税金や法人税の支払いでポイントが貯まるクレジットカード比較

更新

税金や法人税の支払いでポイントが貯まるクレジットカード比較

所得税や法人税、相続税などをクレジットカード払いで納税できるサービスが2017/1/4からスタート!

国税クレジットお支払サイト
「国税クレジットカードお支払サイト」とは、国税庁及びトヨタファイナンス株式会社間における契約の下で運用する国税のクレジットカードによる納付を行うための専用サイトです。

つまり!クレジットカードで国税を支払えばポイントを貯められるということ!すごすぎる!

「国税クレジットお支払サイト」の利用条件

  • 税金とは別に手数料が必要。1万円ごとに税込82円の手数料がかかる。
  • クレジットカード納付ができる金額は1,000万円未満、かつ、ご利用になるクレジットカードの決済可能額以下の金額(決済手数料含む)。

税金とは別に手数料をとられます!つまり、手数料を超えるポイント還元があれば、カードで税金や法人税を納付するとお得ということですね!

たとえば、法人税の支払いが1,500万円だった場合は税金をカード払いすることはできません。1,000万と500万の2回に分けての支払うことはできません。

手数料を上回るポイントを貯めるためにはどうすればいいのか、次の項目で必死に計算してみました。

カード払いするメリット

  • ポイントが貯まる←重要
  • 支払い方法が豊富/一括払い・分割払い(3回、5回、6回、10回、12回)又はリボ払い
  • クレジットカードの利用金額に加算される※

ポイントが貯まる←重要

クレジットカード払いならポイントが貯まる

さて、税金納付に必要な手数料を超えるカードのポイント還元率は何%還元なのでしょうか。

余分にかかる決済手数料
納付税額 決済手数料(税込)
1円~10,000円 82円
10,001円~20,000円 164円
20,001円~30,000円 246円
30,001円~40,000円 328円
40,001円~50,000円 410円
※以降、10,000円を超えるごとに決済手数料82円(税込)が加算されます。

クレジットカードでの税金納付には1万円あたり税込82円が必要です。つまり、最小0.82%~最大1.64%余分に費用がかかるということです。1.64%を上回るポイント還元率のカードを使えば差し引きプラスということ!

1.64%はどこから出てきた!私、算数できない

という方向けの表はこちら。10,001円の納税で急に82円手数料が増えるので、最小0.82%~最大1.64%のうちで手数料の割合が変動します。

ただし、支払う金額が大きくなればなるほど手数料は0.82%に近づいていきます。1%還元のクレジットカードの納税では手数料のせいで現金払いの方がお得になることがあります

手数料を超えるポイント還元を受けないと損するので計算
納付税額 手数料 納付する税金+手数料の合計 手数料の割合
1円 82円 83円 8200%
10,000円 82円 10,082円 0.82%
10,001円 164円 10,165円 1.64%
20,000円 164円 20,164円 0.82%
20,001円 246円 20,247円 1.23%
30,000円 246円 30,246円 0.82%
30,001円 328円 30,329円 1.09%
40,000円 328円 40,328円 0.82%
40,001円 410円 40,411円 1.02%

2%還元のカードを探せ!またはポイントに付加価値のあるカードがオススメ!

支払い方法が豊富

いろいろ支払方法が選べますが、リボ払いの手数料より税金の延滞料金の方が低金利です。

平成27年1月1日から平成28年12月31日までの延滞料金は最初の1ヵ月は年利2.8%、2か月目以降年利9.1%でした。

リボ払いの年利は14.6%程度です。つまり、税金は延滞した方が得。

参考:東京都主税局<税目別メニュー><都税の納税等について>

クレジットカードの利用金額に加算される※

年間利用金額でポイント付与率が変わるカードがある

1年間の利用金額次第でポイントの付与が1.5倍になったり、クレジットカードの年会費が無料になったり、50%OFFになったりするカードがあります。

税金の支払いをカードですれば、このカードの利用条件も楽々クリアできそうです。

詳しくはご自身がお持ちのカードを調べたり、カード会社にお聞きください。※カードの利用条件の加算対象外のこともあるので注意が必要です。

この後で紹介するセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは利用金額に加算されます。200万円のカード利用でカード年会費が50%OFFになります。

デメリット

  1. クレジットカード納付ができる金額は1,000万円未満。
  2. 手数料がかかる。
  3. クレジットカード利用代金の引き落とし日がよくわからなくなるので管理が手間。
  4. 領収証書は発行されない。本当に支払えたのか不安になる。
  5. 国税クレジットお支払サイトで手続が完了すると、その納付手続の取消しはできない。
  6. クレジットカードで納付をしてから、納付済の納税証明書の発行が可能となるまで3週間程度かかる場合がある。

とにかく、きちんと支払えたのかどうか不安になる要素が大きいです(笑)
あと金額も大きいのでビビりそうです。

支払いに使えるカードは?

