ANAマイルとは?貯め方や使い方などの基本を解説!

ANAマイルとは

マイルとは…別名、ANAマイレージ。航空会社ANAのポイントの名前です。

今回はANAが運営するANAマイルの使い方や貯め方、カードの種類などについて紹介していきます。

AMC(ANAマイレージクラブ)

マイルは航空会社が運営するマイレージプログラムに入会することによって貯まります。

ANAのマイレージプログラムはAMC(ANAマイレージクラブ)といい、入会金・年会費は無料です。

会員カードの種類が豊富

AMCは会員証となるカードの種類が豊富。

1. 一般カード

ANAカードの中でも最もスタンダードなカードですね。

年会費は初年度無料のものが多く、2年目以降も2,000円前後と非常に低コストで作れるのがポイント。

ボーナスマイルなどの特典がつくカードもあるので、普段のカード利用が少ない方にはオススメです。

2. ANA提携クレジットカード

ANAカードに提携社サービスがついたカードで、楽天やみずほなどバリエーションも豊富。

マイルを貯めつつ提携先のサービスも受けられるお得なカードも多いですよ。

3. ANAカード

ANAが発行するクレジットカードで、一番マイルが貯めやすいカード。

マイル交換時の優待が受けられたり、クレジットカード利用でマイルが貯まりやすくなってるので、本格的にマイルを貯めたい人におすすめ。

マイルが貯まりやすいポイント
  • ボーナスマイル特典
  • フライトマイルが貯まりやすい
  • ショッピング利用でマイルが貯まりやすい

マイルの貯め方

マイルの貯め方にはいろいろと方法があります。

  • 飛行機に乗って貯める(フライトマイル)
  • クレジットカード(ANAカード)の利用で貯める
  • 提携サービスの利用でマイルを貯める
  • ポイント交換でJALのマイルを貯める

飛行機に乗ってマイルを貯める

最もスタンダードな方法で、ANAの飛行機に搭乗することで区間に応じたマイルが貯まります。

計算式は、フライトマイル+ボーナスマイルとなり、ぞれぞれ計算式はこのようになっています。

フライトマイルの計算式
  • フライトマイル=区間基本マイル×清算率

清算率は運賃ごとに決められていて、より高い運賃を支払っている人は最大150%となります。

ボーナスマイル計算式
  • ボーナスマイル=フライトマイル×プレミアムステイタス/ANAカード積算率

ステイタスが高ければ高いほど、カードのランクが高ければ高いほど清算率もあがります。

ちなみにフライトマイルはANAの提携航空会社の飛行機に乗ることでも貯めることができます。

提携航空会社の一覧は以下の通り。

アドリア航空

エジプト航空

エア インディア

ルフトハンザ ドイツ航空

アビアンカ航空

南アフリカ航空

クロアチア航空

ターキッシュ エアラインズ

LOTポーランド航空

エアカナダ

シンガポール航空

アシアナ航空

タイ国際航空

ブリュッセル航空

エーゲ航空

エチオピア航空

ニュージーランド航空

スカンジナビア航空

アビアンカ・ブラジル航空

スイス インターナショナル エア ラインズ 

ユナイテッド航空

エバー航空

中国国際航空

シンセン航空

オーストリア航空

TAPポルトガル航空

コパ航空

吉祥航空

エア ドロミティ

エティハド航空

ガルーダ・インドネシア航空

ジェットエアウェイズ

フィリピン航空

ベトナム航空

マカオ航空

ユーロウィングス

ジャーマンウィングス

オリンピック航空

ヴァージン アトランティック航空

アリタリア航空

ボーナスマイルで効率良く貯める

フライトマイルとは別に、会員ステイタスと持ってるANAカードのランクによりボーナスマイルが加算されます。

ボーナスマイルの組み合わせによる積算率は複雑なため、ANA公式HPの自動計算システムの利用がおすすめ。

ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

クレジットカードを使って貯める

ANAマイルが貯まるクレジットカードを使えば、決済の度にマイルを貯めることができます。

普段の買い物や光熱費、税金などいろいろな支払いをクレジットカードで払えば1年間で相当なマイルを貯めることができます!

使い道

マイルの使い道には、無料の航空券や座席のアップグレード特典などいろいろあります。

ですが、交換先によってマイルの価値が大きく変わる点に注意。

  • 特典航空券との交換←おすすめ!
  • ANA SKY コインとの交換

  • アップグレード特典との交換

  • ANAセレクションとの交換

  • 提携ポイントへの交換

特典航空券との交換

マイルを貯める一番の目的はこれですよね。無料で飛行機に乗れる特典航空券との交換。

マイルを最も効率的に利用したい!という方には、この特典航空券がおすすめです。

特に国際特典航空券に交換した場合1マイルあたりの価値は5円~にもなります。

ANAの新サービス!今週のトクたびマイルもお得

2019年5月より始まるANAマイレージクラブの新しいサービスで、通常の半分以下のマイル数で片道の国内特典航空券と交換できます。

JALの「どこかにマイル」と違うのは、好きな目的地を選べる点と、発表が2日前と直前になるところですね。

特徴
  • 片道3,000マイルから利用できる
  • 対象路線から好きな目的地を選べる
  • 対象路線発表が2日前と直前

通常、最低でも往復10,000マイルかかる国内特典航空券が、「今週のトクたびマイル」であれば往復6,000円で交換できてしまいます!

発表が直前になってしまうのでふらっとどこかに行きたいな、という時におすすめですね。

対象期間などは公式HPに記載されているので、是非確認してみてください!

今週のトクたびマイル|公式サイト

ANA SKY コインとの交換

マイルの期限が切れそう!という時の避難先としてもよく使われているANA SKY コイン。

ANAの航空券や旅行商品の支払いに利用できる電子マネーで、1コイン=1円として利用することができます。

アップグレード特典との交換

座席のグレードをワンランクアップさせる特典で、特典航空券の1/3程度のマイルで交換できます。

ですが安いエコノミークラス運賃だと利用できないので、使い勝手は悪いのが現状です。

ANAセレクションとの交換

ANAが選んだ様々な商品とマイルを交換することができます。

最低10,000マイルから、グルメやお酒などANAが選んだ選りすぐりの商品と交換できます。

提携ポイントとの交換

Tポイントや楽天スーパーポイントなど日常生活で利用する電子マネーに交換できます。

ただし交換は10,000マイルからで、交換レートはあまりお得ではないです。

注意点

ANAマイルを貯める上で、注意しなければならないのはマイルの有効期限。

  • マイルには3年間の有効期限がある

たとえば国内線なら最低でも10,000マイルを貯めないと国内線の特典航空券と交換はできません……。

せっかく貯めたマイルをうっかり失効してしまわないように注意が必要です。

関連記事はこちら

Pocket