セゾンプラチナビジネスで法人税を支払った時の手順を紹介。還元率と注意点も解説

セゾンプラチナビジネスは、法人税の支払いでも最大1.25%のポイント還元率が下がらない珍しいカードです。

高額な税金の支払いで大量のポイントが貯まるので法人経営者の方は要チェックです!

私の場合
  • 5,921,100円の法人税を支払って74,633相当の還元を受けられました

このページでは、セゾンプラチナビジネスでポイント還元を受けて法人税を支払う手順を解説します。

法人税を支払うならセゾンプラチナビジネスがおすすめ

  • 国税をクレジットカードで支払う最大のメリットはポイント還元
  • ただし、クレジットカードで支払うには0.836%の決済手数料がかかる

※正確には10,000円を超えるごとに決済手数料が加算される複雑な仕組みになっています。

余分にかかる決済手数料
納付税額 決済手数料(税込)
1円~10,000円 83円
10,001円~20,000円 167円
20,001円~30,000円 250円
30,001円~40,000円 334円
40,001円~50,000円 418円
※以降、10,000円を超えるごとに決済手数料83円(税込)が加算されます。
なので…
  • クレジットカード払いをするなら0.836%以上のポイント還元率がないとマイナスになるので損

セゾンマイルクラブ(無料)に登録したセゾンプラチナビジネスなら、最大1.25%のポイント還元率で決済手数料を上回ってプラスになります!

セゾンマイルクラブ(無料)に加入した状態で税金を支払った場合の収支表

セゾンプラチナビジネスを税金の支払いに利用した場合の収支表
支払う税金(A) 手数料(B) もらえるポイント(C) プラスになった金額(D)
  (A)×0.836% (A)×1.25% (C)-(B)
10,000円 83円 126円相当 +43円相当
30,000円 250円 378円相当 +128円相当
50,000円 418円 630円相当 +212円相当
100,000円 836円 1,260円相当 +424円相当
500,000円 4,180円 6,302円相当 +2,122円相当
4,000,000円 33,440円 50,418円相当 +16,978円相当
5,000,000円 41,800円 63,023円相当 +21,223円相当
9,900,000円 82,764円 124,785円相当 +42,021円相当
※セゾンプラチナビジネスの1.25%還元はセゾンマイルクラブ(無料)に加入した場合

例えば、今回支払った法人税の金額は5,921,100円なので、決済手数料は49,574円(税込)でした。

ですが、セゾンプラチナビジネスなら74,633円相当のポイントがもらえるので、差し引き25,059円もお得になります!

税金の支払いでポイント還元率が下がるカードと比べてみると…

  税金の支払いで還元率が下がらないカード 税金の支払いで還元率が半分に下がるカード 
カード名 セゾンプラチナビジネス アメックスビジネスゴールド
カード券面
支払った法人税 5,921,100円+決済手数料49,574円
貯まるポイント 74,633円相当
(1.25%還元)
9,911円相当
(0.166%還元)
貯まるポイントの差 64,722円相当

最終的なお得度が全く違います!

  • この法人税の支払いが10年続けば60万円以上の差になります
  • 他のカードを使っている方はセゾンプラチナビジネスに切り替えるだけでお得になるんですね

法人税を納付する手順

事前に準備するもの

整理番号は、通知書の右上に書いてあります。

では早速やっていきましょう!

手順1:国税クレジットカードお支払サイトにいく

まず、国税クレジットカードお支払サイト(公式)のページを開きます。

納付までの流れや、注意事項などが記載されてるので確認します。

確認を終えたら、「上記の注意事項を確認しました」という項目にチェックを入れます。

ページ下部にある「同意」ボタンが押せるようになります。

押して次のページに進んでください。

手順2:納付情報を入力する

まずは納税者の情報を入力してください。

入力する項目
  • 氏名(漢字・カナ)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 整理番号※
  • 納付先税務署

整理番号は、通知書の右上に書いてあります。

ですが、分からない場合は入力しなくても大丈夫です◎

納付内容の欄で、納付する税金の種類が選べるのでここでは法人税を選びます。

入力する項目
  • 課税期間
  • 申告区分
  • 本税
  • 加算税
  • 重加算税
  • 延滞税
  • 合計額

入力したら、ページ下部の「次へ」を押して進みます。

手順3:持ってるセゾンプラチナビジネスのカード情報を入力する

入力する項目
  • カード番号
  • 有効期限
  • 支払方法
  • セキュリティコード
  • 納付手続完了メール
通販サイトでクレジットカード払いする時と同じ要領ですね。

納付手続きが完了したメールが欲しい方はメールアドレスを入力してください。

全て入力したらページ下部の「次へ」を押します。

手順4:入力した内容を確認する

最後に入力した内容が間違っていないか確認して、問題なければ「納付」ボタンを押してください。

これで納付手続きは完了ですよ!

設定したメールアドレス宛に納付手続き完了のお知らせが届きます。

このメールは捨てずに大切に保管しておいてくださいね◎

印刷しておくと安心です。

国税をクレジットカードで払う時の注意点

領収書が発行されない

支払い内容はクレジットカードの利用明細書で確認することになります。

なので個別の領収書は発行されません。

ですが納税証明書は発行できるので、必要な方は税務署か市区町村役場で発行してください(有料)。

クレジットカード納付だと、納税証明書が発行できるまで数日必要になることがあるのでその点も注意。

支払い月の利用限度額が圧迫される 

高額になりがちな税金をクレジットカードで支払うと1ヵ月の利用限度額を圧迫することになります。

光熱費などを継続引き落としを設定してる場合は注意!

利用限度額を増額することもできるので、希望する方はこちらの記事を参考にしてください。

いくらまで増額できるかは人によりますが、税金の支払いや冠婚葬祭などの理由であれば2倍までは簡単にあげられますよ!

それ以上の増額は審査のため時間がかかります。

法人税の支払いにはセゾンプラチナビジネス

セゾンプラチナビジネスなら、他社のカードではポイントが貯まらないことが多い税金の支払いでも通常通りポイントが貯まります。

今回、私は法人税と合わせて地方法人税、消費税もセゾンプラチナビジネスで支払ってきました。

合計の支払い額は12,463,711円!

決済手数料は103,411円かかりましたが、155,796円相当のポイントが貯まったので差し引き52,385円もお得になりました!

もし現金で払ってたら0円です。

どうせ払わないといけないなら、少しでもお得な方がいいですよね!

ポイント還元率だけでなく、他にもセゾンプラチナビジネスにはこんなメリットがあります!

  • 年間200万円のカード利用で年会費22,000円(税込)が半額になる
  • 24時間365日対応のコンシェルジュデスクが使える
  • ホテルの宿泊費が割引、部屋に空きがあれば部屋のグレードアップ
  • 世界140ヵ所の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パス(4万円相当)が無料
  • 最高1億円の旅行傷害保険が付帯する
  • 個人審査なので登記簿謄本・決算書を提出しなくても申込ができる
  • 一般の個人用として誰でも作れる

税金支払い用としてだけでなく、普段使い用のメインカードとしても非常に優秀なんです!

今なら期間限定で初年度年会費無料の特大キャンペーンを開催中!申し込みするなら今が圧倒的にお得です!

他の税金の支払い方法が知りたい方はこちら

関連記事一覧

TOP