Apple PayでVISAブランドはSuicaへのチャージ不可で使えない!Amex、Master Card、JCBはOK

飛ばし読みをしたい方は大見出しの部分や赤文字のところだけを見てください。

Apple Pay(アップルペイ)でVISAは使い勝手が悪い

Apple Payサービスが開始され早いもので1週間が立ちました。

Apple PayではJCBとMasterCard、AmexがSuicaにチャージができるので便利です!

Visaカードは残念ながらApple Payを利用してのSuicaへのチャージができません。

ただしApplePayのWalletアプリとは別の「Suicaアプリ」を使ってクレジットカードからチャージをすることはできます。

Amex、Master Card、JCBはApple PayのWalletアプリ内でSuicaにチャージ可能です。

専門用語ばっかりで意味がわからないのかもしれないので、わかりやすく解説してみたいと思います。

VisaカードはApplePay Walletアプリに登録できるが、Web上でApplePayとしての支払いができない

結論から言いますと、ApplePayというお財布にVisaカードを入れることはできても、APP内やWeb上での支払いにそのVisaカードを使うことはできないということです。

※Visaカードのサービスが遅れているだけで、将来的には使えるようになるかもしれません。

以下ちょっと詳しい解説

まずApplePayを使うには、iphone7に初期状態でインストールされている「Wallet」アプリを利用することになります。

ApplePayは支払い機能の名前だと思われがちですが、お財布の名前です。

Twitterで見つけたこちらの呟きがとてもわかりやすい。

そしてApplePayというお財布でSuicaを使うには、Wallettアプリとは別にJR東に本からリリースされている「Suicaアプリ」が必要です。

「Suicaアプリ」はApplePayとは別物で独立したサービス、アプリです。

「Suicaアプリ」にSuicaを登録すれば、ApplePayを使ってSuicaにチャージができますがここで問題が発生します。そうです、Visaカードが使えないんです。

もう1つある「クレジットカード」というボタンから、一応でチャージができます。ただし事前にカード登録をする必要がある上、1枚しか登録できないので不便かも。

ApplePayで便利にSuicaを使うなら
JCBかMasterCardブランドのビューカードが便利

デポジット料金の500円が不要なので、今後さらにApplePayでSuicaを利用する人が増えると思いますが、Apple PayでSuica機能を十分に使うには「ビュー・カード」が必須になります。

その理由として、現在Suicaにオートチャージができるのが「ビュー・カード」のみだからです。

ApplePayならオートチャージの設定もアプリで簡単にできるので、今までよりオートチャージの普及率が上がりそうですね!

オートチャージ機能はあまり流行っていなかったように見えたので、嬉しい限りです。

iphone7で使えるおすすめのビューカードは年会費無料で維持できるビックカメラSuicaカードorお買物でお得なルミネカードです。

→ビックカメラSuicaカード

オートチャージが必要ない、Suicaはたまにしか使わないけどApplePayに入れておきたいくらいの方にはセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがオススメです。

→セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード

その他のApplePayに登録できるオススメのカードは以下に詳しくまとめてあります。

Apple Payについての関連記事はこちら

Apple Payの概要について詳しくは

お持ちのSuicaカードをiphone7に登録する方法

Apple Payの使い方・設定方法のまとめ

ApplePay開始キャンペーンまとめ