶対できないケ―ス

最後に、信用力があって解約したカードをしっかり利用していても、審査が通らず再入会ができないケースもあります。

クレジットカード会社では、再入会の申込み期間を設けている場合があります。

申込み期間は会社によって異なりますが、1年、半年、3ヶ月などの一定期間を過ぎていないと再入会ができません。

申込み期間は、事前に確認できるため、できれば解約前や審査前にクレジットカード会社に問合せしておきたいですね!