ApplePayのトラブル特集!空港の保安検査場のバーコード読み取り機でApplePayが呼び出されてタッチ&ゴーができない不具合

iPhone7のApplePayでJAL搭乗用2次元バーコード(国内線)読み取り障害発生

JALの「タッチ&ゴー」でエラーに

JAL飛行機搭乗時に使う二次元バーコード、通称「タッチ&ゴー」のシステムですが、現在障害が発生しています。

予約の際に送られてくるバーコードの画面をiPhoneで表示させた後、バーコードリーダーにかざすとApplePayの画面に自動的に切り替わってしまうようです。

Apple Pay設定・登録済みのiPhone7/7Plus、Apple Watch Series 2をお持ちのお客さまが、QuiCナビおよび予約詳細画面で表示される搭乗用バーコードでタッチ&ゴーを行おうとすると、iOSの仕様により、表示されていたバーコード画面が自動的にApple Payに切り替わり、タッチ&ゴーができない事象が発生しております。
Walletへ登録した2次元バーコードは問題なく搭乗できるため、Walletをご利用いただきますようお願い申し上げます。

2016年10月28日-JAL公式サイト
https://www.jal.co.jp/info/dom/161028.html

ANAの2次元バーコード搭乗サービス
「スキップサービス」でもエラーに

Appleが提供するApple Payを設定・登録済みのiPhone7/7Plus、Apple Watch Series2にて2次元バーコードを表示し、空港保安検査場や搭乗口などに設置されたバーコードリーダーにかざすとiOSの仕様により、表示されていたバーコード画面が自動的にApple Payに切り替わり、スキップサービスをご利用いただけない事象が発生しております。

平成28年11月9日-全日本空輸株式会社
https://www.ana.co.jp/topics/notice161109/

たまたま飛行機に乗ったクレコレの中の人も
この読み取りエラートラブルに遭遇

JALで飛行機の予約をした後、バーコード(QRコード)がメールで送られてくるんですよね。

実際きたメールがこれ。

このメールがあれば、空港に着いた後「自動チェックイン機」にQRコードをかざすだけでチェックインが完了します。

長蛇の列に並ばずにすむので、バーコードで入場するタイプの航空券はかなり重宝するんですよね…

話を戻すと、そのバーコードを保安検査場でもう一度タッチする場面があるのですが…事件はそこで起こりますw

タッチ&ゴーのリーダーにスマホ画面のQRコードをかざすと勝手にApplePayが呼び出されて本来のURコードが読み込まれない、、、ていう。

空港の係の人も右往左往。進めないので保安検査場は長蛇の列に。空港でiPhoneをもってApplePayを使っている人は要注意です。

JAL&ANA共通の
2次元バーコード読み取り不具合対策方法

  1. バーコードが書かれた予約画面(eチケットお客様控)を印刷して持っていく
  2. JALカード、JMBカード、ICカードで行う
  3. 空港で紙の航空券を発券してもらう
  4. Walletへ2次元バーコードを登録

スマホ1つで完結できるから便利ってことで、スマホのブラウザから予約画面を呼び出してチェックイン等やってる人結構多いと思うので早く直ってくれるといいのですが…!

JMBカードでいいじゃんって思うのですが、お財布出すのが結構面倒なんですよね。

スマホはいつもポケットに入ってるので出し入れが便利!

でもまぁこういった先進的なサービスにはトラブルはつきものです(‘ω’)bグッ

Apple Payについての関連記事はこちら

Apple Payの概要について詳しくは

Apple Payの使い方・設定方法のまとめ

お持ちのSuicaカードをiphone7に登録する方法

Apple Payに登録するオススメのクレジットカード