法人カードの名義は個人名と会社名どっちになる?

企業や経営者・事業主向けに作られた「ビジネスクレジットカード」は会社のカードなのに個人名義になっています。

会社のクレジットカードなのに何故?と思いますがこれには理由があります。

法人クレジットカードの名義は使用者の個人名になる

法人カードは企業に発行されているカードではなく、”企業に属する個人に発行されている”ので、名義が個人名になります。

もし名義が会社名だった場合…誰がいくら使ったかわからなくなってしまいますよね。

そのため、法人カードでも個人名義になっているのです。

会社名と個人名が併記されているカードもありますが、同じ会社の別々の人間が使っても良いように必ず個人名義になります。

引き落とし口座について

法人カードの名義名は個人でも、引き落としの口座は法人名義(会社の口座)になるので混同しないように注意が必要です。

  • 法人カードの名義=使った人を明確にするため個人名義
  • 法人カードの引き落とし口座=会社の経費なので法人口座

と、覚えておきましょう。

追加カードを発行した場合の名義は?

社員に追加カードを発行した場合でも、利用する社員の個人名義となります。もちろんカードを使えるのはその社員本人のみ!

同じ会社の法人カードでも使いまわしは規約違反で、必ず名義人の個人が使う必要がありますよ。

役職 利用者の名前 カード名義 口座名義
社長 山田 山田 会社
副社長 田中 田中 会社
役員 佐藤 佐藤 佐藤
社員 鈴木 鈴木 鈴木

法人カードなのに”名義は個人で引き落としは法人”と一見紛らわしいですが、基本は普通のクレジットカードと全く一緒で、お金が引き落とされるのが会社の口座という部分だけ覚えておけば問題ありません。

まとめ

  • 法人カードの名義は使用者の個人名義
  • 引き落とし口座は法人名義(会社の口座)
  • 追加カードでも利用者の個人名義となる

法人クレジットカード関連記事一覧

他の法人カードの比較特集をみてみる

Pocket