税金の支払いに利用できるカード

利用可能なクレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARDです。

支払える税金は?

特に所得税、法人税が払えるようになったのがキーポイント!

  1. 申告所得税及び復興特別所得税
  2. 消費税及び地方消費税
  3. 法人税(連結納税を含む)
  4. 地方法人税(連結納税を含む)
  5. 相続税
  6. 贈与税
  7. 源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
  8. 源泉所得税(告知分のみ)
  9. 申告所得税
  10. 復興特別法人税(連結納税を含む)
  11. 消費税
  12. 酒税
  13. たばこ税
  14. たばこ税及びたばこ特別税
  15. 石油税
  16. 石油石炭税
  17. 電源開発促進税
  18. 揮発油税及び地方道路税
  19. 揮発油税及び地方揮発油税
  20. 石油ガス税
  21. 航空機燃料税
  22. 登録免許税(告知分のみ)
  23. 自動車重量税(告知分のみ)
  24. 印紙税
  25. 加算税
  26. 延滞税

税金の支払いにおすすめのクレジットカード

税金の支払いに使うべきカードは?

【1位】カードの利用で2%還元になるLINE Payカード(個人向け)

LINE Pay カード

支払いに利用可能なら、クレジットカードの利用で唯一2%還元になるLINE Payカードがおすすめ!クレジットカードとして利用できるプリペイドカードです。年会費は無料です。

個人認証をすれば、最大1,000万円までチャージ可能。ただし、1回の最大利用金額は100万円まで。

つまり税金の支払いに利用できるのも1回につき100万円までということになりますね。

※納付に利用可能、ポイントが付与されます。公式に確認しました!この公式Twitterに質問すると簡単なことはすぐに教えてくれます。

LINE Payカードを税金の支払いに利用した場合の収支表
支払う税金(A) 手数料(B) もらえるポイント(C) プラスになった金額(D)
(A)×7.6%×消費税 (A)×2% (C)-(B)
10,000円 82円 200円相当 118円
30,000円 246円 600円相当 354円
50,000円 410円 1,000円相当 590円
100,000円 821円 2,000円相当 1,179円
500,000円 4,104円 10,000円相当 5,896円
991,866円 8,208円 19,837円相当 11,629円
※LINE Payカードは1回の決済につき最大100万円までしか利用できない。1回の税金の支払いで手数料を含めて100万円まで。

【2位】セゾンプラチナビジネス・アメリカン・エキスプレスカード(個人&法人向け)

セゾンプラチナアメリカンエキスプレスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カード

※このプラチナビジネスは古い券面です…。現在は新しいデザインになっており左下のような感じです。

年間200万円利用すると年会費が50%OFFの10,000円になる珍しいビジネスプラチナカード。カードの年会費はもちろん経費に含めることができます。

税金のカード払いは年間200万円の利用枠に含まれるため、税金をカード払いすれば簡単に年会費を50%OFFの1万円にすることができます。※カードデスクに確認済。

このカードは会社の社長でなくても個人でも利用できます。実はビジネスと名のついた普通のクレジットカードです。もちろん法人用のカードとしても利用可能。

そして、このカードの最大メリットはセゾンマイルクラブ(無料)に加入すると1,000円の利用につき合計11.25マイルが貯まるところ!

国内の特典航空券に交換するなら、1マイルは2円=2%還元、最近始まったお得などこでもマイルを利用するなら1マイル4円=4%還元扱いということに!

つまり、このカードを使ってマイルで飛行機にのるなら2.25%還元ということ!すごい!

