マイルが貯まるとは?還元率の高い交換先を利用してうまく使おう

マイルとは?

マイル(マイレージ)とは…別名、マイレージ。航空会社のポイントの名前です。

多くの方は、JALマイルまたはANAマイルの2種類うちから1種類を選んで貯めていますよ。

JALマイレージバンク、またはANAマイレージクラブに入会することによって貯まります。入会金・年会費は無料です。本当にポイントカードみたいなものです。

JALとANAに大きな違いはありません。会社が違うのでサービス内容が少し違いますが、どちらを貯めるべきかと悩んだ時は「好きなほう」でOKです!

JAL限定でたった6,000マイルで日本のどこかの空港までの往復チケットと交換できる「どこかにマイル」というサービスがあります。行く場所はどこでもいいから旅行したい方にはおすすめです。

貯め方と使うまでの流れ

一般的なマイルの貯め方

  1. 飛行機に乗った距離に応じてマイル(ポイント)が貯まる
  2. 貯まったマイルで飛行機のチケットに交換
  3. 貯まったマイルを使って座席のアップグレード(エコノミー⇒ビジネス⇒ファースト)ができる

本来は飛行機に乗った時のポイントというイメージなので、こちらが一般的です。(航空会社が想定した使い方です)

最近の効率のいい貯め方

  1. 飛行機に乗らずクレジットカードの利用でマイルを貯める
  2. フライトチケットやホテル宿泊・座席アップグレードと交換
  3. 商品券やグルメ、各種商品etcとも交換

マイルが提携会社のサービスを利用したときにも付与されることが多くなり、飛行機を乗らなくてもマイルを貯めることができるようになりました。

その場合、クレジットカードの貯まったポイントをマイルに交換するのが一般的ですが、元々JALやANAと提携しているクレジットカードの場合は「クレジットカードのポイント+マイルが同時に貯まる」と言う破格の性能を持っていたりする場合があります。

良い意味で自由度の高いポイントシステムになっているため、マイルが貯まる(または交換できる)クレジットカードというのはそれだけでとても魅力的なんですね。

航空券や商品券、日用品と交換できる

貯まったマイルは飛行機のチケットと交換したり、ホテル宿泊がセットになったツアー、お肉やルンバなど豪華な賞品とも交換できます。

ですが、航空会社のサービス以外への交換はおすすめしません。

マイルには還元率という考え方があります。交換するものにより価値が変わってくるので注意が必要です。

還元率の一例
  • 飛行機の国内線チケットに交換する場合:1マイル=約2円
  • 飛行機の国際線チケットに交換する場合:1マイル=約3円~5円
  • 肉やルンバに交換した場合:1マイル=1円~下手すると0.5円
  • ギフト券に交換した場合:1マイル=約1円

せっかくなら貯まったマイルで価値が高いものと交換したいですよね。

というわけで、やはりおすすめなのは航空チケットとの交換です

ちなみにJALの「どこかにマイル」というサービスでは1マイルの価値が4円になる往復チケットと交換することもできます。

関連記事

マイルが貯まるおすすめのクレジットカードとは

Pocket