Apple Pay(アップルペイ)の使い方や設定方法のまとめ

2016年10月25日からApple Pay(アップルペイ)
日本でサービス開始!!

2016年10月25日からサービス「Apple Pay」が開始されました!

というわけでApple Pay使い方・設定方法などをまとめました。

Apple Payとは?

Apple Pay(アップルペイ)は、「おさいふケータイ」にとても似た仕組みで、自分が持っているクレジットカードをiphoneの端末に記憶しておき、電車やバスに乗ったり買物できる機能のことです!

自分が持っているクレジットカードやSuicaの情報を電子化した後、カード情報をおまとめして記憶してくれるサービスというとわかりやすい!

つまり、iPhone7本体を通常のクレジットカードと同様に使えるようになるというわけです!

Apple Pay(アップルペイ)のメリットなどもっと詳しく知りたい方はこちら↓

Apple Payの利用準備・Suicaの登録方法

Apple Payを利用するのに必要なもの

  • iPhone 7またはiPhone 7 PlusまたはApple Watch Series 2
  • Apple Payに対応するクレジットカード
  • Apple Payに対応する電子マネー

Apple PayにSuicaを登録する方法

先に結論を言わせてもらうと、元々持っていたSuicaを移行するよりiphone7内で新しくSuicaを発行してしまう方が早いですw(発行は無料)

その場合、元々持っていたカードタイプのSuicaの残高は頑張って使いきった後に、駅員さんのところに持っていってデポジットを返してもらいましょう。

Suicaをiphone7で新規発行する方法はこちら
今あるSuicaカードもしくは定期券付きSuicaどちらもiPhoneに移動させて簡単に登録する方法はこちら
Android・フィーチャーフォンで使っていたモバイルSuicaから
iphone7のApple payに移動する方法

①元々持っていたAndroid・フィーチャーフォンの「モバイルsuicaアプリ」から、機種変更の手続きを行う。(情報を一時的にセンターサーバに保存)

②iphone7のApp Storeで「Suicaアプリケーション」をダウンロードする。

③iPhone 7のApple PayにほかのSuicaが入っていない状態で、①でサーバーに預けたデータを受け取る

操作時は↓のような感じになってるので見ただけで簡単に操作できるはずですよ!

とはいえ…私もモバイルSuicaを使っていた時があったのですが、正直手順がめんどくさいので既存のモバイルSuicaは放棄して、iphone7で新しくSuica発行する方が明らかに早いです。

Apple Payにクレジットカードを登録するには?

Apple Payに追加したSuicaへのチャージ方法

チャージする方法は2通りあります。

  1. Suicaアプリでのチャージ方法
  2. Apple公式の財布アプリでのチャージする方法

Suicaアプリでのチャージ方法

Suicaアプリに登録したクレジットカード(Apple Pay非対応のカードでも登録可能)または、Apple payに登録したクレジットカードでチャージできます。

Apple公式の財布アプリでのチャージ方法

Apple payに登録したクレジットカードでチャージできます。

Apple Payの店舗での使い方

改札・電車での使い方

改札を通る

iphone7にSuicaを登録しておけば後は何もしなくていいです。

スリープ状態でもApple Payに登録したSuicaを利用できます。いつものようにタッチ&GOすれば改札を通れます。

モバイル特急券・Suicaを購入する方法

ネット上・店舗での使い方

通販サイト・ネットショッピングなどで使うとき

今まで通り、端末に保存されたクレジットカード情報でお支払い。

Apple Payに対応しているサイトならば「Apple Payで支払う」という黒いボタンが支払の選択肢として自動で出てきます。

そのボタンを押すとApple Payに登録したクレジットカードで支払いが完了します。

普通の店舗でお買物をするときに使うとき

iphone7に登録したクレジットカードは、電子マネーの「QUICPayまたはiD」として扱われます。

レジでApple Payを利用したい場合は「QUICPayで支払いたい」もしくは「iDで支払いたい」と言ってください。

自分のクレジットカードをApple Payに登録するとQUICPay扱いになるのかiD扱いになるのか簡単にわかる表を用意しました。

こんなところでも使えます

コンビニで手軽に決済!

タクシーから降りるとき。タクシーのアプリで事前決済も可能。

東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線の特急券やSuicaグリーン券も買えます。

Apple payと提携しているクレジットカード会社

クレジットカードのApple Pay対応状況

QUICPayとして使えるカード


iDとして使えるカード

AmericanExpress(提携カード)、JCBカード、au WLLET、oricoカード、クレディセゾン(セゾンカード・UCカード)、TS CUBICカード、VIEWカード、MUFGカード、セブンカード Mastercard、イオンカード、oricoカード、Softbankカード、dカード、三井住友カード

アップルペイに登録するクレジットカードは
どれがおすすめ?

みなさんは日常で電子マネーどれだけ決済しますか?よくよく考えたら土日に出かけるときの交通費1,000円と、平日に1度か2度程度…という方が多いのでは?

Apple Payで決済すればクレジットカードのポイントが貯まります!しかし、少額の利用だと当然ポイントが貯まりません。

少ないポイントだとギフト券などに交換できないままポイントの有効期限が来てポイントが消滅してしまうなんてことも。

なので、Apple Payに登録するなら年会費無料でポイントの有効期限がないクレジットカードがおすすめ!ポイントが消滅しないから、忘れていてもいつか絶対に交換できてお得なのです。

iPhoneやApple watchを落としてしまったら?

Apple Payを使えるようにしたiPhoneやApple Watchは、もはや財布を落としてしまったこととと同じこと!大ピンチです!

でも大丈夫。パソコンや他の端末から「iPhoneを探す」アプリで、登録してあるクレジットカード情報を一瞬で削除できます。

それでもよくわからない…という方に、

「Suica使えるのは便利だなあ、でもApple Payとか意味ゎかんなぃ。」という方におすすめしたいのがこちらの商品!

Highend berry iPhone7 手帳型 ケース 牛 本革 プレミアム レザー アイフォンケース ストラップ 付き ブラック

ケース側面に落下防止用ストラップホール付き。ケース内側にカード3枚収納&多用途ポケット付き。

手帳型のスマホケースでカードが入るタイプを使えば、ApplePayを使わなくてもスマホを持って改札を通過することができますよ!

カバーを閉じたままにすれば「Apple Payはじめたんだよね~便利だわー」とドヤっても相手にはわからないので大丈夫なはずです。

Pocket