カードについて公式サイトで調べる→(公式)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

JALのどこでもマイル

さらに利用枠もデスクに相談すると利用状況次第で最大800万円~1,200万円ほどにできます。納税での支払いにも十分です。

利用限度額

年会費は年200万円利用時で10,000円かかりますが、カードのサービスはプラチナ級、コンシェルジュデスクも親切で24時間対応です。

たとえば、200万円税金を支払うと22,500マイルが得られます。22,500マイルは国内航空券45,000円相当なので、年会費10,000円は簡単に回収できます。

税金・法人税の支払いだけでなく、個人的な利用にもオススメです。

※セゾンプラチナビジネスは、税金の支払いに利用でき、マイルが付与されます。カードデスクに確認済。

セゾンプラチナ・ビジネスは請求がカードを利用した月から2ヵ月後の4日と最大60日間支払いを先延ばしにできることで有名。何らかの事情で手元のキャッシュがない場合でも、資金の準備に余裕ができます。

カードについて公式サイトで調べる→(公式)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

セゾンプラチナ・ビジネスを税金の支払いに利用した場合の収支表
支払う税金(A) 手数料(B) もらえるポイント(C) プラスになった金額(D)
(A)×7.6%×消費税 (A)×2.25% (C)-(B)
10,000円 82円 225円相当 143円
30,000円 246円 675円相当 429円
50,000円 410円 1,125円相当 715円
100,000円 821円 2,250円相当 1,429円
500,000円 4,104円 11,250円相当 7,146円
5,000,000円 41,040円 112,500円相当 71,460円
9,900,000円 81,259円 222,750円相当 141,491円
※JALマイルに交換し、国内航空券と交換した場合。交換しない場合の価値は約半分。1回あたりの税金のカード払いは最大手数料込で1,000万円まで。

貯まったマイルはJALの公式サイトで確認できます。※JALマイルを貯めるならJALカードの方がよいかと思ってしまいますが、オプションつけてマイル加算を2倍にしてもJALカードよりセゾンプラチナの方がマイルが貯まります。

セゾンマイルクラブで貯まるJALマイル

セゾンプラチナは、マイルと同時にセゾンカードの有効期限なしのポイントも貯まります。セゾンカードのポイントは明細やセゾンカードの公式サイトで確認できます。

永久不滅ポイントはネットアンサーで確認できる

【3位】アメリカンエキスプレスカード(法人向け)

アメリカンエキスプレス・ビジネス・カード

アメリカンエキスプレスゴールドカード

デポジット(前入金)することが可能なアメリカンエキスプレスカード。デポジットに上限金額はありません。税金などの支払いのために1,000万円デポジットすることもできます。

法人税などの金額が大きくなりがちな税金を支払うために企業、個人事業主用としてオススメ!

実際にデポジットすると明細にマイナスの数字として表示され、その金額から消化されていきます。ただし、デポジットした金額を1ヵ月以内に利用しないと引き落とし先に設定している銀行口座に強制的に返金されます。経理的にややこしいことになって困ります。デポジットする金額は1ヵ月以内に使い切る金額にする必要があります。

アメックスのデポジット

税金をカード払いするともちろんポイントが貯まります。しかしながら通常のレートとは異なり200円で1ポイントとなります。AMEXのポイントは1ポイント=1ANAマイルとして交換できるので、国内航空券と交換すると1%還元ということになります。税金の支払い手数料が0.82%のため1%還元では微妙ですね。

しかし、アメリカンエキスプレスのポイントは会員限定スペシャルイベントの参加費としても利用可能。ポイントはお金で買えないので、このイベントのためにポイントを貯めるのはオススメできます。

また、従業員がいる場合は福利厚生として利用すると一石二鳥です。カード会員ならではの特別な体験は思い出にもなります。

ポイントで参加できるカード会員限定イベント

アメリカンエキスプレスを税金の支払いに利用した場合の収支表
支払う税金(A) 手数料(B) もらえるポイント(C) プラスになった金額(D)
(A)×7.6%×消費税 (A)×1% (C)-(B)
10,000円 82円 100円相当 18円
30,000円 246円 300円相当 54円
50,000円 410円 500円相当 90円
100,000円 821円 1,000円相当 179円
500,000円 4,104円 5,000円相当 896円
5,000,000円 41,040円 50,000円相当 8,960円
9,900,000円 81,259円 99,000円相当 17,741円
※ANAマイルに交換し、国内航空券と交換した場合。交換しない場合の価値は約半分。別途メンバーシップリワードプラス3,000円(税抜)へ加入が必要。

