iPhone7にSuicaを設定する方法とチャージでポイントを3倍貯める方法

iPhone7の機能「Apple Pay(アップルペイ)」にSuicaを設定しよう

iPhone 7とApple Watch Series 2なら、Apple Pay(アップルペイ)が利用できます。

手持ちのSuica、クレジットカードを、iPhoneに設定すれば、カードがかさばる財布を圧縮!

スマートに決済できること間違いなし!かっこいい!

Apple Pay(アップルペイ)を利用するのに必要なもの

  • iPhone 7またはiPhone 7 PlusまたはApple Watch Series 2
  • Apple Payに対応するクレジットカード
  • Apple Payに対応する電子マネーなど

Apple Pay(アップルペイ)でSuicaを設定する方法

これから紹介するSuicaの設定方法は3つあります。その中でもオススメなのはパターン1の方法です。

なぜなら、元々持っていたSuicaを移行するよりiphone7内で新しくSuicaを発行してしまう方が早いからです(発行は無料)

その場合、元々持っていたカードタイプのSuicaの残高は頑張って使いきった後に、駅員さんのところに持っていってデポジットを返してもらいましょう。

【パターン1】モバイルSuicaアプリを利用してSuicaを新規発行する

モバイルSuicaアプリを持っていない場合はこちらからインストールしてください。

【パターン2】お持ちのSuicaカードをiphone7に移行する

アプリを起動したら、をカードの上にiphoneをのせるだけ!
※センサーが端末の上部分にあるので画像の通りに配置してください。

【パターン3】Android・フィーチャーフォンで使っていたモバイルSuicaから iphone7のApple payに移動する方法

①元々持っていたAndroid・フィーチャーフォンの「モバイルsuicaアプリ」から、機種変更の手続きを行う。(情報を一時的にセンターサーバに保存)

②iphone7のApp Storeで「Suicaアプリケーション」をダウンロードする。

③iPhone 7のApple PayにほかのSuicaが入っていない状態で、①でサーバーに預けたデータを受け取る

SuicaをApple Pay(アップルペイ)に設定する方法 公式ビデオ

Apple Payの設定後の使い方

Apple Payに最初に登録したSuicaは特殊な設定「Expressカード」に自動設定されます。「Expressカード」に設定されているSuicaだけは指紋認証なしでタッチだけで決済できるようになります!

iPhoneに登録したクレジットカードで支払う場合は指紋認証をしたままタッチで支払い完了!

Suicaの残額がなくなりそう…にも対応

いままでモバイルSuicaでは、ログインして…銀行口座にアクセスして…パスワードを入れてとなかなか手間がかかり難しいものでした。

これからはiPhoneで簡単にSuicaにチャージできてしまう。3分あれば余裕です。Suica定期券の更新も簡単。

Apple Payにクレジットカードも登録できる!

Suicaはもちろん、同じようにiphoneにクレジットカードも登録できちゃう

iphoneをカード券面にかざすと番号を読み込めます。

iphoneの中にクレジットカードを取り込めば、サイフがすっきりすること間違いなし!

クレジットカードを登録して財布フリー

もちろんクレジットカードも登録できるから、都心ならiPhoneだけで出かけられるかも。

因みにiPhoneに設定したクレジットカードでの支払いは、「QUICPay」または「iD」として扱われるので、決済する際には、店員さんに「QUICPay払いで」または「iD払いで」と声をかけてくださいね!

iPhoneに表示される券面に「QUICPay」か「iD」かの表示がてるようになっています。

Suicaのチャージでポイントを3倍貯める方法

Suicaへのクレジットカードチャージでポイントを3倍(1.5%還元)貯まるカードがあることを知っていますか?

通常、Suicaに現金をチャージしてもポイントは貯まることはありませんが、ビュースイカカードを利用するとポイントが3倍(1.5%還元)貯まる!

Apple Payのチャージを利用すればクレジットカードのポイントが貯まってしまうんです!

Apple Payに登録するクレジットカードは
どれがおすすめ?

1年に電車どれくらい乗りますか?
1週間にお出かけなどで2,000円使うすると、1ヶ月で8,000円…1年で96,000円!

クレジットカードのポイントが貯まるなら、だいたい1%還元なので1年間に960円帰ってくる計算に!お昼御飯が1回たべられます!

そんな交通費をお得に節約する方法はこちらのページで紹介しています!↓

Apple Payについての関連記事はこちら

Apple Payとは

Apple Payの使い方・設定方法のまとめ

Pocket