多機能なのですが、年会費が3,3480円(税込)と高め。年会費の高さがデメリットです。サービスを試したい方は既存会員からの招待での入会がお得です。

紹介なら年会費無料に加えて20,000ポイント

紹介なら年会費無料に加えて40,000ポイント

通常の入会特典は「初年度年会費無料」だけなのですが、既にカード会員の方からの紹介を受けると「初年度年会費無料」に加えて10,000~40,000ポイントがもらえます。

カード券種 通常の入会 会員からの紹介の場合
アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールド 初年度年会費無料
最大30,000ポイント
初年度年会費無料、
最大40,000ポイント
アメリカンエキスプレス・ゴールド 初年度年会費無料 初年度年会費無料、
最大20,000ポイント
アメリカンエキスプレス・グリーン 初年度年会費無料 初年度年会費無料、
最大10,000ポイント

知り合いにカード会員がいる場合は紹介してもらえないか相談してみてください!紹介を受ければカードの使い方もその知り合いに聞けてなにかと安心です。

紹介してもらう場合は会員に紹介用サイトのURLを伝えて、で紹介用の申込みページのURLを送信してもらってください。→http://amexmgm.jp

カードについて公式サイトで調べる→アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールド

国税の支払いでお得になる金額の比較まとめ

1回あたりの
支払う税金
LINE Payカード
年会費無料
セゾンプラチナ・ビジネス
年会費通常21,600円
年間200万利用10,800円
アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールド 年会費33,480円
10,000円 118円 143円相当 18円相当
30,000円 354円 429円相当 54円相当
50,000円 590円 715円相当 90円相当
100,000円 1,179円 1,429円相当 179円相当
500,000円 5,896円 7,146円相当 896円相当
991,866円 11,629円 14,090円相当 1,710円相当
5,000,000円 支払いできない 71,460円相当 8,960円相当
9,900,000円 支払いできない 141,491円相当 17,741円相当
※セゾンプラチナはJALマイルを国内特典航空券と交換する場合。アメリカンエキスプレスは別途メンバーシップリワードプラス3,000円(税抜)へ加入し、ANAマイルを国内特典航空券と交換する場合。

この表を見るとセゾンプラチナビジネスの超越した性能に驚きますね。カードをよく使うなら方なら年会費も余裕で返ってくるのがセゾンアメックスなのです。

カードについて公式サイトで調べる→(公式)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

当サイトの中の人もセゾンプラチナを利用しており、遠方に行くときはJALマイルを使って飛行機で行くことで経費を節約しています。

ざっと見るとセゾンプラチナとLINE Payカードは同じような還元率に見えますが、セゾンプラチナにはプラチナカードの機能(※)がついています。LINE Payには何もありません。

※プラチナカードのサービスとは…24時間電話対応のコンシェルジュデスク、旅行傷害保険、空港ラウンジ無料、海外の400以上の都市の空港ラウンジが無料など、セゾンカードのあらゆる特典が投入されています。

カード払いなら、少しお得!

ポイントはギフト券と交換できる

ポイントの使い道がない…と困ったら、いくらか還元率が下がりますがギフトカードへの交換もおすすめ!

カード払いなら税金が少しだけ軽減されますね!

関連記事

年金の2年払いもクレジットカード払いできるようになりました!

  • 
AMEXの「醍醐寺 桜の夜間特別拝観イベント」参加レポート
  • サンシャイン水族館の割引と楽しみ方を紹介!
  • セゾンアメックスカードの休暇村10%割引を利用してみた
  • Apple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカード比較
  • LINE Payカードは常に2%還元
  • アメリカンエキスプレスと巡る秋の京都旅!旅行時のカードの活用方法を紹介します
  • アメリカンエキスプレスカード会員限定イベント「さかいゆう」プレミアムライブに参加してきました!

フォローして共有する

  • facebook
  • hatena
  • RSS

マンガでわかるクレジットカード

タイプ別のカードの選び方

利用者別のカードの選び方

利用者別のカードの選び方

  • VISA世界最大のシェアを誇り、発行枚数第1位の国際ブランド
  • マスターカード発行枚数第2位の国際ブランドで、VISAよりもヨーロッパ方面に強い
  • JCB国内の加盟店数において最大シェアを誇る、日本唯一の国際ブランド
  • アメリカン・エキスプレス日本で初めてゴールドカードを発行し、顧客満足の高いサービスを提供する国際ブランド

記事ランキング

TOP